隣のお父さんの、見たこと、聞いたこと、感じたこと

季節を教えてくれる小鉢のミドリ、自然の風景、私の興味をそそる鬼瓦、コレクションの煙草の包装紙、文化etc‥‥、

京の 六角堂 

2017-07-22 06:19:11 | 歴史の道しるべ
頂法寺=六角堂は、寺の境内門前が六角通りに面しているので六角堂と称されているようです。そのうえ本堂の屋根の形が、六角形とゆうこともあります。京の夏の風物詩、山鉾巡行の順番を決める籤取り式は、江戸時代まで、ここ六角堂で行われていました。六角堂は華道流派、池坊の所在地でもあります。京、街なかの有名な土地建物ですので、今では隣接地に高層ビルが建ち、ビルの谷間に存在しています。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

飢饉に農民が いっき

2017-07-01 06:13:06 | 歴史の道しるべ
天保の飢饉(1833~39)のときに幕府は実際の長さより短い検地竿を使って検地のやり直しを行いました。検地とは年貢や諸役を算定するための測量です。短竿を使えば面積が過大に計算されて、年貢を多く集めることができます。このことに反発した4万人の農民(現在の滋賀野洲市)が短竿をつかっての検地の中止を求ました。、結果として、検地10万日(273年間)の日延べを勝ち取りました。しかし天保一揆の指導者は捕らえられて処刑されました。 勝利から150年後の平成3年その一揆の義挙をたたえて、指導者と農民のメモリアルパークが、一揆の有った土地に建設されました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今に残る 忍術屋敷!!

2017-06-13 06:15:34 | 歴史の道しるべ
あるグループで、近江(滋賀)の、甲賀流忍術屋敷を訪れました。江戸時代の元禄年間に建築されたもので、甲賀忍者53家筆頭、望月氏の旧邸宅です。家屋の内部には外敵の侵入に備えての対策がありました。⦅どんでん返し⦆の扉や⦅落とし穴⦆⦅隠しはしご⦆等、さまざまな多くのからくりが設けられています。忍術は当時の優れた兵法武術だったようです。余談ですが、私、現役時代の甲賀のお得意様、製薬業者の姓名が、忍者集団53家の数番目に記されていました。それとなく感じてはいましたが筆頭格に近い存在であったことに驚きました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

安産と子授け!!

2017-06-03 06:12:21 | 歴史の道しるべ
奈良市にある帯解寺は天安2年(858)の建立で天皇の勅命によって帯解寺と名ずけけられました。55代文徳天皇が当時の名称である石淵寺に祈願されて、清和天皇を安産されたことによる勅命です、以降この寺院は、安産、子授けの祈願寺として世間の信仰をあつめました。近世の皇室関係では、昭和34年の美智子皇后のご懐妊で、安産岩田帯とお守りが帯解寺より献納されています。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

琵琶湖をまもる 洗堰

2017-05-06 06:19:26 | 歴史の道しるべ
明治29年(1896年)に琵琶湖大洪水がありました。琵琶湖から流れ出る自然河川は瀬田川だけですので、大雨で湖岸が洪水になりました。この時は湖水位が平常値より2,71m高くなり湖岸の田畑11,800ヘクタ-ルが浸水して浸水日数は140日に及びました。又、下流の淀川流域でも多くの被害がありました。これを機会に、琵琶湖の瀬田川から淀川流域に流れる水量を調節する必要が生じました。そこで昭和36年、湖の水位調節ができる上下可動設備を備えた、新しい洗堰が南郷地区に完成されました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

外堀にまもられて!!

2017-04-19 06:13:52 | 歴史の道しるべ
大阪の平野地域は、摂津、河内、和泉、の三ヶ国が接するする交通の要所です。大昔からたびたび戦火にあいました。そのために住民は、生命と財産をまもるため、町の周囲に濠をほり、外敵の襲撃にそなえたようです。濠には13か所の出入り口があり、各出入口に地蔵さんが祀られました。写真は桜の時期の現存する濠の一部分です。13ヶ所の出入り口地蔵尊は、すべてが現存して祀られていました。この町は環濠のあった地域としてしられています。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

鬼門の鎮護 やくばらいです

2017-02-25 06:09:55 | 歴史の道しるべ
大阪の枚方市に祀られらている片埜神社は、豊臣秀吉が天正11年(1583年)大坂城を築くとき、城から鬼門の方角にある地域に、鬼門鎮護の神社としてまつりました。そのようなことから神社の境内に掛けられている絵馬は、願い事が困難を避けてうまく運ぶようにと、すべて鬼面になっていました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

南京大虐殺???

2017-02-18 06:54:46 | 歴史の道しるべ
中国の南京事件は虐殺を示す客観的な根拠がないので、事実が疑わしいとされています。しかしユネスコは中国の申請で《南京大虐殺》資料を記憶遺産として登録しました。。私見としてですが、事実が確認されていないものを、登録することにはたいへん不満です。不明確な事実関係を、中国の習近平政権は国内政治の手段として利用しています。いずれにしても、殺りく、略奪、凌辱、など戦の被害者は、攻守のどちら側から見ても、古代から現代にいたるまで、その被害者は、つねに、女、子供たちです。今も世界のどこかで戦がありますが争いは避けるべきです。世界平和のためにも!!  以上は、事件のあらましを中国の人間からみた小説、残酷な描写?の多い⦅時間⦆を読んでの感想です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

国宝本堂の 大修理

2017-01-21 06:11:35 | 歴史の道しるべ
京都の東山山麓にある浄土宗の総本山、知恩院の本堂御影堂です。現在、国宝とされているこの建築物は平成の大修理が行われています。ビルの五階ぐらいの高さまで、完全に覆われた建物の中にあります。元和元年(1621)に建立されていますので396年まえの建造物です。工事は2012年から2019年までの約7年の予定で進められています。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

昔、人力が動力源です

2016-10-29 06:14:44 | 歴史の道しるべ
人間が動力源の装置に魅せられて……《旧和中散本舗》の製薬機について、まえに文章で紹介したのですが、文字よりも絵だと思いまして取り上げました。後の方の大きい輪の中を二人の人間が前に歩いて重力をかけ、歯車と歯車をかませて動力をつたる。そして手前の石臼のなかの薬草をすりつぶす。昔の時代にこんな方法があったことに驚きです。 いつ頃? 江戸時代と記録がありますがその時代は、1600年頃から200年前後の期間がありまして、日時を定かにすることはとてもできません。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加