ALGOの塾長日記~愚公移山~

-学習塾方丈記-

学習指導の由なしごとを
    徒然に綴ります。


広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「むかしむかし、あるところに…」

2009年02月27日 | 中学受験 行雲流水録
近頃、驚いたことに「昔話」を知らない子供たちがけっこう多いようです。小さい頃から読む本が多彩に用意されている環境のせいでしょう。読書好きでたくさんの物語・小説を読みこなしている子でも、「桃太郎」は知っているが「わらしべ長者」になるとちょっとわからないというのです。 昔話とはもともと「語り継がれる」性質のものですから、語られた経験がないということがいちばんの原因でしょう。私の昔話の思い出といえば、 . . . 本文を読む

絶滅危惧種

2009年02月19日 | 中学受験 行雲流水録
上野動物園のジャイアントパンダのリンリンが死んでだいぶ経ちます。パンダといえば「絶滅危惧種」。最近よく耳にする言葉。具体的にはどういうことなのでしょう。調べてみました。「絶滅危惧種」、文字通り「絶滅の恐れのある野生動物」ということです。 この動物たちを調査しているIUCN(国際自然保護連合)という団体が、その調査結果を「レッドリスト」にまとめているのですが、このレッドリストにはなんと5000種以 . . . 本文を読む

アンチョビとなる時間

2009年02月09日 | 中学受験 行雲流水録
先週初めは節分で、吉田神社にもイワシ売りの出店が出ていました。節分といえばヒイラギの葉とイワシが風物詩。故事来歴があるのですが、それぞれに一人歩きしています。そう言えば以前、新聞の投書欄に「カタクチイワシが店に並ばない。どうしたものか。」という内容が載りました。イワシ漁は大漁期と不漁期が20年くらいの周期でやってくるそうで、今は不漁期とのこと。店には並ばないし、並んでも高級魚といわれるくらいの高値 . . . 本文を読む

「書を読むのみに非ざるなり」

2009年02月04日 | 中学受験 行雲流水録
「書を読むのみに非ざるなり」 この言葉は、幕末多くの志士を輩出した松下村塾で吉田松陰が言った言葉です。『気概を持ち節操を固くし、正しきことを行うこと、そしてそのような人物になることを目指しているのであり、いたずらに書物を読んでいるだけではない』、という意味です。 吉田松陰という人は小さな頃から厳しく育てられ、スケールの大きな思想を持つに至った人です。また、さらにその自己の資質を他者に伝えることの . . . 本文を読む