ALGOの塾長日記~愚公移山~

-学習塾方丈記-

学習指導の由なしごとを
    徒然に綴ります。


広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

学習のかたち②

2016年06月24日 | 中学受験 合格力随想
家庭学習にもコツがあります。第一は、毎日少しずつ同じことをやっていくということです。短い時間であっても、毎日やる方が続けやすいからです。回数を少なくして長時間やるよりも、短い時間でいいから毎日やる方がいいのです。毎日やるような形の学習だと、保護者の方がやり方を指示しなくても、お子さんが自分で自主的にできるようになります。そして、雨の日も、風の日も、土曜も日曜も祝日も、いつも同じようにやっていくと、 . . . 本文を読む

学習のかたち①

2016年06月17日 | 学童保育
先生1人に生徒多数で、先生はのんびり自分の好きな本を読んでいるような状態の中、子供がのびのびと自学自習を進めていく教育が、寺子屋の姿でした。その教育の過程で、生徒と先生が生涯のつながりを持つような関係が成立していったのです。寺子屋では、今でいえば朝7時から午後2時ごろまで毎日6~7時間、小1から小6相当の子供たちが無学年制で、教室によっては50人から100人、1人または少数の先生のもとで学習してい . . . 本文を読む

自然治癒力

2016年06月03日 | 中学受験 合格力随想
よく世間では仕事のうまい人は皆同じように上手だが、仕事の下手な人はそれぞれに下手だ、というような言い方をします。 これは健康と病気の関係にも当てはまります。健康な人は皆同じように健康ですが、病気の人はそれぞれに病気です。 ところで、現代の医学や科学や教育は、欠点に対して対処療法をして直すという発想しがちになります。ところが、そのような方法では、目の前の症状は多少改善されても、本質に切り込んでいない . . . 本文を読む