隣のお父さんの、見たこと、聞いたこと、感じたこと

季節を教えてくれる小鉢のミドリ、自然の風景、私の興味をそそる鬼瓦、コレクションの煙草の包装紙、文化etc‥‥、

リサイクル煉瓦の広場

2009-03-29 06:09:47 | その他 気のむくままに
JR琵琶湖線の南草津西口にある煉瓦舗装の広場です。近頃は、あらゆる分野でリサイクル、リサイクルと云はれていますが、ここ、リサイクル煉瓦で舗装された駅前は美しい顔をみせています。浄化センターで出てくる下水汚泥のスラグの焼却灰を高温で固形化したものとかですが、汚泥までが美くしい資材に変わることに一驚しました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

相撲の観賞

2009-03-28 06:15:51 | その他 気のむくままに
先日、大阪三月場所の相撲を、正面溜り席(砂かぶり)で観賞する機会に恵まれました。いつもはテレビで楽しんでいますが、実際に場所を訪れますと、力士、行司、観客が一体となってかもし出す独特の雰囲気が感じられた。又、テレビでは感じられないのですが、控えに座っている力士の表情、そして取り組み中に力が入っていく力士のゆがんだ表情や、息ずかいまでが見えて楽しませてもらいました。土俵の大きさはテレビで見るよりは小さく感じられた。横綱の土俵入りの綱の後ろの飾り結びの丸型は、朝昇竜は背中にそって一つ、そして白鳳の飾り結びは背中に直角に二つ有ることにも気がつきました。所作も違いますが雲竜型と不知火型では背中の結びかたも違うようです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

丸山の櫻

2009-03-23 06:31:20 | 自然 景色 風景 **
今年は櫻の開花が早いようで、いちはやく綻んでいる樹も見かけます。昨日22日に京都丸山公園をおとずれましたら、公園と隣接する八坂神社近くの枝垂れが咲いていました。さすがに丸山公園で有名な大きな枝垂れは、まだ硬い蕾のままで、花を楽しむにはまだ、ほどとおい風情でした。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

空でのご活躍!

2009-03-22 06:17:28 | その他 気のむくままに
青空にうかぶ、クレーンの運転操舵室。ビルの15階ぐらいの高さで、技術者が操舵室を回転させ、荷物を吊りあげて、上下左右にリフトを操っていました。高所恐怖症ぎみの私では足の下に何もないと思うと、落着きません。仕事とは云え、大変なお仕事だと感じいりました。それにしても三ヵ月におよんで国際宇宙ステーションに滞在される、宙飛行士、若田さんのご苦労は、その何十倍のものであろうとおもいやられます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

晴れまを知る

2009-03-21 06:51:00 | ベランダ 小鉢に見る四季
電照菊と云う育成法があり、菊は明るさによって開花を調整して出荷時期にあわせることは聞いていました。我が家の菊、ノース、ポールがその日その日の天気にょって満開にひらいたり半開きになることを先日はじめて知りました。棚にかざってありますので、毎日眺めていたのですが、このような日々の変化には気がつきませんでした。これは日中の天気が良くて花びらが開いている状態の時のものです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

春の顔

2009-03-15 06:15:50 | ベランダ 小鉢に見る四季
芽ぶいて春を感じさせてくれた春蘭の一輪が顔をみせてくれました。茂った葉の間から、うつむき加減に優しい顔をみせてくれています。下から覗きこむように、花の顔をながめて、楽しんでいます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

なごみの梅花

2009-03-14 06:14:07 | 自然 景色 風景 **
あちらこちらの梅だよりが新聞に知らされているようです。jr駅前の公園に咲いていたこの花ですが、ホームからも眺めることが出来ますので電車待ちの乗客の目を楽しませているようです。名所の観梅も素晴らしいのでしょうが、駅のホームから身近に見ることのできる、この梅のほうが、より多くの人、人をなごませているようです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

うごめく春

2009-03-08 06:09:43 | ベランダ 小鉢に見る四季
暖かく感じる昼下がり、ベランダの片隅に置いてあった春蘭の7センチ位に伸びた花芽が4本~5本と顔を出していました。時々水をやる位で、棚下に放置されたような状態でしたが、それでも春を忘れずに顔をだしてくれました。野草の花開く強靭な生命力をかんじたひと時でした。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加