ジャンク屋の活動日誌

ゲーム製作等に使えるモンスター素材の更新情報(JUNKIE Junk Shop)がメイン。あとは気の向くままにわがままに

11/16 モンスター素材2点

2011-11-16 11:36:30 | 素材・モンスター



水の精霊

海の甘えん坊。
ちゃんと水っぽくなっているでしょうか。




海竜

海の暴れん坊。
飛んでいるようにも見える。


今回のテーマは「海がきこえる~守り神編~」。
前回までは「不足分補給スペシャル」だったような気がします。
当初は首長竜をリメイクする予定でしたが、海竜のリクエストが入ったため
急遽、差し替えることとなりました。ごめんね首長竜。
(しばらく海系も描かないでしょうし…)

さて、前々回から紹介させていただいている『BerylSisters』ですが、実は製作者のつかささんから
「ドロシー(フューリー)の立ち絵・ドット絵を配布してみてはどうか」というお話を頂きました。
というコトで、万が一ドロシー様を使ってみたいor登場させたいという方がいらっしゃいましたら
ご連絡くださいませ(なお素材としての配布は予定しておりません)。

コメント

11/12 モンスター素材2点

2011-11-12 15:07:31 | 素材・モンスター



クアール

原作(wikipedia調べ)だと触覚と「吸盤」があるらしいのですが
それらの機能が一体化したカンジ?




マインドフレア

今回の落書き・リメイク枠。
むしろイカ人間だ。


今回のテーマは「FFなやつら」。
「特定の作品ではおなじみのモンスター」という括りは初めてでしょうか。
とはいってもFFは7とタクティクスしか経験なかったりします。
逆に予備知識がない分、自由に描かせていただきました。

引き続き、『BerylSisters』応援中です。

コメント

11/7 モンスター素材2点×イラスト×ゲスト出演

2011-11-07 11:38:50 | 素材・いろいろ



デブゴン

残念ながら「動けるデブ」というカンジではない。
↓と違ってアタマはいい設定。




トロル

バカ地球代表。そしてデブ。
アンクレットがおしゃれ(バカだけど)。


今回のテーマは「でぶ三昧」。
名前の通り太っちょを二体、揃えてみました。
どちらもただ太っているだけでなく頭がトゲトゲしていて
どことなくジョジョ4部の「重ちー」をホウフツとさせます。
(あまり好きなキャラではありませんが…笑)

あとトロルのデザインの参考としてドラクエのトロルを拝見したりしてましたが
(ていうか最近リメイクⅢやってた)見れば見るほど素晴らしいデザインですね。
たまらなくバカっぽいんですが(決してバカにしてるワケではない…いやバカっぽいんだけど)
たまらなく猛者っぽいというか。そして実際Ⅲで初登場したときとか、ビックリするくらいタフなんですよね。

あとは両方とも落書きコーナーからの出典ですね。
前回の更新の後、何を描けばいいのか分からず停滞が続いておりましたが
落書き(あとリメイク)から最低でも1体消化しよう!と自分に誓約をかけるコトで
なんとなく次のお題へと入りやすくなったような気がします。なので、しばらくはその方針で。
(この「次のお題が決まらない」というのが停滞の理由・第一位くらいだったりします)
(素材屋としては割とリクエストを欲しがるのもこのせい)


それと、前回の「リクエストSP」でお世話になったherorokiさんからイラストをいただきました!
該当イラストのページにも設置しましたが、リクエスト~素材化までの流れをまとめてみましたので、参考にどうぞ。

(ただし毎回このような工程ではないし、ここまで手順を踏むという保障もなできない)


そして最後。

トップページが大きく様変わりしていたのは単なる気狂いからではございません。
なんとDoublePeriodつかささんの作品『BerylSisters』にゲスト出演させていただきました!
まさかのゲスト参戦でデビューを飾ったのはウチの看板娘であるフューリーこと「ドロシー」様です。


↑ドロシー様

唐突に名前が出てきて「ドロシーって誰よ?」というお声もおありかとは思いますが、名前を出すのは今回が初めてです。
ドラクエ的なカンジでフューリーを仲間にした時のデフォルト名が「ドロシー」みたいなモノとお考えください。
今まで公表はしていませんでしたが、作者の中ではずっとドロシーのつもりでやってきました。

さて、当サイトは素材屋ではありますがゲーム作品を公開したコトはありません。
そんなにも現状にもかかわらず、つかささんは気兼ねなく声をかけてくださいました。
自分は嬉しさを押し殺し、こう聞き返しました。「フューリーで(体面的に)いいのか?」と―。

「ゲーム作品のキャラでない」というコトは、色々なものを用意しなくてはならないというコトです。
ゲーム内に表示させるため、少なくともドット絵、できれば立ち絵が必要となってきます。
ストーリーなどゲーム部分を担当してくださる手前、立ち絵くらいは用意させていただこうと思っていたのですが
なんと!ドット絵までつかささんが作成してくれるというのです。こんなトコロでもお世話になりました。
(なお立ち絵に関しては自分が調子に乗ってしまった結果9+2枚という大ボリュームとなってしまった…)

ゲスト出演にあたり、まずは自分の中にあった「ドロシーのイメージ」というものを伝えるコトから製作はスタート。
性格から口癖、言いそうなセリフなどストーリー製作に必要と思われる様々なデータを受け渡しました。
その結果、ゲーム中のドロシーは(一部、キツイ表現が柔らかくなったものの)イメージ通りの動きをしてくれてます。
(こうした情報が頭の中からスラスラ出てきたのはすべて妄想の賜物です。ご迷惑をおかけしました)

つかささんが気を利かせてくださり、「モンスター素材サイト」というウチの特色を活かしたイベントを追加するコトに。
それはズバリ「イベント戦闘」。モンスター絵はもちろん「フューリー」を使用させていただくのですが
この戦闘もやはり新規に作り出さねばなりません。特性を出しつつ、難しくも達成感のあるバランスに…
テストプレイを何度も繰り返し、全体でもこの工程に最も時間をかけたと思います。
そんな関係者も納得のイベント戦闘。勝ったらご褒美やるよ。


↑カットイン画像作成にあたり設計を見直したギター

この度は素敵な企画に参加させてくださり、本当にありがとうございました。
姉妹の心温まるストーリー『BerylSisters』、是非お楽しみください。

コメント