癒しの森 湯布院(仙人の健康相談室)  


人を、そして自分を癒し真なる喜びをもたらす
   
        人生の生き方を学ぶ 癒しの森湯布院

NO1194・年末最後に最大の喜び

2023-12-31 | エンジェルスティック

 皆様方には今年一年大変お世話になりました。良い年末とお正月をお過ごしになり、

来年も良き年である事を大分より祈念申し上げます。

 

・今年最後に サクラと思われるような嬉しい報告が「水野気功療法院」の水野先生から送られてきました。喜びは喜びで大変うれしいのですが、その反面力不足で悩むことも多かった一年です。今年最後のブログがNO1194で「良い苦よ=いい苦よ」の語呂になっています。今、私たちは精神疾患(霊障・憑依)の悩みを持つ方々に、十分な喜びを与える事が出来ず、苦しんでいるところです。今年最後に行うヒーリングの患者さん(関東在住)の悩みも、せちがらい世の中に生きる上に悩んでいる方で、何とかしなければと、今日10時から3回目のヒーリングを行う事になっています。来年につなげる為にも、良い結果を出したいと強く思っている朝を迎えました。昨夜は雨の為か生暖かく体調は絶好調ではないのですが、出来る限りの力を発揮して、来年につなげ後はババにお任せです。・追記・・・・松果体活性解毒茶を大量に飲んで頂いており、密かに解毒茶に期待しているのです。当然広いミラクルパッドを敷いてヒーリングしていますし、寝て頂いています。

 

・嬉しいご報告 

 26日に無事ゴッドヒーリングパッドと魔除け缶が到着しました。
今回特に驚いたのは箱を開けてゴッドヒーリングパッドを持ってみるとなんとも言えない熱を感じました。
魔除け缶も相乗効果でしょうか?開けていないのに持つと熱を感じました。
魔除け缶は○○の家の2階用にします。
これがシルディ・サイババの力か?と思いました。
人生最大のクリスマスプレゼントとなりました。
使い方はいろいろあると思いますが、私の場合左後頭部が悪いのでそこに当たるように敷いて寝ています。まだ数日しか経っていないのですが回復力が桁違いな感じがします。
また何か良い事があったら報告します。
まずは自分が治ることを優先にして次第に家族や周りの人に力が使えるようになれたらと思います。
今年はこの病気を通じてになりましたが水野先生の所に伺えて病治しの本質を体験でき、仙人師匠の作成する法具を購入させて頂き価格以上の価値を体感出来ました。
ファイアープージャも初めてお願いして1年間無事に過ごす事が出来ました。
今まで生きていてこんなに良い年、感動した年はありませんでした。
来年は龍の年なのでより一層力が強くなるのではと期待しています。
ありがとうございました。
良い年をお迎えください!
仙人師匠にもよろしくお伝えください。

 

ありがとうございました。

また来年もたくさんの人に喜んでいただけるよう一層精進したいと思います。

※明日の初日の出は、特別なエネルギーが降り注ぐとの情報が入っていますので、是非拝んでお祈りして下さい。

 


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

NO844・・・タティアの病気

2023-01-14 | シルディ・サイババ

 タティアはババの最も身近な信者の一人であり、最も親しい友人であったにもかかわらず、何年も何年も何年も大病に苦しみ、ベッドの上に横たわっていました。彼は歩くことも出来ません。癌でした。

 

 毎日、吐血していました。身体を動かすことも、歩くことも出来ませんでした。そうしてタティアが病に臥せっている間、ババはタティアを完全に無視しました。何年もの間、ババはタティアに会うのをやめたのです。

 

 せいぜい30~40戸しかない小さな村の住人たちは皆、とても驚きました。ババがタティアの家の前を通って歩いて、タティアが「ババ、どうか私の元へ来て祝福して下さい」と言っても、ババは「あいつに会う必要な無い」と言って、タティアに見向きもしませんでした。

 

 タティアはベッドに横たわったまま、大変な心の痛みに苦しみました。自分の家の前を通り過ぎていくババを見ては、「ババが会ってくれない」と泣きました。

 

■嬉しいご報告を沖縄のプロヒーラーの方より頂きました。 

本日シヴァリンガム様が届きました。
さっそく触れさせて頂いたところ、何かがスッと入ってきたよな?
感じで、まだ体内がジンジンホワホワしてます。
皆様方のプージャでの入魂にこめた魂を感じさせられます。
今こうしてラインを打っている状態でも、シヴァリンガム様との共鳴が広がって来ています。
仙人様のブログ記事に有りましたが、魂を込めてのプージャ、入魂…と有りましたが、、今までの法具もそうでしたが、今回のシヴァリンガム様に触れて、改めてその凄まじい想いを感じさせられました。
見るだけでも価値がある本物の世界です。。ありがとうございます。


今回ありがた過ぎる体験がありましたので、ご報告させて頂きます。
父親が、昨日の早朝よりほぼ40度の高熱をだして、立つこともままならない状況になってしまいました。
さっそくMRE輝源とプロ用ゴッドヒーリングパッドを使用し、シバリンガムのババ様にお祈り致しましたところ、今朝の体温が全くの平熱でした。
本人に調子を尋ねたところ、日常の状態とのこと。
いつもなら、完治するのに一週間はかかり、しかも前三日は意識が朦朧とする程なのですが、今回の回復に大変驚いています。
まさに恐るべし効果です!
ありがとうございます!

 

■福島県にお住まいの方からご神木プージャの体験談を頂きました。

 先日のご神木プージャ、ありがとうございました。エネルギーを送って頂いている間、町内では成人の儀式が行われており、かなり大きな爆音がしていたのですが、プージャが始まると同時に収まりました。プージャには騒音に対する効果もありそうで、大変助かっています。

プロでない一般の方は、シバリンガムの代わりにお辞儀ガネーシャ像を代用されるのが良いと思います。ガネーシャ神は御存じのように、シバ神の息子であり、自分が原因で象の頭になったのを反省し、全ての始まりには、ガネーシャ神を称えよと、大変可愛がっていました。よってガネーシャ神を大事にするという事は、シバ神は自分が称えられるより喜ぶことが想像できます。そのガネーシャ神は・・・・・あらゆる障害を除去して成功に導く神であり、商売繁盛をもたらす幸運な神であり、智慧を司る学問の神でもあり、文化や芸術を司る技芸の神であり、病苦からの解放をもたらす医術の神であり、あらゆる事象を司る万能の神であるとされています。

 


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

NO827・・・寄付金でカルマを取り去る3,

2022-12-28 | シルディ・サイババ

 ハートを閉ざしたままババの助けを求めてきた人には、ババはこう言いました。「そこに1000ルピー置いておけ!面倒を見てやるから」そして2週間ほどで何とかすると約束するのですが、そのまま2年も3年もただ待たせました。

 

 これは彼らの忍耐力を試し、ババにどういう反応を示すかを見る為でした。多くの人はババの所から逃げて行きました。しかし、その試練に耐え忍んだ人々には、ババは「ほら、これを受け取って行きなさい」と言って、3倍の利子をつけて返してくれました。

 

 どうしてババは寄付金を要求したのでしょうか?ババが何かを要求するという事は、その人に対してババが義務を負うと言う事でした。お金を受け取ってから、ババはいろいろと質問しました。「仕事は何をしているんだ?職業は何だ?私から何を受け取りたいのだ?」

 

 もちろん、同時にババは自分の仕事をしました。彼らに祝福を与え、ネガティブティとカルマを取り除いたのです。

 

嬉しいお手紙を頂きました。(原文)

 いつもお世話になり有難う御座います。仙人様とご縁を頂いた事に感謝申し上げます。いつもゴッドヒーリングパットを使わせて頂き、視力の回復や足が軽くなり、余り疲れなくなりました。(股関節の手術をしているので、以前は少し歩くだけで疲れて大変でした。)毎日使わせて頂いて本当に感謝の気持ちで一杯です。有難う御座います。

 

 平成六年に井戸を埋め、家を増築し、水神様にご無礼をしてしまい、ずっとずっと苦しんで来ました。どうしたら解決できますでしょうか?宜しく宜しくお願い申し上げます。ご神木を郵送させて頂きましたので宜しくお願い申し上げます。

 

■仙人補足

 このようにヒーリングだけが仕事ではなく、多くの人から多くの悩み事の相談を受け、その解決法をお知らせし、ババに繋ぐのが重要な仕事の一部になっています。ババの伝記を読んで分かるように、早くヒーリングだけの仕事を卒業して、更にババに近づかなければ、縁ある人々を救うのは難しいのではと考える日々です。そうして過ごした一年も、後何日かで終わろうとしています。この一年何が出来たのか?また新しい年は、何をすべきかを考えなければ、成長は止まるのではないでしょうか?

 

 


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

NO661・・・再びインドで

2022-06-30 | 聖者

 聖者の実態というより、聖者の見方というか?聖者の良し悪しを判断するのに道徳が備わっているか、どうかで判断する人が多いようですが、私が多くの聖者を見て来た経験から言うと、聖者の世界にも硬派と軟派の二通りのタイプがいるようだった。バラサイババのように今生で聖者になられた方は、軟派的教え方でとてもやさしい一般受けのする聖者だったように思うし、一般大衆には受けがとても良いように感じて見ていた。が、この聖者の元で解脱を目指すには、物足りない気がしていた。

 

 バラサイババは、インド人の信者が多く、音楽大学出身の為、歌が大変うまく一般には人気があったようだが、外人の長期滞在者は少なく、どちらかというと指導者ではなく、本来の聖者の仕事である人々の悩みなどを聞いてあげ悩みを和らげるタイプであるように感じていた。それに対して、カレスワールは、インド人は相手にせず、もっぱら外人専門の聖者と見ていたし、実際何か月も滞在していたが、インド人の相談者は見たことがなかった。

 

 傍から見ていて、何故?スワミは、他のアシュラムのようにインド人を大切にしないのかと不思議というより、聖者の義務を果たしていないのではと思う時もあった。インド人から見ると奇異なアシュラムに見えたのではないだろうか?そのような事もあり、一度アシュラムに入ると外出は厳しく制限されており、一歩外に出れば商店もあるのであるが、チャイの一杯も飲むために出ることは許されなかった。

 

 ゆえに村人から見れば、奇異な得体の知れないアシュラムに見えただろう。私達外人が村に行く事が出来れば、お金も村に落ち、村も潤うと思っていたのであるが、スワミはそれを許さなかった。スワミによると、インド人はとても嫉妬心が強い為、ある店だけに集中すると、他の店からやっかみが起こり、焼き討ちなどが発生する可能性があるとのことであった。インド人は神様の国だから、嫉妬心ややっかみは無い国だと思うのも大きな間違いで、日本人より嫉妬心は強い。

 

 そのアシュラムでは工事が進み、崩しては建てる事を行っていた。レンガの塀を作り建物を作る。建物が出来上がるとレンガの塀は壊され、違う場所に新たにレンガの塀が建てられる。この繰り返しである。当時、夕方になると老人がやって来てスワミと打ち合わせをしている。この老人がスワミのワスツー(インド風水)の師匠であり、アシュラムを建てながら学んでいたようだ。それを元にスワミはインドワスツーという本を後に出版する事になる。

 

 インドは暑い国だから、日陰の北側を重要視したワスツーが完成していた。川も風向きで家が涼しくなる位置が吉とされている。そして日差しの強い南側は山や山林で遮る。これを日本で実際に行ったらどうなるであろうか?日本は南東の角地が一等地で地価も高いが、インドでは反対である。国によって風水も違うのだなと思い、私はインドワスツーを日本で広める活動はしないようにしていた。自分が老後過ごすなら、南側の縁側で日向ぼっこしながら過ごしたいと思っている者が広めるのには抵抗があった。が、今年のように暑く、もっと温暖化になるのなら、その時参考にさせて頂くが今ではない。

 

 自分が出来ない事を人に勧めるのには抵抗があるし、インドワスツーで家を建てるなら、作ったり壊したりでとても金銭的にも不可能なので、湯布院アシュラムは良いとこ取りで行っているところであります。このようなワスツーも取り入れたアシュラムで行われるプログラムは、解脱やゴッドヒーリングを目指す人たちの専門学校のようなものであるから、他の聖者やアシュラムと比較すると混乱が起こる。し、スワミにも二面性がある。他の生徒にはなるべく悪い所は見せないようにして、良い聖者を演じ続けないとならないスワミも大変であったろう。私もその点は苦労していた。スワミは良い人で、KENZOは悪い人であった。

 

 スワミの教えは義務教育の様に平等などはありえなく、専門課程によっては、特別授業料が必要となって来る。日本人は聖者養成講座を希望し、多くの外人は長期休暇を利用して物価の安いインドを目指し、半分は避暑感覚であるので、宿泊の安いアシュラムを目指す。スワミのアシュラムは外人の評判では非常に高いアシュラムであったので、どちらかと言えば裕福な層が滞在していたが、キリストの教えの国の人たちは、自分がジーザスと同じように聖者になれるとは、思ってないので瞑想オンリーであるが、日本人が押しかけいろいろの行を授かると嫉妬心が吹き出し妨害をする事もあった中でグルステッキの授与が行われる事になった。

続きます。


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

NO642・・・満月行でビジー

2022-06-11 | 悟り

 満月行の予定日:7月16日・8月13日・9月10日・10月8日です。

 昨夜は、古い生徒のゴッドヒーリング行で終わったのが1時でした。今日は夕方より満月行を開催し、ご神木プージャを22;00時より開催しますので、お申し込みの方は、なるべく手を合わせて御祈願下さい。お申込みしていない方は、手を合わせてエネルギーを受け取る事によって浄化が出来ます。お申込み方法やドネーション(お願いごとによってはT皮を使って行います。判断は当方にお任せください。)などはお問い合わせください。ベンガル虎皮を使って行う特別プージャ(遠隔ヒーリングの効果あり)も承っています。■なお、御神木プージャは、ババの代理(エネルギー)で行っていますので、ドネーションの全ては、香木とオイルの購入費とババの設備費の一部に使わせて頂いています。

■ご神木プージャ体験談を頂きました。

 「職場の人間関係が大変よく改善され、日々の仕事がうまく回りやりがいがを感じられるように」とお願いしましたところ、プージャ前にもかかわらず、お送りしてその次、の出勤日に早速上司から「この仕事をお願いします」と指示されまして、徐々に御神徳?が現れるかなと思っていましたが、早速の効果?功徳?で、とても驚きました。そのころまで気持ちが行き詰まっていましたが、先行きが見通せ始めました。また今月も御祈願をお願いします。

 

WTの記事のご紹介 

 福岡県大牟田市動物園で飼育していたホワイトタイガーのホワイティ(雌21歳)が31日、死んでいるのが見つかった。死因は老衰。県内の動物園で唯一のホワイトタイガーだった。

 市動物園によると、2003年から飼育し来場者を喜ばせたが、4月ごろから食欲が落ちていた。椎原春一園長は「高齢になるまで頑張ってくれた。ありがとう」とコメントし、6月1日から獣舎前に献花台を置く。

 ホワイトタイガーはトラの白変種。国内は約40頭、世界でも約250頭が飼育されているだけで国際自然保護連合(IUCN)は絶滅危惧種に指定している。【降旗英峰】

 


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

NO639・・・秘密の伝授

2022-06-08 | 悟り

 後から振り返って分かる事だが、スワミのエネルギッシュな時は22歳から25歳くらいと思う。この頃は大伝法の連発でインドのどの聖者も出来ない事をやっていたように思う。私たちは、当時は大聖者の中の一人くらいにしか思っていなかったが、スワミの元を離れインド中を回るようになって、初めてその偉大さに気が付くことになる。物足りない聖者だらけで、ひどいのになるとサドゥー並みである。

 

 サドゥーと聖者は、どう違うの?サドゥーが洞(ほこら)か小さなハット(小屋)に住み着いて、聖者と言えば聖者であって、サドゥーと言えばサドゥーで境界線はないと思う。もっと厳しく言えば、自分で稼ぐことが出来る人が聖者で、施しを受けながら生活している人がサドゥーと呼べるかも知れない。もっとひどいのは、乞食サドゥーや観光サドゥーという連中である。

 

 観光サドゥーとは、観光やにわか修行にやって来た人々に嘘の情報を吹き込み、謎の聖者の元へ連れて行く道案内人のような事を行いながら生活している連中である。私とナターヤFUMIがインド中を回っていた時に、良く遭遇した連中でとんでもないレベルの低い聖者の元へ連れて行かれた。ヒーリングもファイヤープージャもリーディングも何も出来ない、サーカスに連れて行かれた事もなある。火を噴くのがミラクルで頭でココナツを割るのが奇跡力と思っている。インドを知らない日本人がサドゥーを崇めているが、多くのサドゥーは人生の落伍者で、ぐーたらな生活を求めて修行僧になったのであろう。というより、知識階層の人々はそのように定義しているのが現実なのです。

 

 須藤さん、「世間で言われているような人ではないのですよ。」この言葉は、日本で山岳宗教のメッカの一つである大峰山で修行して頃。昭和の哲学者と言わた中村天風先生(運命を拓くの著者)の姪の、中村有美さんの言葉である。山岳宗教のご開祖は役 小角(えんのおづね=修験道=如術者)で役 小角は麓から一気に山頂に飛び移る事が出来たと言い伝えられている。その役 小角と所縁がある修行の池や滝があるのであるが、そこで真冬と真夏の2回行を行っていた。

 

 真冬の池(竜王の池)は氷が張っている。宿から池に行くまでも一苦労なのに、粗末な脱衣所で服を脱ぐ頃には、足はキンキンである。女性は白い衣装に身を包み。男は海水パンツ一枚で池に入る。そこで般若心経を10回唱えるまで出ることは出来ない。池に入った途端足の指先から冷気が股間に向かって襲いかかる。修行をしてない者は、震えが全身に襲い掛かり当分の間止まる事はない。私の横にいた男の方は全身が震えていた。

 

 その状況の中でも、有美さんは、一言も発することなく、す~と入っていく。感動というより,流石とうなさられた。その有美さんは、天風先生が亡くなるまで、お側付けに徹し、決して表に出ることはなかった。天風先生が眠りに就くときは、必ず有美さんがマッサージをしていたという。天風先生は、有美さんのマッサージを受けながらこの世を去ったのです。ある時、有美さんが私に、須藤さん、マッサージをしてあげましょうかと、声をかけて頂いた。その時恐れ多くと思ったのだがして頂くことにした。

 

 後から、知る事になるのであるが、これが良かった。それまで、多くの治療を求め、多くのプロに治療して頂いたが、レベルが全然違う。子供と大人くらい違う。多分、天風先生に怒鳴れながら会得したのでありましょう。それが有美さんの口から出た言葉と思われます。世間面は良く弟子(お客様)には優しく教えるが、身内には怒り飛ばしながら氣の真髄を教える。あのソフトタッチのマッサージが忘れられないし、目標だと思い、それを目標にゴッドヒーリングの完成を目指してるのです。

 

 いつまでもお客様にはしないと、ある日スワミは私たちに言った。その後、私たち3人とアメリカ人2人とドイツ人2人の男は真っ暗なピラミッドに集合させられた。当時工事の途中であった為、設備は粗末で2階のジーザステンプルの上にピラミッドはあった。中に入ると何も見えない。背を伸ばすことが出来ない中で目が慣れてきたら、外人4人の顔がやっと見えるようになった。

 

 その頃合いを見て、スワミがバケツを持って現れた。そのバケツを持ったまま、スワミは、これから本当の修行を始める。他の多くの者は生徒だが、お前たち7人はババに選ばれた者で、ババの弟子として私が鍛える。これはとても苦しい修行である。覚悟してかかれ、そして、このことは秘密であるゆえに時期が来るまでは内容を喋ってはならない。

 

 そのバケツの中の物を触り、48時間の無言行に入る。食事と用以外は決して外に出てはならない。あ~、そうだ!正観とKENZOは特別にタバコは許す。ババも吸っていたので許す。と言ってスワミは去ったのです。すぐ、私と正観とウッシーは、やっと見える目で中を覗き込んだ。生臭い。おお~角だと正観が発する。曲がっているのでメエ~だなという。ヤギと言えばカーリー神である。シッディープロセスとも言っていたので、シッディー(ミラクル)はカーリー神と関係があるのだなと知ることができた。

 

 この行にまたしても、大口献金した大男は選ばれていない。それゆえに秘密か?大男が知ったら喚き散らすだろうな?何故だ?何故だ?と言いながらスワミを追及するだろうな。いくら大金を積もうが、縁がなければ授かる事のできない大伝法を授かったのです。それと共に責任も重たくなって行くのです。

 

 


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

NO633・・・タントリック

2022-06-02 | 悟り

 その後、2回3回と教えはアシュラムで開催される。毎回成功し建設は着実に進められていくのであります。私たちとスワミと次回の交渉が終わり、金額が決定すると、その夜から突貫工事が始まる。私にプレッシャーを与える一つの方法で、約束を守らせるように追い込むのがスワミの手法なのです。それなら、こちらも黙ってはいられない。ある日スワミは、「ババの催促が厳しい。工事が遅れ気味だ。もう少し何とかならないか?」精一杯頑張っている私に更にやれと言う。まるでブラック企業の親玉ではないかと、グルを誤ったかと思うのであるが、若さ一杯のスワミのエネルギーから離れる事は出来ない。

 

 それなら、スワミの肉でも血液でも使わせて頂きますよ。私も覚悟するが、スワミも覚悟して下さいよ。この時インド人の通訳を雇っていたので、専門的交渉はし易くなっていた。通訳は16歳から天理教の学校に留学していたエリートの家庭のご子息であった。大学を卒業後、郷里のコルカタに帰り、マザーテレサ寺院の正式なツアー受け入れをする会社を興すと共に、日本の有名な企業の通訳も行っていた。

 

 日当は高く日本の相場以上であるが、私の要望を満たすことが出来ていた。彼と私たちの共同でスワミと5分の交渉が出来ていたのであります。彼も密教の勉強をし、インドから日本に来る密教関係の聖者たちの通訳も行っていたので、私たちと5分の話が出来る。私たちの交渉の通訳は、英語を知っているだけでは務まらない。密教を知らなければ話にならないのであります。それも、カレスワールというスーパースターを相手にするわけですから、知識がなければ、搾取されるだけで、それに見合うものを得られなかったでありましょう。

 

 4人とも密教に精通していたので、向かう道は決まっていた。道において無駄な議論をする必要はなかった。その道とは、タントリック(ミラクル・ゴッドヒーリング)の道なのです。日本でタントリックと言えば、男女が交わりシャクティーのエネルギーを得る修行法と伝えられているし、インドの神社の壁には、男が女を抱っこして挿入している彫刻を見かける。中国では「接して漏らさず」という言葉がある。接しても漏らしては、シャクティーは得られない。ゆえに聖者は結婚しないし、子供もいない。これが、定説(笑い)なのです。「それは、サイババの勝手でしょう。私の目からはビブティーが出るんですよ。わからないんですか?あんたは、だめだね~。」と誰かは、私たちとは違う定説を述べていたが、接して漏らさずも、一つの本当の定説なのです。

 

 タントリックにも定説があり、インドではミラクルもゴッドヒーリングもブラックという定説がある。ゆえにミラクルを行う人はブラックだという。これは一般の素人の間で囁かれていることである。私もブラックの使い手だとタクシーの運転手から敬遠されたことがある。私は良く宝石屋を訪れていた。インドの法具を作って頂く為の打ち合わせに訪れていた。

 

 ある日、店主から姪にヒーリングして欲しいとの依頼があった。その娘は、あらゆる病院や聖者を訪れたが、一向に改善しないという慢性頭痛持ちであった。宝石店の職業は、一般大衆と違ってそれなりの教養は持っているので、私を理解していたのでありましょう。店の椅子に座った16歳の姪の第三の目からシャクティーを入れる。そして、今やっているヒーリングと同じだが、前頭葉と後頭葉と側頭葉のバランスを取るヒーリングを行うと、口から大量の黒い物を吐き出したのです。

 

 当然周りにいた店主や雇用人はびっくりしたが、店主は喜んでいた。その様子を見ていたタクシーの運転手は、私を敬遠するようになり、キャンセルされたのです。私も少し心配したので、後日尋ねたら、すっかり良くなり感謝、感謝で我も我もと5~6人ヒーリングする羽目になった。これを数日続ければ聖者誕生であるのですが、私も修行中場の身であるゆえ、店主のご厚意を断る事にした。小さなお寺を建てて頂ける提案を断ったのです。

 

 ゴッドヒーリングやミラクルは神のエネルギーで行う。つまり、ミラクルやゴッドヒーリングを行っている時、魂は肉体から離れ、悪魔界を通り越した先の神の世界に行っている事になるのです。この時アシュラムでは、ナインアローやイレブンアロウと呼ぶ行が行われていた。これは9本や11本の矢の事でこれらを使って悪魔界を突破するエネルギーを得る行であった。

 

 スワミはいう。森の中にオオカミは気配を消し潜み、ウサギが来るのを待っている。何日も何日も待っている。ウサギを待っている。ウサギとは、私たちが魔が差した時の状態である。人間である以上欲があり、人間ならいつか絶対魔が差す。これを森に潜むオオカミは待っているのである。この狼の餌食にならないために、穢れやカルマの解消を行い我欲を無くすのが私(スワミ)が教える行なのだ。魔界から魂を操られ出すと、奇異な言葉を発するようになる。「一番神に近い私が・・・・・」(あなたの神はもしかして悪魔界の神?)や「真夜中の2時になると流暢な言葉の電話・・・・」「地面にサンスクリット語を相当な速さで書く。や、あらゆる癌を治すと吹聴。」「お前はKENZOより上なのに、何故あいつの下にいるのだと悪魔に乗っ取られ、悪魔の甘い囁きに従って関係ない真面目に行をしている人も巻き込み、悪魔界の手下になる。」・・・このような人をオオカミは待っているのです。ですから、常に謙虚な人や素直な人は大丈夫です。

 

 肉体から離れた魂は神を求めて神界に行くのであるが、それを邪魔するのが悪魔の仕業である。私たちは、自分の肉体に戻る事が出来るように一本の紐を携えて抜ける。これが雲の糸であり、これを切ろうとするのが悪魔である。そしてこの悪魔を追い払うのがエンジェルつまり天使である。この天使が十分に育ってないときに、肉体から魂が抜けたら悪魔の餌食になり、肉体に戻る事は出来ない。この抜け殻に他の魂が入ったらどうなるだろうか?2つの魂が宿ったらどうなるだろうか?また、帰る事の出来ない魂はどうなるだろうか?

 

 これを勉強するのが、私(スワミ)が教える行なのだ。気功やヒーリングはこの心配はないが、ゴッドヒーリングを目指すならこの道しかないのだ。ゆえにインドでは見方によってはブラックとも呼ばれるが、ブラックはブラックのエネルギーで駆逐するとも考えられる。しかし、帰ることが出来ない者、即ち天使が宿ってない者がゴッドヒーリングを行ったら????

 

 これらを知る私たちは、スワミの弱みに付け込んで最高の伝授(大伝法)を要求し続けるのです。これらの意味も知らない外人には、おこぼれしか与えない作戦を練っていくのです。通訳のセットを含む4人は、インド伝統の知識を学びながら日本に多くの法と法者をもたらす事になるのです。

 

 


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

NO632・・・プログラム完成

2022-06-01 | エンジェルスティック

 私たちは、ホールの後ろの隅でプログラムと募集案内の文書をパソコンに打ち込んでいた。大体決まった頃丁度スワミが来てパソコンを臨み込む。「一番はなんと書いているのかな?」はい、ゴッドヒーリングのファーストステージの案内です。これは、セカンド・サード・ゴッドの4部構成で今後継続します。「チャージはいくらに設定したのだ。」はい、1000ドルです。スワミ「OKだベリーグッド。次のプログラムは何だ?」はい、スワミ、インタビューです。スワミ、「内容はどのように案内しているのかな?」はい、個室においてスワミと一対一でお願い事をスワミに相談します。そして、そのお願いごとが叶うように天より物質化した物を手渡し、祝福するプログラムです。お願い事は英語に訳してお渡しします。「そのチャージは、いくらだ。」はい、500ドルです。「OK!ベリーグッド。」

 

 私たちは、今までの成り行きや経過の全てを熟知していましたので、チャージは安めの金額を提示して、スワミの反応を伺おうとの魂胆でしたが、意外と一発でOKを頂きました。このチャージは私たちが今まで参加費した20%くらいでした。もう一つサービスでファイヤープージャがあります。それと当然と言えば当然ですが、スワミの説法を3回はお願いしたいと思っています。それと、如何にして参加者の心を掴むかはスワミにお任せします。

 

 この様にしてスタートすることになったのです。私が企画担当でウッシーが通訳と教学で正観はみんなの輪を保つクッション役で当然スワミが実行の役目でスタートすることになったのです。ですので、スワミと協議しながら行う共同体の形でスタートするわけですから、自ずと師と生徒だけの関係ではなく、ある時期までは、ある時は生徒で、ある時は生徒とスワミの交渉を行う事になったのです。その交渉が強力になっていく事は、この時、誰も想像することはできなかったのです。

 

 「KENZOすぐ日本に帰って準備をしなさい。お前の行は、私が行うので心配することなく存分に日本で活動しなさい。」この時、どのような事で募集を行うかなどの不安はあったのですが、運よく長期滞在していた。若者の助けがあったのです。その若者は、慶応大学をでた。慶応ボーイそのままの好青年でマスク良し、正確抜群に良し、頭良し、家柄良しの全て良しの青年でした。

 

 この青年は、日本のある師の元で修行していたのですが、師は高齢により、教えが困難になり、青年をインドに向かわせたそうです。その青年は師に都度電話を入れいたようです。このような聖者が日本のグループに教えを開くようになりました。私も素晴らしい聖者だと思いますが、弟子入りして良いでしょうか?師は、私も素晴らしい聖者だと思うので、私の弟子にお知らせしなさい。と即断を頂いたそうです。

 

 スワミは青年にお前もすぐに日本に帰りなさい。これでほぼ成功する見通しはついたのです。スタートよりババの援護を感じた私は日本に帰り募集案内を行うのですが、今まで参加された方々の多くは、バラサイババから始まった方々が多く。バラサイババの優しい眼差しに慣れ親しんだ人々は、強烈な厳しいエネルギーを放出するプロ好みのスワミは敬遠され、どちらかというと、プロの治療家の方に興味を持たれたようです。

 

 そして、一回目は50~60人集まり、大成功の内に終了し、その後、にわかにスワミの名前は日本中に広がる事になるのです。とにかく、この頃のスワミは怖いものなしで、若い強力なエネルギーで私が企画するプログラムを期待以上に行い、参加者の心をフックし続けるのです。が、出る釘は打たれる。現実が待っているとは、想像も出来なかったのです。 

 


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

NO610・・・古代から続く使命

2022-05-10 | エンジェルスティック

 私の使命は、マザーの恩寵によって、ジーザスの人生を美しく地球にもたらすことと、自分の生徒たちがジーザスのようになるように準備することーーーーージーザス世代を準備することーーです。私は、本物の真実の愛と平和な雰囲気を地球に生み出す最強のヒーラーたちを準備しています。それが実現する時代がやってきます。そんな時がやって来ます。何があっても、グルパランパラの祝福がそこにあります。

グルパランパラとは・・・・(至高のマスターであるシバへと至るグルたちの全系譜であり、その最初のグルーーーすべてのグルたちのグルーーーは、ダッタトレーヤである。ダッタトレーヤは、神の3つの男性的側面ーーーブラフマ、ヴィシュヌ、シバーーーーが合わさって一つの姿になって生まれた原初のグルである) 

体験談1,ジーザスパッド

 一般販売されていないんですね。ヒーラーさん用ですか?丹田に当てると5分〜10分でお通じがとても良いです。私には強すぎるような気もしますが…。

ジーザスパッドの説明・・・・・ジーザスパッド(白色)はエルサレム隕石の粉が主成分で他はWTの頭骨の粉・ダイヤモンドで白色の物質で構成されており、線量は20μsvと低いのですが、意外なエネルギーが含まれているようです。これは主にジーザスと繋がる瞑想の時に使うもので、頭の上にちょんまげの様に当てて、下にはT皮を貼り付けた座布団カバーを敷いて行います。これらの原料には限りがありますので、行が進んだ人を対象に満月行の特別行に使用しています。余談ですが、ネコ科動物(家猫は除く)の牙、爪すべて(ピューマの牙含む)の登録票がない物は売買禁止になっています。ゆえに、グルパランパラの系譜において、教えは引き継がれるが、その行に必要な物が途絶える時代になってきています。私たち教える者は、生徒様用にある程度は確保はしていますが、今後、入手は益々難しくなりそうです。ネコ科の動物の頭骨や牙や爪が行に必要な物である事を知っている人が集めているという事です。エルサレム隕石の粉はすでに流通はしていません。龍炎プージャに必要な香木も毎回値上げで、いつまで入手できるか分かりません。(5年分は確保しています。)

体験談2,突発性難聴

 先月の満月行の時にはすでに耳鳴り、閉塞感はとても酷く、不安が募るばかりでした。帰宅後、耳に何が起きているかを知る為に受診し、結果…突発性難聴と診断されました。これには、タイムリミットがあり、発症から1週間以内に治療をしないと治ることは難しくなるとのことでした。私の場合、すでにタイムリミット間近か、もしくは過ぎてしまっているのかくらいでしたので、もう難しいと思うと言われてしまいました。(発症した日を特定できない)難聴は、ある程度は回復しても完治することはない病であると説明されました。耳鳴り、閉塞感に慣れていくしかないということでした。絶望的で悲しくて寂しくて心が折れそうでした。仙人様からプロ用パッドを授かってから体調、体力、気力は、今までの中で1番良好で、消化力も上がり昼食べてから夕方までには空腹感が出るほどになっていましたから。

 そんな中で耳の不調がおきて一時は、とても戸惑いました。何で?何で?としか…毎日パッドでヒーリングもして何でこんなことが?って。しかし、全ては神が与えるもの。きっとよいお導き。休みなく根詰める日々を改めることを気付かせて下さったのかも…。ポジティブに捉え、即、気持ちを切り替えパッドで自己ヒーリング(スワミ・カレシュワーラの行も入れました)を、そして、仙人様からワタナベオイスターも飲むこともご指導いただき毎日続けました。仙人様からは、人のヒーリングしている場合ではないと言われながらも、止めれず(^^;申し訳ありません。だただ、全てを信じていました。

 始めてすぐ耳鳴りが軽くなりました。その時期に、仙人様がパッドの着け方とふみさん(湯布院難病癒し処、お地蔵さん」のヒーリングの時にアドバイスいただいたことを思い付き実行しました。(いつも首周りにしていました)翌朝、何と!!耳鳴りも閉塞感もほとんどなくなっていました。そこで、気付いたのが夜帰宅して、パッドに足を乗せ頭にプロ用パッドで自己ヒーリングをすると耳の閉塞感、耳鳴りが生じていました。しばらくするとなくなります。エネルギーが流れようとしている感覚から、詰まっている何かが取れていくような感じです。

 それでも続けること5日目に再受診しました。何か絶対に変わっているという感じが強くありましたので、仕事を早退させてもらい行きました!何と!!難聴がなくなっていました。医者は、検査結果をしばらく無言で眺めて考えていたようですが、説明が困難である様子でした。なぜか?数日で難聴が治っているのですが、きっと年齢的なものからの一時的な症状だったのかも。と言われ歳のせいにされ、かなりムッとしました(ー。ー#)

 説明は困難だと納得しました。たった5日間ほどしか経ってないのですから(^^;それからも毎日、ヒーリングを続けています。今は、パッドヒーリングしても閉塞感も耳鳴りも生じることはなく、エネルギーの通りが良くなった感じです(*^^*)ヒーリングが益々好きになりそうです!

 余談になるかも知れませんが、オイスターが血流アップ、神経系の調整に働いたように感じます。手遅れで治らないと言われた難聴を奇跡を起こして、正常に戻して下さったこと、本当にありがとうございました!難聴の人はたくさんいるようです。ネットでは、難聴専用の整体や鍼灸がたくさん紹介されていました。本当に治らない病なんだと思いますので、パッドにつながって欲しいと切に願います。今回の難聴からはゴッドヒーリングパッドの奥の深さをさらに知ることができました。

 信じること、純粋な心でいることがとても大切なことも学びました。それは、今のわたしにはまだ、未熟さから簡単ではないことですので、満月行、菩薩行で魂を育んでいきたいと思いますので、今後も、ご指導いただきましたら幸いです。汗ばむ日があるかと思えば、肌寒い日もある気まぐれな気候ですが、お身体には十分お気をつけください。また、パッド体験談も多数ありますので、改めてご連絡させていただきます!よろしくお願いいたします。

このような環境においてジーザスに繋がる行を行っています。

 


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

NO609・・・真実は明らかに2

2022-05-09 | エンジェルスティック

 スワミ、カレシュワーラか、その次の人か、その次の次の人か、さらにその次の人を通じて。本当の知識、真実が明らかになります。ジーザスはそれを明らかにする人を選びます。あなたのスワミがジーザスと共にいた時、彼と非常に親しくしていました。あなたのスワミは、ジーザスにとって最も大切なソウルメイトだったのです。もちろん、ビッグボスにとっての最初のソウルメイトは、彼の母親でした。

 

 肉体を持って生まれた来た人なら誰でも、その肉体はいつかどこかに埋められることになります。必ずいつか、人々はとても興味を持つことになります。ビッグボス、ジーザスクライストを私は尊敬していますが、彼の骨と肉体はどこかに存在しているはずなのです。

ゴッドヒーリングミラクルパッド頭用の体験談を頂きました。

 いつもお世話になりありがとうございます。お陰様で320μsvの頭用のゴッドヒーリングパッドを使うようになってから嫌な感情が長く続くことが減り、穏やかに過ごしています。二泊三日の夫の実家の田植えの手伝い(食事作り)の間も実家の人々の愚痴や言い争いを聞かされても以前のようにクタクタになることもなく無事に過ごすことができました。ありがとうございます。今回は①MRE輝源2セット②コーボン3本③神の塩100gをお願いします。■これらを併用しながら、しつこい精神的悩みを解消しているところです。

突発性難聴の体験談

仙人様、塚原は野山も美しい青葉に覆われる好季節を迎えられている頃ではと思いながら、メールを書いています。毎日のブログから仙人様のお元気なご活躍が伝わってきます。私は、新しい生活にも慣れた始めたころです。もう今はパッドがない生活は考えられないです。そして、難聴は現在回復へとそして、落ち着いています!パッドの奇跡であることが認識出来ましたので体験談としてお話してみたいと思います!(明日に続きます)

 

■資本主義経済における「成長で豊かな生活」をモットーに、嘘の情報で洗脳されています。上の突発性難聴も同じで、医者は一生治らないと言うが、治った。治らないと宣告された人は絶望ですが、逆の真の情報も探す必要があるのではないでしょうか?それは、神の教えかも知れません。それをコツコツ伝え続けるのがヒーラーの使命と思うところです。以下の情報を見つけましたので、ご紹介します。あのヨーグルトが?????

1人の画像のようです

 

 


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする