癒しの森 湯布院(仙人の健康相談室)  


人を、そして自分を癒し真なる喜びをもたらす
   
        人生の生き方を学ぶ 癒しの森湯布院

NO106・・・二泊三日行とは

2020-12-07 | 難病
 最近のタイトルはヒーラー養成講座となっていますが、ここで説明しているのは、宇宙の仕組みであり、人間が幸に生きるための法則を書いているのです。その答えは、目に見えないエネルギーに振り回されるのではなく、エネルギーをコントロールする術が教えられています。

 その力を得るには、目に見える肉体を重視するのではなく、目には見る事も出来なく、触る事も、匂う事も出来ないが実際にあるエネルギーを得る事であります。またそのエネルギーは、目に見えない魂を育てる事が教えられているのです。

 そのためには、洗脳された誤った知識をすべて吐き出す必要があるのです。このような視点からヒーラー養成講座をお読みください。病治しも解脱も遠くに求めるのではなく、自分の中にある事を知る必要があるでしょう。それが理解できるまでは体験も必要ですから、時間とお金を使ってインドを求める必要があるかも知れません。私が歩んだ道のように。

 しかし、それを実行するのは本人であり、いくら高名な聖者でも一瞬で行う事は出来ません。その力はわずか5%と言われており、残りの95%は本人が行わなければならないのです。ゆえに、癒しの森湯布院の目的は「人を、そして自分を癒し、真なる喜びをもたらす人生の生き方を学ぶ」人生道場なのです。

 もう、お分かりでしょうが、私達ヒーラーが行っている事は「脳内に溜まったゴミ(誤った知識や電磁波や活性酸素・薬害や添加物等など)を除去し、正常な宇宙意識(氣)が全身に迸(ほとばし)る」お手伝いをしているに過ぎない事になります。その力は5%で、それを行う事により95%の力が蘇るのです。それが出来なければ難病や特に精神的な病気を治すことは出来ないのです。まして解脱などは夢の夢であります。その深い意味を魂と肉体に理解して頂くために二泊三日行を行っているいるのです。


 

 
この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« NO105・・・ヒーラー養... | トップ | NO107・・・ヒーラー養... »
最新の画像もっと見る