アマスポホームページ http://www.amsp.1583.com

アマスポは大阪堺市の町のスポーツのベンチャー的活動です。スポーツ経験のない人や楽しみでスポーツしたい人も参加できます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ナメクジ、雨の降る夜は…(2010.05.24月/記)

2010年05月23日 07時05分03秒 | Weblog
卓球の試合がおわって汗を拭いている女性のそばをとおったら「大きなお屋敷に住んではるんですねえ」と話しかけられて「…?」「びわの木や柿の木があるんでしょ?」。このブログにカキだのグミだのと書くものだから錯覚されるのも無理はありません。わが家のそれはせいぜい軽自動車3台程度の庭?で、そこをコンクリートにせずクルマは1台だけにして土の庭にしているのが贅沢といえば贅沢。その庭を掃除をしないで草も木の葉もそのままにしているだけ。だから朽ちた葉っぱの山をめくればミミズ、ナメクジ、ハサミムシ、ダンゴムシ、ブンブンの幼虫などがうじゃうじゃ、喜んでるのはマゴの坊主たちだけでご近所迷惑もいいところなのです。
さてそのナメクジですが、雨の降る夜は特に見ごたえがあります。びわの木は樹形がジョウゴのようになっているので降った雨が枝を伝い幹に下って渓流のように流れ落ちてきます。その流れをナメクジがいっせいに登り始めるのです。さながらアユの逆のぼりです。目もくらむような高さ(ナメクジにとってはですが)にまで登っていきます。よほどうまいえさになるものがあるのでしょうか。なかなかチームワークがよさそうなのでどれがリーダーかと見つめているのですがいまだに良くわかりません。ふしぎなのはこの流れをさかのぼる連中は溺れ死なない(多分?)のに雨のアスファルトに迷い出たのは沢山おぼれて(多分?)死んでいます。わずかにたまった雨水が道路が平なので身体にまとわりついてしまって呼吸ができなくなるようです。カタツムリのように頭をもたげられないようです。かれらも背筋力トレーニングが必要なのかもしれません。
さてわれらアタマがよくて適応力ダントツの人間様は、生活だけではなくてゲームやスポーツといろいろな遊びを作って毎日を楽しむすべを見につけていますが、それもチームワークとかリーダーシップとか、面倒なことになるとそこにはそれぞれ上手下手があって、せっかくの楽しみであったはずがトラブル続きのすえにチームは空中分解、などといったケースも少なくありません。きのうは一日美原体育館でアマスポ・バレーボールの大会でしたが思わぬ成果に歓声をあげたチームもあれば、作戦が甘くて大失敗チーム、今日もまたおんなじ結果…とさえない顔のメンバーもあって課題はさまざまです。チームはメンバーの意思統一がなければただの「烏合の衆」ということが分かるまでなかなか時間のかかることで、そのトラブルも楽しみのうちの一つ、などと達観すべきなのかもしれません。
それにしてもナメクジたちは誰に教えてもらってびわの木を登っていくのか、きっとリーダーがいてるはずなのに自信過剰の人間様が気づかないだけ?

アマスポバドミントン、わしら仲間に入れては…(2010.05.19水/記)

2010年05月19日 09時02分35秒 | Weblog
昨日は臨海スポーツセンターで253回目のアマスポ・バドミントン大会。といっても「ママさん大会」として誕生した大会ですから今でも参加は女性限定ですが。その「女性限定」ということが個人的には最近富に悩ましいのです。この日も監督?コーチ?ただのおじさん?という形で男性がひとり来てました。「わたしらが出られる大会はなかなかないですなあ…」とさびしそう。ひと月前にも別の体育館であった男性も「わたしらを仲間に入れてくれまヘン」。しかしこの男性は「オンナのひとはいじわるいですからな」のひと言があったので、なるほどこれでは仲間に入れてもらえなくても仕方ないな、と合点がいったのですが…。
この日の大会中にも男性参加についていろいろ女性に取材して回ったのですが「上手な人?そんな人なら楽しみやなあ」「学生や実業団レベルならお断りやね」「わたしらが面倒見るのはいやよ!オトコの人は身勝手な人が多いねんから…」。アマスポ卓球の男性参加の場合と同じでここでも「楽しい人ならいいよ」ということでしょう。極め付きは「要するにオッチャン(わたしのことです)は男の人にも参加させてあげたいのやろ?いいよ、反対はしないから。でもわたしらも参加するかどうかはわからへんよ」。まあつまり、オッチャンの好きなようにしてみたら?その代わり楽しいバドミントンにしてな、ということでお手並み拝見、とゲタを預けられました。
さてここからがこちらが多いに悩み苦しむ番です。体育館が予約できたとしてもそれから何回か何年か、あるいはずっとか赤字が続くことだけは間違いがないわけで周りの内・外の人たちから冷ややかな視線にさらされることになります。
だからどうする?やめる?途中でやめるぐらいなら今あきらめたほうがいいよ、云々。体育館が「もう空いてる日なんかオマヘン」といってくれたらいちばんいいのになあ…。

アマスポ卓球、それを言っちゃあ…(2010.05.14金/記)

2010年05月14日 10時01分15秒 | Weblog
きのうはアマスポ卓球岸和田大会だったのですが、家原大会との連続だったので「多分少ないはず、50人ぐらいでは…」との予想は外れて77人、ペアが26組と多かったのです。会場の岸和田総合体育館はこの日利用者がほとんどなく薄暗い感じのフロアでゲームしましたが、ゲームだけでなく準備や片付けなどにもみんなよく活躍してみんな楽しい雰囲気で一日を過ごせたのではないでしょうか。
それでも大会の一日の中にはいろんなできごとがあり、ほんの小さな一言があったかいムードをつくったり、かと思えばちょっとした一言で雰囲気ががらりと険悪になったり、言葉のむずかしさもあちらこちらで見聞きました。不思議なことに卓球のまだ未熟な人たちのそれはウィットに富んだのが多いのに対して、できる人たちの言葉の中にはトゲのあるものもあってその違いが面白いことです。アマスポ卓球は平均年令が65歳を超えるサークルなのでその新陳代謝も確実に進んでいるのですが、「定年」が迫りつつある人たちの自分の対処の仕方にも工夫がありなかなか興味のあるところです。いただけないのは寅さんのセリフじゃないですが「それを言っちゃおしまいよ…」の一言。相手のがんばりをめでたいところなのに…、自分の至らなさを口にすべきところを…、ついつい出た不要な一言が、せっかくの興奮を白らけた雰囲気にしてしまったりするのですから惜しいことです。
われわれの中だけでなく体育館のトイレなどの張り紙のご注意もナンセンスなのが多いですね。汚すな、壊すな、マナーを守れ…。張り紙だけではなくて、職員がしてくれるいろいろなご注意もそれを守ればなぜかスポーツ活動をやりにくくなることが多いのも不思議なことです。
しかし政治の中のお話しに「国民は自分にふさわしい政治家を持つ」というのがあるそうで、鼻つまみもんの仲間がいるのも、野暮ったい貼り紙だらけのトイレやそれを書く職員がいるのも、われわれ自身がその程度のレベルなのですよ、という教訓だとしてみれば少しはタメになるのでしょうね。

アマスポ卓球、申込しないで参加…(2010.05.04火/記)

2010年05月04日 07時08分48秒 | Weblog
きのうはもう恒例となったアマスポ卓球のオープン大会。ビジターでも参加できるから「オープン」なのですが、いまこのオープン大会で「参加申込を受けないで大会運営ができないか」を試みています。当日ふたを開けてみるまで何人が参加されるのかわからないという状態で一日がスタートするわけです。参加が多かったら(少なかったら)どうするの!、卓球台は何台用意するの?、何を用意しておいたらいいの?。心配事を数え上げたらキリがありませんが、かといって電話を受けたり印刷物を作ったりする用意や準備もいくらやっても際限がありません。こんな手間ヒマかかるようなことをしていたら当日卓球する人はいいにしても、数日前から終わって数日間もお世話してくれる人など現れないでしょう。それでもヒトにやってもらうとすれば卓球大会で儲かるようにしなければおカネが払えません。
そこで大会日程だけ知らせておいて当日都合にあわせてふらりと参加する自由さ、受けるほうも「やあ、こんにちは。どのグループでゲームするかなあ…」といった雰囲気で運営できないかを試みているわけです。「毎回ころころやり方が変わるねえ…」とあきれ顔もありますが、プレーの合間合間に大会の進行状態のチェックをしてくれる人も多くなり、この運営方式に希望の芽もあります。スポーツはその種目に長じた人でないとコーチや運営はできないと思われがちですが、知らないからこそ違った角度で見ることができる、という面もあると思います。将来的にはまったくの卓球シロウトの方に「これとこれだけ用意して下さい。後はみんなでやりますから…」としてみたいのです。体育館の予約が一番の難題ですが経験してもらいつつあります。

4人バレーの練習効果が…(2010.05.01土/記)

2010年05月01日 10時10分12秒 | Weblog
昨夜のアマスポファミリー・4人バレーは金曜日だったので「あしたはこどもの学校が休み!」ということでアマスポレディースの若いお母さんらの参加もあって4チームでリーグ戦をしました。とはいってもゲームをしているのに声が小さく、これでは盛り上がらないなあ、やはりこの人たちには効果がないか…と最初は悲観的になっていましたが、時間とともに動きが良くなってきてなかなかスピーディーなプレーが見られました。お母さんに連れられてきた小学生や中学生の娘さんも「おもしろかった」といってくれたのでこれからが楽しみ。狭いコートでのプレーなので「パス・トス・アタック」「レシーブ・トス・アタック」「ブロックフォロー・トス・アタック」という連続プレーのシーンが何回も現れのでかなりいい練習ができそうです。もちろんこの狭いコートでの連係プレーを正規の9メートルコートに展開させるには工夫がいるとは思いますが、バレーが面白くさえなればこの人たちが自分たちで答えを見つけていくような気がします。
帰り道でリーダーのヨシエさんから面白い話を聞きました。いつもは教えているレディースのお母さんに「今日は知らない人たちとのバレーでやりにくかったけど、ヨシエさんのアタックだけはコースがわかっているのでやりやすかった」といわれたとかで、ヨシエさんは「ショック、ショック!」。聞いているこちらは「オオ!、アタックコースまで意識しだしたか、それでヨシエさんにも奮起の火がついた…」。ドングリの中に天津クリが混じりだした瞬間です。これからは「ドングリの背比べ」もおもしろくなります。今日のメンバーはこの16日(日)のV4(ブイフォー)バレー大会でたっぷりゲームをします。楽しみです。