河野美砂子の「モーツァルト練習日記」+短歌+京都の日々の暮らし

9/30(土)13時半【生演奏でバッハを③】「フランス組曲」3番、6番。NHK文化センター京都教室(大丸より徒歩5分)

台風で延期!

2012-09-30 17:33:02 | ミニ演奏付き講演会
今日2時からの本番【「楽譜ってなに?」ミニ演奏+お話】、
なんと台風のため、10月14日(日)2時に延期!

台風で本番延期って、初めての経験(だったと思う)。

「暴風警報」が出ると、芸大なども休講になる(前期にも午後から休講になったことアリ)。
その後、また朝から京都に「大雨警報」が出たので、
休講かと思い(with 秘かな喜び)教務課に確認したところ、
「〈大雨〉ではなりません、〈暴風〉でないと」とのことで、やや落胆しました(笑)。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

楽譜ってなに?

2012-09-25 00:24:58 | ミニ演奏付き講演会
恒例の、ミニ演奏付き講演会です。
次の日曜。
今回は「悲愴」「月光」など、いろいろ弾きます。          

楽譜、というと、やっぱりベートーヴェンのお話が多くなりそう・・?

私が発見した(?)ベートーヴェンチェロソナタ5曲の
楽譜に残されたベートーヴェンのメッセージも、今回初披露の予定です!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    楽譜ってなに?~メッセージを読み解く~

   ― お話と電子ピアノによるミニ生演奏で、クラシック音楽の知識を具体的に―   

バッハの自筆譜などは視覚的にも美しいものですが、作曲家が書き残した楽譜を読み込んでいくと、思いがけない意図が隠されていることがあります。

楽譜を媒介に、現代に生きる私たちが、時と場所を隔てて昔の作曲家と会話するような楽しさ。
その面白さを具体的にお話し、また演奏を聴いていただきます。

     ♪当日生演奏予定曲 
        ベートーヴェン   ピアノソナタ「悲愴」「月光」より
        ショパン      「別れのワルツOp.69-1」
        シューマン     「子供の情景」より
          同        「フモレスケOp.20」より  その他
   
    ■ 2012年 9月30日(日)午後2時~4時
    ■ 受講料 2200円(教材費300円別途要)
    ■ 京都リビング新聞社(京都大丸より、北へ徒歩5分)
       京都市中京区蛸薬師通高倉西入ル
          
    ■ 主催(問い合わせ・申込み) リビング カルチャー倶楽部
               電話075-212-4728 京都リビング新聞社
         (平日午前10時~午後6時、土日午前10時~午後3時、祝日除く)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ジョン・ケージ BS

2012-09-20 21:51:44 | モーツァルトに関係ないですが。音楽関連♪
先日、BS3で、ジョン・ケージやってた!

「水の音楽」など演奏と、ドキュメンタリーも。
TVでケージを延々とやるようになったのね。

ケージは今年9月5日、生誕100年ですが、誕生日わたしといっしょ!!
ケージがシェーンベルクに習っていた時のエピソードがオモシロイ。

プリペアードピアノのための曲の楽譜は、当初は、ピアノの弦に挟むモノ(ネジなど)が楽譜に付いていた(!)らしいけど、採算が合わないためか、今は楽譜のみの販売とか・・・(笑)。

自己表現を否定する、という意味で、易経(筮竹)を使って作曲した話は有名ですが、
易経と言えば、亡き河合隼雄先生も、実はけっこうその世界に近かったような・・・。
絶対に公言されませんでしたけどね。

ドキュメンタリーの方では、アルディッティvnとかジョン・レノンとオノヨーコとか。。。

後半のNHKスタジオ録音の方では、一柳慧さんのピアノ!
ひっさしぶりに聞きました~。
さすがケージの第一人者デス。

・・・以下ラインナップ。
1.4分33秒(ジョン・ケージ)(スタジオ環境音)
2.ある風景の中で(ジョン・ケージ)
3.危険な夜(ジョン・ケージ)
4.居間の音楽(ジョン・ケージ)
5.バリエーションズⅥ(ジョン・ケージ)
6.One9から第5曲(ジョン・ケージ)
7.0分00秒(ジョン・ケージ)(スタジオ環境音)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

モーツァルトの光と翳 in 亀岡

2012-09-15 01:02:56 | モーツァルト関連
「モーツァルトの光と翳」 演奏+お話 を亀岡で、本日やります!

以前のリビングカルチャーの内容とはまた違ったもので
金田仁美さんゲストで、ソロ、連弾など。

スライドショーもあり(用意めちゃタイヘンでした)、
私も初めての形式での2時間です!!!!

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

赤とんぼ・・・

2012-09-13 01:18:35 | モーツァルトに関係ないですが。音楽関連♪
「赤とんぼ」のアレンジの必要があり、
考えあぐねて(「負われて​見たのは」あたりのバスとハーモニーがけっこううまくいかない・​・)
youtubeで検索してみたら、こういうの に当たりました!

歌が出てきて、思わずのけぞり、つづいて抱腹絶倒。。。

歌手がだれだかわかったら、ナットクしました。。。。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

日曜満席になりました

2012-09-04 21:38:26 | アトリエ・ワムコンサート
第6回 アトリエワムコンサート、10月6日(土)5時+10月7日(日)3時の2公演のうち、
日曜公演が満席になりました!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

新しい音楽会の形 【アトリエ・ワム コンサート 第6回公演】
     

      ■ チェロ・河野 文昭 + ピアノ・河野美砂子
      ■演奏曲目     
        J.S.バッハ    無伴奏チェロ組曲 第6番ニ長調 BWV1012
        ジョン・ケージ  「4分33秒」
        メシアン     『世の終わりのための四重奏曲』 より
                     「イエスの永遠性への賛歌」
        ベートーヴェン  ピアノとチェロ(ホルン)のためのソナタ ヘ長調 Op.17
           同      モーツァルト「魔笛」アリアによる12の変奏曲 Op.66
           同      ヘンデルの主題による変奏曲 WoO.45

毎回プログラムは
    ①古今の名曲(バッハの無伴奏チェロ組曲+ベートーヴェンのソナタ)
    ②めったに聞くことのできない珍しい作品
     という組み合わせです。

     今回の ① のベートーヴェンのソナタは、オリジナルはホルンとピアノのための
     作品ですが、ベートーヴェン自身がチェロのためにも楽譜を残しているものです。

      ② は、今年生誕100年のジョン・ケージの名を一躍有名にした『4分33秒』と、
     同じく20世紀を代表する作曲家、オリヴィエ・メシアンが、第二次世界大戦中に
     ドイツ軍の捕虜として収容所に入れられていた時に作曲、初演された作品 
     『世の終わりのための四重奏曲』 より 1曲を演奏いたします。
     
     
(全2回公演) 
  ◆2012年 10月 6日 (土) 午後 5 時(4時30分開場)
  ◆2012年 10月 7日 (日) 午後 3 時(2時30分開場) ・・・満席 9/4
                     
      ■アトリエ・ワム
       ・千本北大路より徒歩4分 〒603-8227 京都市北区紫野北舟岡町41
      
      ■チケット  一般 3500円   学生 2000円  
            
      ■申込・問い合わせ  コンサートモーツァルト
       ※受け付け次第、チケット、地図詳細、郵便振込用紙などをお送りします。
                 
         ・電話    075-432-0117  (月~金曜日・10時~5時 祝日休)
         ・ファクス  050-1359-4384
         ・メールでも受け付けます。
           アドレスは、ウェブサイト「紫野通信」をご覧ください。
         ・郵便振替口座No. 00990-1-192739
                 (加入者名「コンサートモーツァルト」)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加