隣のお父さんの、見たこと、聞いたこと、感じたこと

季節を教えてくれる小鉢のミドリ、自然の風景、私の興味をそそる鬼瓦、コレクションの煙草の包装紙、文化etc‥‥、

メルヘンって なに?

2016-10-05 05:57:05 | 煙草の包装紙と その時代
大阪の繁華街、宗右衛門町にあった洋酒喫茶の進呈タバコです。店の名称ですが、喫茶店ではアルコールを出しにくいし? 洋酒と記せば酒も出せる? のかな  どちらにしても名称にしっくりと来るものがありませんが ? 洋酒喫茶ってなになのか、文字のとうり? 分からん               
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

 太陽の塔 ?

2016-10-01 06:04:06 | 煙草の包装紙と その時代
太陽の塔は1970年に大阪で開催された、日本万国博覧会で建設されたシンボルタワーです。写真は万博当時に、大阪の船場《セルフの大西》が作られた特別包装のハイライトのタバコです。この包装紙のデザインの中に太陽の塔が描かれています。2017年にはタワーの内部も公開されるよていのようです。次回の万博は2025年に大阪で、再度開催されますが、1200億円の建設費と770億円の運営費がみこまれています。45年前、前回の万博ではどれくらいの費用だったのかな?
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

児島競艇でのおくりもの

2016-09-21 06:20:22 | 煙草の包装紙と その時代
1971年、およそ45年前の競艇開催の時に贈られたタバコホープのようです。開設19周年記念記念特別競争と タイトルされていますので、逆算しますと1952年に競艇場が開設されたようです。歴史は古く60年以上もまえに競艇ギャンブルが有ったことになります。賭け事と人間の悪循環はなかなか切れないようです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

オリンピックが来た!

2016-09-10 06:03:21 | 煙草の包装紙と その時代
現在、2016年の9月8日から12日間にわたり、日本とは地球の裏側ブラジルで、パラリンピックが行われています。パラリンピックが終わりますと、いよいよ2020年の東京オリンピックになります、前回の第18回東京オリンピックから52年、およそ半世紀ぶりの東京開催になります。日本の国は、この50余年のあいだに世界の先進国の仲間に入ることができました。2020年第32回東京オリンピックでは、より良い平和国家として、世界にアピールしたいものです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

煙草がうまい??

2014-08-23 06:02:49 | 煙草の包装紙と その時代
先日、JRの琵琶湖線、ある駅前広場で(今日も元気だ煙草がうまい)と記された旗のもとに集われた20人位の人々がいました。やがてペアで駅前広場の清掃をされていました。これらの人は煙草小売商の方でした。旗の文面には、近年すこし違和感をおぼえますが、喫煙者の減少で、少しでも多く売れるようにとの、ボランティア活動のようでした。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

有害な煙草は外国え?

2014-03-15 05:58:18 | 煙草の包装紙と その時代
ラーク。数十年以前に日本国内で販売されていたアメリカ製造のたばこの包装紙です。日本語で(健康のために吸いすぎに注意しましょう)と記されていますが、横文字で(TAX、EXEMPT)米国以外で使用するときは米国の税金は掛からないと記されています。有害な煙草はアメリカ国内では売らずに、出来るだけ外国で売り捌く意図なのでしょうか?日本たばこ産業は、外国にこのような煙草の売りかたはして欲しくない思いです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

高島屋が煙草でコマーシヤル

2014-03-05 06:07:40 | 煙草の包装紙と その時代
京都の高島屋が名物の第八回大雑貨市を開催された時に、宣伝媒体として利用された特別包装のロングピースです。ほとんど50年ぐらい前の時代です。健康えの煙害もあまり考慮されていない頃ですので、店舗えの来客に贈られたもののようです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

sakuraの カラーフィルム

2014-02-20 06:00:36 | 煙草の包装紙と その時代
写真現像のラクヨーさんが10周年の記念品として配布された煙草です。チェリーの20本入りを利用されています。タイトルに《さくらカラー》はひかりがあざやかであると記されています。当時は撮影でフイルム使用が全盛の頃だったのでしょう。今はデジカメの時代になり、カラーフイルムを使うことは、少し遠い感覚になったようです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

これ 絹かな?

2014-02-15 05:48:35 | 煙草の包装紙と その時代
ビューロン。この名前あまり記憶にありませんが、アクリル繊維の名称でした。タバコの特別包装の包紙のコレクションを眺めていましたら、旭化成の製品と思われる品の宣伝に気付きました。《千ありて絹とおもえる品一つ》又、《着る人の心につたわる絹ずれの音》とタイトルが記されています。絹糸に代わるものとして期待されたようですが、この製品は2002年に採算がとれなくなり、生産を打ち切られたようです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

情報の宝の山?でした

2014-01-04 06:15:51 | 煙草の包装紙と その時代
1985年の国際科学技術博覧会に協賛して VICTOR 社が出された煙草マイルドセブン包装紙えの広告です。約30年まえの時代ですがビデオデスクの価格が 148、000円と記されています。日進月歩の技術の進歩がある時代とはいいながらも、現在のパソコンなみの値段であることに驚きです。ビデオデスクは当時の憧れの最新情報源だったと云うことでしょうか……
コメント
この記事をはてなブックマークに追加