隣のお父さんの、見たこと、聞いたこと、感じたこと

季節を教えてくれる小鉢のミドリ、自然の風景、私の興味をそそる鬼瓦、コレクションの煙草の包装紙、文化etc‥‥、

三つ葉?の花…

2012-01-29 06:20:00 | 自然 景色 風景 **
美しい花をみても、近頃は交配種の作品が多くて花の顔と名前が結びつきません。近くの小学校の校庭に植えられていた三つ葉に、白い花が咲いていました。三つ葉草に花?と疑いました。植物の名前に詳しい知人に尋ねましたら、”オキザリス”ではないかとのことでした。小さい頃から馴れ親しんだ三つ葉草ですが、この草に花を見かけるとは思いませんでした。クローバーと同一視されることが多いようですが、私には慣れ親しんだ三つ葉の名前でOKです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

小野小町の墓?

2012-01-28 06:08:12 | 歴史の道しるべ
美人であったとされている小野小町。美人と云う言葉の魅力でしょうか、日本全国に小野小町の伝説があるようです。奈良に近い山城の井手町に小野小町の墓と云はれる塚があります。古文書の ”冷泉家記” に小町が晩年、井手に住んでいたと云う記述があり、又、”百人一首抄”の歌の中に、小町のおはりける山城井手の里、と詠まれていますのでこの井手町が小町が亡くなった所とされたようです。尚、この塚に立っている碑石は、天平時代の左大臣(現代では総理大臣級)であった橘諸兄の氏寺、井手寺の礎石であったとも伝えられています。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

雲の海

2012-01-25 05:42:53 | 自然 景色 風景 **
琵琶湖 比叡山 朝、めざめて窓の外に目を走らせますと何時もは遥かかなたに琵琶湖の湖面が眺められます。先日は湖面に雲海がたなびいていて琵琶湖をみることが出来ませんでした。雲海のしたには大津市があります。山の姿は比叡の山で、山頂には天台宗総本山の延暦寺があり、峠の向こうには京都の街並みがひろがります。私には、朝、湖面がみえないと、少し物足りない気分になります。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

神社のカジカ…

2012-01-22 06:11:27 | 歴史の道しるべ
山城井手地方の玉津神社,起源は540年と伝えられています。何回かの遷座があって現在の社殿は1260年の建立です。この本殿の柱に施されている木彫りの装飾ですが、蛙の彫り物が置かれています。通常は竜頭などが多く見られます。この神社の在る地方は、(古今集)に ”かじかなく井手の山吹ちりにけり花のさかりにあはましものを”と詠まれています。井手地方を流れる玉川と、蛙は、当時の和歌の代表的な語彙であったらしく、そんな由緒があって、蛙の彫り物が置かれているようです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

まだまだ竜をさがして

2012-01-21 06:10:02 | 楽しい鬼がわら
近江八幡市の市立{かわらミュージアム}で,今年の干支にちなんだ(天翔けるかわらの竜)の特別展覧があることをニュースで知りました。静かな八幡掘りの川沿いに佇むミュージアムに、珍しい竜を模した展示物がありました。展示を見るまでは、竜の鬼瓦に阿吽の物が使われていた事は気ずきませんでした。この写真は竜の飾り瓦です。長さが1.5メートルぐらいある口を大きく開いた阿吽の阿の形のようでした。対の吽の口を閉じたものもありましたが、吽のものは形の面から、私的には面白さにかける感じがしました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

珍客の来訪あり!!

2012-01-18 06:08:42 | ベランダ 小鉢に見る四季
高層ビルの上階に住まいしていますので、小鳥が訪れることはまず有りません。たまたま外の景色を眺めていましたらベランダに小鳥が飛んできました。珍ずらしいことですのでカメラを取り出し、望遠でパチリ。見ていますと花開くのを待ち侘びている紅梅の花芽をお美味そうに啄ばみはじめました。小鳥にご馳走するのか?私が花を楽しむのか?どちらを優先するのか戸惑いましたが、結局は小鳥にご馳走することにしました。啄ばむしぐさの小鳥の愛らしさに負けました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

神戸の1番街

2012-01-15 06:17:55 | 煙草の包装紙と その時代
地震による大規模な災害としては、神戸、淡路の災害と昨年の東日本大地震がありました。神戸の元町1番街の商店が配布されたロングホープ4本入りの煙草のデザインです。ケースに描かれている商店街のイラストの雰囲気は震災で壊滅されたと思いますが、現在ではより立派な商店街になられたと思います。東日本もより早い災害からの復興を願うばかりです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

白鳥に逢いたくて…

2012-01-14 05:41:52 | 自然 景色 風景 **
ニュースでは、昨年の暮れには琵琶湖の湖南、草津市、志那の湖岸にシベリアからの冬の使者、白鳥が飛来したと伝えられていました。ここで、毎年のように、数羽の白鳥が、広い湖のなかに羽を休めている優雅な姿を観賞していました。今年も楽しみに11日に湖岸を訪れたのですが白鳥は来ていませんでした。ユリカモメやオシドリの群れが波間に浮かんでいました。遠く対岸に写るビル郡は大津市です。お世話されている管理者のお話では、今年は水量が多くて湖底の餌さを取りにくいためではないか?とのことで、例年のように毎日現れることはないようでした。それでも数名のカメラマンが、三脚にカメラを据えて白鳥の現れるの待ちわびていました。湖西、湖北の地方には600羽ぐらい来ているようです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

竜をさがす

2012-01-11 06:08:11 | その他 気のむくままに
今年2012年は閏年で辰年です。楽しい竜の姿を探していました。この正月に比叡山、天台宗総本山の千日回峰の難修行を達成された叡南俊照あじゃりが住職をされている比叡山麓、坂本の律院。ここで頂いた開運招福の付け下げです。長さ25mmほどの木片に刻まれた竜の風貌に面白さを感じました。有名人の参詣も多く、この正月の五日には、野球でアメリカの大リーグに挑戦するソフトバンクの和田投手が訪れて祈願され、そのご渡米されたとも聞いております。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

越冬、休眠中です

2012-01-08 06:25:43 | ベランダ 小鉢に見る四季
栽培している富黄蘭を越冬させるために、屋内の暗所に移して一休みさせています。三月の中旬までは十日に一度ぐらいの水遣りで眺めています。花つきの良い年とよくない年がありますので、今年の八月花期には良い花を楽しみたいと願っています。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加