一 鉄 草 魂  

四季が美しい信州を走る鉄道風景を追いかけて…。
線路際から少し離れて花、風、光、山を感じてありのままに写し撮りたい…。

ろくもんイメージ写真

2018-11-11 14:45:00 | しなの鉄道線

観光列車ですから、あまり他の方のスペースに入り込めません。
自分の席の周辺で「ろくもん」を探し回ってイメージ写真を。
まずはスプーンに写り込んだ車窓とランチョンマット。

撮影日 2018.10.27 16:57 ろくもん車内(以下同じ)




真田家の家紋は3つあり、この州浜と結び雁金とお馴染みの六文銭。
ミッキーマウスを逆さまにしたような家紋です。
でも三角州を表し、結び雁金の雁と同様に、めでたいデザインだそうです。




そして六連銭(六文銭)は真田家の祖先の海野家の家紋。
そして海野家の祖先は滋野家。今ではしなの鉄道の駅名になっていますね。
この六は「地獄、餓鬼、畜生、修羅、人間、天上」で死後に生まれ変わる行先です。
私は生まれ変わっても「人間」がいいかな…。例え辛くても…。


『鉄道』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« プレミアムワインプランの食事 | トップ | 二次新潟色の115系 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

しなの鉄道線」カテゴリの最新記事