河野美砂子の「モーツァルト練習日記」+短歌+京都の日々の暮らし

9/30(土)13時半【生演奏でバッハを③】「フランス組曲」3番、6番。NHK文化センター京都教室(大丸より徒歩5分)

ヘンゼルとグレーテル・フンパーディング つづき

2016-12-19 01:51:42 | オペラ
さっきの続き。

オペラ「ヘンゼルとグレーテル」BS、
魔女が登場して、どっかで見たことある・・・とずっと思ってて、
今やっと判明。

片山杜秀!

・・・あの牛乳瓶の底のような(この比喩は、ある年代以上の人にしか通じないでしょうけど)眼鏡といい、
まるく見開いた眼といい。。。

それにしてもシュターツオーパー(ウィーン国立歌劇場)公演(ティーレマン指揮)、
オケすばらしい!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ヘンゼルとグレーテル・フンパーディング

2016-12-19 00:53:51 | オペラ
BSでフンパーディングのオペラ「ヘンゼルとグレーテル」放映中。

実はわたしこの音楽大好き。
ワーグナー的和声でありながらメルヒェン風のメロディの混ぜ具合がとってもすてき。

いまマツコそっくりのお母さん(笑)登場。

おっと、マーラー「不思議な角笛」とおんなじメロディが。。。これってもともと民謡なのですね。


このところめずらしく練習がたてこんでいて、
夜中にワイン飲みながらのこういう時間がごくらくごくらく。。。。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ダナエの愛

2016-10-24 02:06:35 | オペラ
すごいな~。このごろのザルツの夏フェスのオペラ(ただいまBS放映中)、
女性陣みんな・・が透けて見えてるえ~。。。

締切過ぎた原稿書き書きTVつけてます。。。。

R.シュトラウスの「ダナエの愛」

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

京都発!小澤征爾音楽塾 みました

2016-06-12 14:41:19 | オペラ
昨日のEテレで、「京都発!小澤征爾音楽塾」を見た。
つっこみどころ満載!

詳細は書けませんけど。。。以下だらだらと。。。

若い、経験のないオケにいきなり「フレーダーマウス」(こうもり)って、
小澤さんも、すごい決断をしたもの。

ある意味で、どんなシンフォニーや他のどんなオペラより
フレーダーマウスって難しい。
楽譜には書かれていない、テンポの揺れを始めとする感じ、雰囲気がイノチみたいなオペラだから。


リハーサルで、アデーレ役のソプラノが自由に歌おうとして、
でもあんまりやりにくくて
「私は指揮役はできないので、そちら(オケ)で音楽を作ってもらって、その上で歌いたい」
みたいなニュアンスの発言をしていた。

その直後の映像で、小澤さんが「Listen ! listen !(聞いて、聞いて!)」と言う。

この映像だけ見て言うと、これでは若いオケはわけわからなくなるかも。。。
「聞いて」、それに合わそうとすると、絶対に遅くなるので。。。

もちろん「聞く」ことは基本中の基本だけど、むやみに相手に合わすのではなく、
オケと指揮者は、ある意味で歌手よりもずっとこのオペラのことを知っていなければならない。
その確信のあるバスとハーモニー、リズムの上で、歌手は自由に飛翔できるのだ。

これって、映像の編集の加減でどうにでもなることなのでツッコむのはオトナゲないかもしれないけど。


たぶん、あの若いオケの人達は、ナマのフレーダーマウスを観たことない人が
圧倒的に多いと思う。
何時間かのリハより、ナマのオペラ鑑賞の方がずっと役立ったのでは?...と

ウィーンフィルのヴァイオリニストがアドヴァイザーとしていろいろ言っていたけど
彼がヴァイオリンを実際に弾いてくれたら、一番よくわかってもらえたかも。

その音楽塾オケのメンバーの1人が、
休憩時間にツィガーヌ(ヴィルトゥオーゾ的ヴァイオリン曲)を弾いてたのがちらっと映っていたけど
フレーダーマウスの超うまいオケの人達で、ツィガーヌなんか弾けない(興味ない?)人って
実はたくさんいると思います。

ツィガーヌは弾かないけど、フレーダーマウス弾かせたらピカイチみたいな人って、
ヨーロッパのオケとかにいっぱい居るんですね。
好きやわ~、そういうのって。


でも小澤さんの発言で良かったのは、
「オケの基本は弦楽四重奏の室内楽。
後ろのプルトの人は前に合わせるんじゃなくて、自分で音楽を作る」みたいなの。

よくぞ言ってくださいました。
室内楽、ほんとに音楽の本質です。
小澤さん、もっとみんなに大きな声で言ってください!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

オペラ「金閣寺」

2016-02-15 01:35:34 | オペラ
黛敏郎の「金閣寺」って、ドイツ語オペラやったんや!




コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

N響K.491

2016-01-24 21:34:24 | オペラ
いまEテレでやってるN響モーツァルトピアノ協奏曲ハ短調。

がっかり。。。。。。

モーツァルトの作品に対する愛がないとおもう。。。。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

トロヴァトーレ

2015-04-13 21:48:23 | オペラ
昨日夜中のBS。
途中から見た、去年のザルツブルク音楽祭のオペラ「イル トロヴァトーレ」。
遅いのですぐ寝るつもりが、最後(夜中3時半!)まで見てしまった。

なにしろ歌手二人がすばらしかった。
マンリーコ: フランチェスコ・メーリ
レオノーラ: アンナ・ネトレプコ

・・ルーナ伯爵: プラシド・ドミンゴは、敢闘賞というところでしょうか。
ダニエレ・ガッティ指揮ウィーンフィル。

実はこのオペラ、ン十年前にウィーンに行って、はじめて
シュターツオーパー(国立歌劇場オペラ)で見たオペラ。

当時はネットもなく、ストーリーもわからないまま見て、
たしかアズチェーナ役がバルツァだったような気がするけど、
ただただ暗いオペラやな~、くらいしか印象なかったのです。

昨日の印象はそれとは全然ちがってて、
なんでこんな悲劇の場面でブンチャッチャやねん!・・と
ヴェルディにツッコミ入れながらも、
二人の歌手にしんそこ魅了されました。

歌手自体に魅了されるって、私にしては極めてめずらしいことです。

・・で、最後の劇的な場面、殺されたのは実は・・・、という箇所ですが、
ン十年間、私はそのことを知らずに過ごし、昨日はじめて
その真相を知ったのでした。。。。!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加