河野美砂子の「モーツァルト練習日記」+短歌+京都の日々の暮らし

9/30(土)13時半【生演奏でバッハを③】「フランス組曲」3番、6番。NHK文化センター京都教室(大丸より徒歩5分)

ピアノトリオ2曲!

2017-05-09 00:04:25 | シューベルト
今度の日曜日、アルティでの室内楽演奏会です!

ベートーヴェンの「ピアノトリオ第1番」というのは、
実は、ベートーヴェンのデビュー作なのです。

それまでにも彼はいろんな曲を書いていて
一度は「作品1」として出版までしていたのですが、
それを廃棄。

このトリオを含む3曲をセットにして「作品1」として世の中に問うたのです。

このあと、ベートーヴェンが、多くの ★「ソナタ」★ を書くのですが、
その第一歩がこの曲だと思うと、なにか感慨深いものがあります。

★「ソナタ」★とは、
「ピアノソナタ」や「ヴァイオリンソナタ」(正確には「ピアノとヴァイオリンのためのソナタ」)だけでなく、
 
 ①弦楽四重奏曲は、2vn、va、vc のためのソナタ
 ②ピアノトリオは、vn、vc、pfのためのソナタ
 ③交響曲は、オーケストラのためのソナタ
 ④協奏曲は、独奏楽器とオーケストラのためのソナタ

などなど、ベートーヴェンの書いたほとんどの曲は「ソナタ」だったのです。。。

この曲に関しては、故・ピーナ カルミレッリさん(元イ・ムジチ合奏団首席)の
忘れられないエピソードがあるのですが、
それは、当日のプログラムノートに書きましたのでごらんください。

・・・・
シューベルトについては、また明日にでも書きます。


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« シューベルト「ピアノトリオ... | トップ | シューベルトの、ベートーヴ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

シューベルト」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL