隣のお父さんの、見たこと、聞いたこと、感じたこと

季節を教えてくれる小鉢のミドリ、自然の風景、私の興味をそそる鬼瓦、コレクションの煙草の包装紙、文化etc‥‥、

京都最大の円墳

2011-01-30 05:48:28 | 歴史の道しるべ
近畿自動車道の土木工事の整備がすすんで、現れたのが京都府下で一番大きい綾部市の私市丸山古墳です。平成6年に国指定を受けました。三段に築かれていて上段と中段に1500個の埴輪を巡らしていました。今、目にしている埴輪は複製のものです。京都府下南部の豪族の古墳らしく、眼下の左方に日本海に注ぐ由良川が見てとれ、右前方には福知山が望める高地に築かれています。これらの地理的な位地と規模から、由良川中流の最大の首長墓と考えられています。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

勇ましい? 消防

2011-01-29 06:12:31 | 煙草の包装紙と その時代
火消と云えば、町奉行大岡忠相の江戸時代から明治のころまで男らしい仕事のようにとられていたと思います。1980年が消防100年記念年にあたりますので、1980年、昭和55年に記念煙草が発行されたようです。大八車に乗った竜吐水や鳶口、刺又、竹梯子、など、幕末当時の消火道具がデザイン化されています。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

下りてきた鬼瓦

2011-01-26 05:32:22 | 歴史の道しるべ
いつ頃の年代の物なのかはよく分かりませんが、風雪に耐えて傷みがはげしいので屋根から下ろされ庭の一隅に置かれていました。いつもは屋根の上のほうにある鬼面を、下から眺めていましたが、おなじ目線で眺めると、又,違うものを感じます。まず頭髪のようなものが少ない。角が前方に突き出ている。牙はちいさくて短い。目はさすがに上部にある物なので、下向き目線になっているようです。そのようなことを感じていました。この鬼さん、門前に誕生して産湯をつかったと云はれる足利尊氏を見ていたのでしょうか? (安国寺にて)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

パートナー と云う煙草

2011-01-23 05:50:10 | 煙草の包装紙と その時代
特別包装と云う名称で、関西、岡山、四国、等で煙草が宣伝媒体に利用されていましたが、この包装紙は贈呈、専特1982とあるだけで、どこの専売局の許可ななか、どこで使用された物なのか、いつ頃の物なのか、判じようもありません。パートナーと云う煙草は昭和53年(1978年)から販売されていますが、たまたまパートナーと云うお店が使用されたのかな?と推察したりしています。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

大放水ショー!の舞台

2011-01-22 06:12:24 | 自然 景色 風景 **
厳しい寒気の襲来で無事故を誇っていた新幹線も、滋賀の鈴鹿峠に近い豪雪地帯に雪が積もると、さすがに徐行運転を余儀なくされているようです。先日の寒い朝、8号線の小篠原近いこの地点で、田畑の中を走る新幹線の軌道から、一斉に出初式のように放水されている風景に出会いました。30メートル間隔ぐらいでしょうか、高さ10メートル、見渡せる1キロぐらいの距離にわたって左右に揺れる何十本の放水がみられ、素晴らしい光景でした。聞くところによりますと、線路の凍結を防ぐために不凍液を散布されているとか?この広大なスペクタクルを一人占めで眺めることが出来て感激でした。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

安国寺の猿?

2011-01-19 06:19:47 | 歴史の道しるべ
室町幕府の初代将軍、足利尊氏は幕府を開くと、国家安泰を祈願して国ごとに安国寺を建てさせました。出生地にちかい、この綾部の寺院を諸国安国寺の筆頭としました。この安国寺拝殿の正面、蛙又の中にある猿がこの拝殿を支えるようなポーズを取っているようにみえるのですが。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

bonnbonnボンボン です

2011-01-16 05:35:16 | 煙草の包装紙と その時代
大阪府堺市で、いつの頃なのか?どのような形体の業種なのか?うかがう術もありませんが、ロングピースの4本入りを宣伝媒体としてお使いになっています。タバコの外箱としてはシンプルで楽しい図柄ではあります。関西専売局の許可ナンバーもわりに小さい方ですので、宣伝に、力を入れておられた業体でしょうか。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

koubai紅梅

2011-01-15 06:17:43 | ベランダ 小鉢に見る四季
今年は寒い雪の多い春先です。紅梅を求めたのですが綻びはじめると一輪ほどの温かさとか云はれますが、それどころか、一斉に蕾がふくらんで賑やかです。冬の寒空には白梅の方が温かさを感じさせるのでは?と思ったりしています。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

大原の産屋

2011-01-12 05:47:18 | 歴史の道しるべ
江戸時代の前期から利用されていたお産のための施設です。内部は三畳ほどの広さがあり,藁十二束と弧を敷き、布団を敷き取り上げばあさんが介助して、天井から下がった力紐を使用した座産だったとのこと、産後七日間泊ったようです。現代から省みてずいぶん産婦を粗末にあつかったように見えるのですが、じつは逆で、この産屋、大変温かく、当時の、舅、子舅と同居する多人数生活様式では、産婦にとってここで過ごす1週間は極楽だったようです。大正2年ぐらいまでは実際に利用されました。数百年いぜんからのの事とはいえ、想像がおよびません。京都の安産の神としてしられる、綾部、大原神社の門前の川向こうにありました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

迷惑電話?

2011-01-09 06:25:25 | その他 気のむくままに
掛かってきた電話がデイスプレイの表示で非通知の時と、0120フリーダイヤルの場合は、ほとんどの場合たいした用件ではまずないので無視して受けません。090、あるいは050 からかかってくる電話も、所在不明の浮き草のようなものと思はれますので、知人のナンバーでないかぎり、受話器を取りません。090 であっても宅配便の配達の人や、たまに必要な電話もありますので、090からの電話で受話器を取る時は警戒心でつい無愛想な対応になります。迷惑電話の対応は困りものです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加