隣のお父さんの、見たこと、聞いたこと、感じたこと

季節を教えてくれる小鉢のミドリ、自然の風景、私の興味をそそる鬼瓦、コレクションの煙草の包装紙、文化etc‥‥、

大きなかざ車

2008-02-29 06:18:48 | 自然 景色 風景 **
近頃は地球温暖化防止のためにco2排出を少なくしたいとかで、省エネと言ふ言葉がテレビのコマーシャルにも使はれているようです。co2を出さないエネルギー源の一つに風がありますが、琵琶湖の周辺で大きい風車発電機はこの一本のみです。県立琵琶湖博物館と併設されている水生植物園、みずの森にあります。湖南の湖岸道路では、ひときは目立つ存在です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

野梅が咲いていた

2008-02-28 06:13:05 | 自然 景色 風景 **
関西では今年は寒い日が続きまして、雪国の人々の生活の一端を知った気がします。寒いのは大変ですね!!。しかし、雪雲が流れ去って青い空がのぞきますと、野梅も、待ちかねていたように、蕾をほころばせます。あと二、三日で三月の声を聞きます。もう来てくれるでしょう。春が。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

葦はらの群落

2008-02-27 06:19:20 | 自然 景色 風景 **
琵琶湖湖岸、烏丸半島の葦原はまだ枯葉のままの色合いで、春を感じさせるにはほど遠い感じです。遠く葦原の向こうには近江富士、三上山が眺められます。春先には鮒のはねる水しぶきを見かけるのですが、釣り糸を垂れてみますと、外来魚のブルーギルが多くかかります。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

春を待つ!!

2008-02-26 06:19:56 | 自然 景色 風景 **
守山市の琵琶湖湖岸に咲く菜の花です。ボランテイアの人達が、2月に咲く早咲きの品種をそだててくださっています。休日ともなりますと、春を待ちかねている多くの人たちが、この地をおとずれているようです。今年の寒さと雪には、馴れない私達には苦手です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

盆栽のわた帽子

2008-02-25 06:12:55 | ベランダ 小鉢に見る四季
自然の緑が好きなものですから、自己流の盆栽をベランダで楽しんでいます。ベランダで育てていますので盆栽の樹に雪が積もることはあまり有りませんでした。今年の予報では暖冬とのことでしたが、近頃は雪がよく降ります。雪をかぶった盆樹はいつもの風情とは違うのですが、これも盆栽観賞のなかのひとつの楽しみかたかな?と思っています。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

南京玉すだれ

2008-02-24 06:15:13 | その他 気のむくままに
滋賀,野洲市の三上コミユニテー、センターで練習に励んでいる、ほほえみ南京玉簾、20人ぐらいの仲間の練習風景です。メンバーは熟年組といひますか、何かにつけて前向きな人達が集まっているようで、楽しいグループです。彦にゃん人形がマスコットの彦根城築城400年祭にも賛助出演いたしました。その他、曳山でしられる大津市の大津祭りの前夜祭や、草津市で催す宿場祭りにも出演させていただきました。私どものグループ参加で、祭りを見に来られたお客さんに楽しんでもらっています。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

山にあがったボート

2008-02-23 06:18:05 | その他 気のむくままに
琵琶湖は夏ともなりますと、無数のボートや水上スキーが走ります。車時代ですので、あちらこちらと中古車の販売店をよく見かけます。山手の販売店には中古のボートが展示されていました。舟が丘にあがるとはこんなことでしょうか?中古の車と中古のボートがならんでいました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

楊貴妃、専用の温泉

2008-02-22 06:14:28 | その他 気のむくままに
中国、西安に湧く温泉地に設けられた、皇帝の離宮を華清宮と言ひました。いくつもの浴池が並んでいたそうです。これは世紀の美女と言はれた楊貴妃の専用温泉です。プールのような大きさで、この浴室の中ほどから湯が湧出していました。右側の黒く見えるところから水が供され、左端部分から排水されていたようです。今は、建物のなかに、ありますが、水面に映る三つの窓と比べてもその大きさがうかがえます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

楊貴妃ってどんなひと?

2008-02-21 10:46:23 | その他 気のむくままに
歴史上の美女といえば西洋のクレオパトラ、中国の楊貴妃、日本の小野小町と言はれます?。中国西安の華清池と言ふ温泉地の皇帝離宮のなかに、唐の玄宗皇帝が楊貴妃(700年代)のために設けた海裳湯、浴池がありました。そこに楊貴妃の立像がありましたが、バックの建物とのあいだに、なにか違和感をおぼえました。西洋人の立像のようにようにおもはれまして!!この人、東洋人なのかな?と疑問にかんじました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

五色塚と海峡大橋

2008-02-20 06:19:18 | 自然 景色 風景 **
明石海峡は古来の人々から現代の人にいたるまで、目を奪われる素晴らしい景観地です。今の時代のこの地に、日本書紀にも記されている古墳時代の巨大な五色塚古墳があります。そして現代の最高技術土木建造物である、明石海峡大橋が並存すると言ふのも、この海峡の重要性と景観が人の心を引き付けたからだと思います。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加