癒しの森 湯布院(仙人の健康相談室)  


人を、そして自分を癒し真なる喜びをもたらす
   
        人生の生き方を学ぶ 癒しの森湯布院

NO647・・・腸と脳

2019-01-29 | ヒーリング
腸と脳の本が出版されています。やっと腸と脳が繋がっていることが認められようとしているようです。私たちの世界では常識である事が表の世界でも認めらる時代が来たことは喜ばしい事だと思います。

まもなくMRE輝源も認められる時代が来ることは間違いないでしょう。単なる乳酸菌や酵素などとは次元が違う事だけ予言しておきます。詳しい事は仙人の健康相談室

本の宣伝文⇩

悩みで胃が痛い
大事なプレゼンの前にトイレに行きたくなる
腑に落ちない
──誰しもが身に覚えのあるこれらの感覚、ここには、体内で休まず交されている「見えない会話」が関わっていた。

ヒトゲノム計画からヒトマイクロバイオーム計画に移行した現代、 生命科学のトレンドとして注目を集めているのは「腸」。

腸管神経系(ENS)は「第二の脳」とも呼ばれ、5000万~1億もの神経細胞から構成されており、このENSと脳が常時やり取りしている厖大な情報が、心身の健康維持にきわめて重要な役割を果たしている。

腸内マイクロバイオームの異変は、慢性疼痛過敏性腸症候群(IBS)、うつ病、不安障害、自閉症スペクトラム障害や、パーキンソン病などの神経変性疾患に結びつく可能性がある。

脳-腸-腸内細菌の情報ネットワークの緊密さと重要性、諸疾患と腸内細菌の関係、情動と内臓感覚、健康な身体を維持するために実践したい食習慣などについて、脳と腸のつながりの研究における第一人者が、わかりやすく解説する。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« NO646・・・聖灰(ビブ... | トップ | NO648・・・インフルエンザ »
最近の画像もっと見る