隣のお父さんの、見たこと、聞いたこと、感じたこと

季節を教えてくれる小鉢のミドリ、自然の風景、私の興味をそそる鬼瓦、コレクションの煙草の包装紙、文化etc‥‥、

屋根棟の彫り物

2017-06-28 06:14:38 | その他 気のむくままに
新宮神社、本殿は安永6年(1777)の建築です。この神社の屋根棟に置かれている彫り物に視線がはしりました。右端の動物のようなもの、なかほどの紋所のようなもの、、そして植物のようなもの、これらの彫り物はそれぞれに立派です。しかしなぜこのような屋根の最上部にあるのかな? もっと見やすい位置にあるのがよいのに?
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

隠し鉄砲

2017-06-24 06:07:58 | その他 気のむくままに
甲賀の忍者屋敷に展示されていた鉄砲です。江戸時代徳川幕府は、幕府の体制維持のために⦅入り鉄砲に、出る女⦆即ち江戸に持ち込まれる鉄砲と、江戸から国元に帰る大名の妻女は、諸街道の関所で厳しく監視されていました。その様な時代に。武士の脇差小刀の中に鉄砲が仕込まれて江戸に入っていたことは驚きです。いかに忍者のものであっても、どのような場面で使われたのでしょうか? 誰かを襲撃する?
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

六角形の地蔵堂

2017-06-21 06:08:29 | その他 気のむくままに
滋賀甲南町に祀られていて、建物が六角のかたちをした地蔵堂です。棟札に天明8年(1788)とありますので、230年ほど前の江戸時代の建築物です。極彩色の木造地蔵菩薩立像がご本尊で、屋根の先端に十二支の瓦が配置されています。六角形が二層の屋根ですので、上下合わせて十二支になっているようです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

雨よ降れふれ

2017-06-17 06:06:43 | その他 気のむくままに
昨近の日本の天候は梅雨の季節が飛んでしまって晴天がつずいています。昔、近江の国甲賀の矢川神社は雨ごいに霊験があり⦅甲賀の雨宮⦆として知られていたようです。この矢川神社門前に高さ1,5㍍ぐらいの小ぶりな石造太鼓橋があります。寛文11年(1671)に架けられたものです。木造の太鼓橋とちがって足をいれる切り込みがなく、シンプルな美しいたたずまいを見せています。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今に残る 忍術屋敷!!

2017-06-13 06:15:34 | 歴史の道しるべ
あるグループで、近江(滋賀)の、甲賀流忍術屋敷を訪れました。江戸時代の元禄年間に建築されたもので、甲賀忍者53家筆頭、望月氏の旧邸宅です。家屋の内部には外敵の侵入に備えての対策がありました。⦅どんでん返し⦆の扉や⦅落とし穴⦆⦅隠しはしご⦆等、さまざまな多くのからくりが設けられています。忍術は当時の優れた兵法武術だったようです。余談ですが、私、現役時代の甲賀のお得意様、製薬業者の姓名が、忍者集団53家の数番目に記されていました。それとなく感じてはいましたが筆頭格に近い存在であったことに驚きました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

宝くじ 当たったら?

2017-06-10 06:17:49 | その他 気のむくままに
町内にある宝くじ売り場に高額金の当選者がこの売り場から出ました。と、大きなのぼり旗がはためいていました。こんなのぼりを見ますと、今度は自分がと欲心がでます。しかしまずこれはダメです。私が高校生時代に習った確率の問題で、数学教師が教えてくれました。例えば【ドラム缶のなかに白米を満タンに詰めてその中に入れた一粒の赤い米粒をさがすようなもの】とか…… 買わねば当たらないと言いながらも、まず望み薄です。それ以来じぶんでは、籤とゆうものものは買ったことはありません。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

わたしの サツキの花

2017-06-07 06:10:05 | ベランダ 小鉢に見る四季
ある一時期にサツキ盆栽にはまりました。幹回りが 直径10㎝ほどの樹を、大きな鉢に植え込んで樹形を整えます。力の必要な仕事で大変でした。わたくしが年齢を重ねますと植え替えがおっくうになり、サツキ盆栽は卒業しました。街の道端のツツジの植え込みが、単純な赤一色に染まってきますと、はんなりと色ずくサツキが見たくなりました。小品を小さな鉢に植え、一本立ちに育てて咲かせた花、銘⦅日章旗⦆です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

安産と子授け!!

2017-06-03 06:12:21 | 歴史の道しるべ
奈良市にある帯解寺は天安2年(858)の建立で天皇の勅命によって帯解寺と名ずけけられました。55代文徳天皇が当時の名称である石淵寺に祈願されて、清和天皇を安産されたことによる勅命です、以降この寺院は、安産、子授けの祈願寺として世間の信仰をあつめました。近世の皇室関係では、昭和34年の美智子皇后のご懐妊で、安産岩田帯とお守りが帯解寺より献納されています。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加