隣のお父さんの、見たこと、聞いたこと、感じたこと

季節を教えてくれる小鉢のミドリ、自然の風景、私の興味をそそる鬼瓦、コレクションの煙草の包装紙、文化etc‥‥、

地蔵さん

2011-06-29 06:07:18 | 自然 景色 風景 **
町や村や野原の一隅でよくお見かけする地蔵さんは、その地方や土地柄で祀られかたが、ずいぶん違うようです。滋賀でよく見かけるのは数十体の地蔵さんが集められ祀られている状態です。もちろん一体で祀られているのもありますが、それぞれの地蔵さんが衣装をまとい、顔には化粧をなさっているようです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

楠公別れの地

2011-06-26 06:07:48 | 歴史の道しるべ
私が小学生の頃は、授業らしきものは殆んど無くて、唱歌の時間には音階に敵性語のドレミは使われず、日本語のイロハで、ドレミをハホト、ハヘイとならいました。それでも楠公別れの歌は小学生唱歌としてよく口ずさんでいたようです。先日、二十数名の歴史同好の人々と国史跡の桜井駅跡を訪れました。陸軍大将乃木希典が揮毫された碑のまえで、楠公父子別れの歌《青葉茂れる桜井の…… 》を唱和しました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

紫陽花 

2011-06-25 06:11:56 | 自然 景色 風景 **
梅雨どきの紫陽花は、花言葉のとおり移り気のようで色の変化が面白いようです。しかし大部分の花が丸いボールのようで、見栄えを感じず、つい見過ごしがちでした。先日見かけたこのアジサイは中心の花の周りに、又花があるようでこんなアジサイもあったのかな?‥‥ これからは、アジサイの花の美しさも見直そうかなと思案しています。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

音楽喫茶!

2011-06-22 06:06:24 | 煙草の包装紙と その時代
1959年亥年に久留米にブラックと云う音楽喫茶店があって、ピースの10本入りを配られたようです。現在も営業されているか?どうかは不確かですが当時の若者がこの店で音楽を楽しまれたのでしょう。私も、当時の世代は京都在住でしたが、繁華街の何となく洒落た、おちついた喫茶店に足を運んでクラッシクを聞いた思い出があります。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

蔦の実

2011-06-19 06:15:52 | ベランダ 小鉢に見る四季
新緑のうす緑色の葉の裏に同じようにウスミドリの実が膨らんでいました。例年、秋が近ずきますと葉が色ずくのに気を取られて実が稔ったのかどうか,気ずかないままに落葉が始まったりしています。今年こそは熟れていく実生にも気をつけて、眺めていたいと願っているのですが!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

金色で 菊紋の鬼瓦

2011-06-18 06:09:59 | 楽しい鬼がわら
大阪の三島郡に鎮座されている水無瀬神宮。この神社の客殿は重要文化財に指定されています。この客殿の棟に座っている鬼瓦は金色に輝く瓦でした。菊の紋をあしらった鬼瓦や軒丸瓦は各地で数おおく見かけますが、鬼瓦が金色に彩色されているのは珍しく思います。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

産業を振興!

2011-06-15 06:14:32 | 煙草の包装紙と その時代
文明開化で近代国家えの一歩を歩みはじめた明治の初頭には産業教育の必要性が認識されはじめて、この時から1954年が70周年とのことですのでこれよりも約半世紀前に産業教育が始められたことになります。以後、日本の産業は飛躍的に発展したわけですが、今年は想定外?の原発事故の影響で産業界も足踏状態です。今年からが産業再々振興のスタート地点でしょうか?
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

斑入りのススキ

2011-06-12 06:15:07 | 自然 景色 風景 **
町のなかを散策していたら、民家の家庭菜園の一角に50センチ位の背丈で穂つきのススキが茂っていました。わざわざ栽培されているとは思はれないのですが、このススキよく見ますと葉に絵柄が入っていました。東洋蘭などの園芸の愛好者はこのような柄を<虎斑>とよんでその葉芸を楽しむのですが、このススキは大きすぎて、盆栽として鉢で栽培するにはむかないようです。それで地植え?
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

法爾大師  号

2011-06-11 05:49:55 | 歴史の道しるべ
梅雨のある日に、法然上人八百年大恩忌で参詣者の多い知恩院を訪れました。数回訪れたことのある国宝の建造物、御影堂本堂の前で新しい立て札が目に止まりました。法然上人が高僧に与えられる新しい尊称、法爾大師号を宮内庁からいただいたお知らせの立て札でした。法爾とは(あるがまま)の意味を持つようです。法然上人は元禄時代から50年ごとに称号を賜っておられるようでして,今回の法爾大師号は八回目の奉戴です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

雲仙地区のホテル

2011-06-08 05:51:10 | 煙草の包装紙と その時代
長崎の雲仙地区と云いますと20年前に普賢岳の噴火で大火砕流が発生して多くの犠牲者をだしました。今雲仙の島原市では惨事の記憶を風化させないように、復興のシンポジウムが行なはれているようです。東洋館さんは直接の災害地区ではないようですが、、数十年前に専売公社福岡の許可を得て使用されたピース10本入りの煙草です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加