ALGOの塾長日記~愚公移山~

-学習塾方丈記-

学習指導の由なしごとを
    徒然に綴ります。


広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

関西・中学入試・トピックス

2007年04月24日 | 中学受験 合格力随想
桜の花も散りましたが、中学入試関係者を標榜する限りにおいては遅ればせながら今年の中学入試を総括してみたいと思います。個別案件はまたいずれ(いつだよ)…m(_ _)m 近畿統一開始日2年目… 2年前の2005年までは、奈良県・和歌山県が京都府、大阪府、兵庫県より先に入試を行なうという日程が続いていた。奈良県、和歌山県には京阪神から試し受験の.受験生が多数集まり大規模な入試が行なわれていた。ところが . . . 本文を読む

「三年峠」

2007年04月18日 | 中学受験 行雲流水録
「三年峠」というお話を見つけました。(教科書にも取り上げられているということですから、みなさんの中にもすでに知っているという人がいるかもしれません。)お隣の国、韓国の童話なのだそうです。内容は次のとおり。 「三年峠」と呼ばれる有名な峠。ここで転ぶと三年しか生きられないといわれており、村のみんなが恐れていました。いつものようにこの峠を歩いていたおじいさん。気をつけていたはずなのに、ある日、足を滑ら . . . 本文を読む

『たとえ』の効用

2007年04月10日 | 中学受験 行雲流水録
保護者の方からこんな相談を受けました。「作文を書くとき、娘に『たとえ』を入れようと言うと、子供っぽいと思っているらしく、嫌だと言います。」確かに、目に見えたものを他の何かに『たとえ』てみるというのは、小さな子がよく使う表現ですから、そう感じるかもしれません。「あの雲、綿菓子みたい。」こういう説明はかわいらしくはあるのですが、小学生低学年に見られる表現でもあります。 『たとえ=比喩』の目的は、自分 . . . 本文を読む

君は三角数を知っているかね

2007年04月06日 | 中学受験 行雲流水録
最近、小川洋子さんの「博士の愛した数式」という本を読みました。この本は第一回本屋大賞を受賞し、映画となり、そのDVDを見たのがきっかけです。 事故の後遺症で、八十分しか記憶がもたなくなった博士とその家に家政婦として働きに来た女の人とその息子の三人が主な登場人物です。本の題名からわかるように、博士はもともと大学で数学の研究をしていた人なので、数字に関する話がたくさん出てきます。算数や数学の苦手な人 . . . 本文を読む

フランス人になる努力

2007年04月03日 | 中学受験 行雲流水録
少し前、宮崎県の新知事に、元タレントのそのまんま東(東国原 英夫[ひがしこくばる ひでお])さんが当選しました。今朝のワイドショウーにも出ていましたが、カラスの鳴かない日はあっても東国原知事がテレビに出ない日はありません。私生活等に問題があり、毀誉褒貶相半ばしているようですが、少なくとも官製談合・鳥インフルエンザと続いた宮崎県の負の連鎖を払拭できてはいるようです。結果的に、既成の行政人以外の人が新 . . . 本文を読む