ALGOの塾長日記~愚公移山~

-学習塾方丈記-

学習指導の由なしごとを
    徒然に綴ります。


広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

学習のかたち③

2016年07月06日 | 中学受験 合格力随想

これからの子供たちの教育を考える場合、未来の仕事がどういうものになるかを考えておく必要があります。人生のかなりの部分は、仕事によって占められているからです。

これからは、会社に勤めて給料をもらうという時代から、自分が仕事を作り出すという時代になっていきます。今の大人のほとんどは、会社勤めをしていますから、実感としてわかりにくいと思いますが、世の中はそういう方向に進まざるを得なくなっているのです。会社というものは、常にコスト削減の波にさらされています。仕事をする人にとっての給料は、企業にとっての人件費です。企業は、利益を出すために、機械化、外注化、省力化を進め、人件費を少しでも減らそうとする傾向を持っています。

今行われている仕事が、機械で代替されるようになると、仕事そのものが人間を必要としなくなります。それは、労働の苦痛から人間を解放するという点で社会の進歩ですが、その仕事で給料をもらっている人にとっては生活の手段がなくなることを意味します。
新しい仕事は、機械化が遅れている分野で探さなければなりません。そういう仕事は、魅力的なものとは言えません。

これに対して、自分が仕事を作っているのであれば、仕事を機械化した分だけ、その人は新しいより創造的な仕事に自分の時間をふりむけることができるようになります。その努力は、自分を成長させるための努力でもあるので、新しい仕事に取り組むことは楽しいチャレンジになるでしょう。長い目で見れば、どこかに勤める仕事は、次第に面白くない仕事になり、自分で作る仕事は、次第に面白いものになるという傾向があるのです。

では、自分で仕事を作るには、どのような能力が必要になるのでしょうか。第一は、自分の得意技を複数持ち、その得意技を組み合わせることによって、その分野で第一人者になることです。第二は、その分野で時間をかけることによって、他の人が真似のできないようなレベルにまで持っていくことです。第三は、幅広い人間力をつけていくことです。

この人間力は、人望と言ってもいいでしょう。自分より上の人からはかわいがられ、同僚からは信頼され、下の者からは慕われるというのがその人の人望です。人間関係の力は、学習だけでなく、実際の交流によって作られます。人間どうしの交流の多くは、遊びを通して得られることも多いので、友達と楽しく遊ぶということは、学習と同じように大切なことになります。

また、ただ仲よく遊ぶだけでなく、自分の個性や創造性を育てていくことも大事です。そのためには、交流と同じぐらい孤独の時間も必要になってきます。これまでの子育ては、学習面での成績のよさや、志望校への合格に還元される面がありました。これからは、そうではなく、個性、創造性、人間性を育てることが大事になってきます。子供たちを見るときに、この子が将来どういう仕事をしていくかということを思い浮かべながら子育てや教育をしていくことが、これから大切になっていくのです。

学力として必要となるものは、知識の量ではなく、考える力です。あらかじめ用意されている答えを知識としてたくさん知っているというのが、これまでの学力でしたが、今の大人の多くは、自分自身がそういう学習をしてきたせいで、いまだに知識の量を増やすことを学習だと考えがちです。そのため、子供たちに対しても、知識の有無を問うような対応をしがちです。

「これ、知っている?」「えー、こんなのも知らないの」「お父さん(お母さん)は、もっとこんなことも知っているよ」というようなやりとりです。しかし、そういう知識の量を増やすだけの学力は、もう時代遅れ学力です。これから必要になる学力は、思考力です。思考力とは、正しい答えを探す力というよりも、答えのない世界を楽しむ力です。子供たちの思考力を伸ばすためには、保護者の方自身が考える楽しさを示すことが大事です。それは、ちょうど、お子さまを読書好きにするため、保護者の方が楽しく本を読んでいる姿を見せることと同じです。

だから、お子さまとの対話も、「これ知ってる?」「えー、知らないの」というようなやりとりではなく、保護者の方が自分で体験したこと、発明したこと、発見したことを、楽しそうにお子様に話すことが重要になります。発明、発見というと無理だと思う方もいるかもしれませんが、体験というのも、発明や発見と同じ思考力の表れです。「こう思ったから、こうしてみた」という行動は、答えのない世界を楽しんでいるからできるのです。

お子様との対話を楽しく進めるには、知識のやりとりをするのではなく、こういう思考力のやりとりをすることが必要になります。対話は、互いに自分の体験談で似た話をするから面白くなります。知識だけの話は次第に狭く収斂していきますが、体験談の似た話を次々に拡張していきます。この対話を楽しむことが、お子様の思考力を育てていくのです。そして、これこそが未来へつながる学力をつくる学習の一つのかたちなのです。

ジャンル:
受験
この記事についてブログを書く
« 学習のかたち② | トップ | 夏の読書感想文講座 »
最近の画像もっと見る

中学受験 合格力随想」カテゴリの最新記事