河野美砂子の「モーツァルト練習日記」+短歌+京都の日々の暮らし

9/30(土)13時半【生演奏でバッハを③】「フランス組曲」3番、6番。NHK文化センター京都教室(大丸より徒歩5分)

宇治シティフィル

2017-01-20 00:38:02 | モーツァルト関連
今度の日曜、脇坂英夫氏の指揮のもと、宇治シティフィルの皆さんと
モーツァルトハ短調コンチェルトK.491 第24番を弾きます。

オリジナルのカデンツァがないので、今回も、河野美砂子作のものを。

前回、K.482 変ホ長調 第22番を弾かせて頂いたときも、
オリジナルカデンツァがなかったので、河野美砂子作を弾きました。

そのときは、
プログラムの第一曲がモーツァルトの「後宮からの誘拐」序曲だったので、
カデンツァの中に、その「後宮」の一部を入れましたが、

実は今回も、カデンツァの途中に、
チャイコの5番シンフォニー(今回プログラムのメイン)より、第3楽章の一部を
組み入れてみました(笑)。

私の自慢は、その第3楽章ワルツはイ長調なので、イ長調のまま入れたこと。
つまり、カデンツァの最初はハ短調で始まり、転調に転調を重ねてイ長調に行き、
また結局ハ短調に戻るという、そこんとこ!



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

福岡 直方市谷尾美術館室内楽コンサート

2017-01-11 00:45:20 | 室内楽
1月7日、福岡県直方(のおがた)市の谷尾美術館にて
室内楽シリーズの本番。

 ベートーヴェン チェロとピアノのための12の変奏曲(ヘンデルの主題による)

 バッハ 無伴奏チェロ組曲第6番

 一柳 慧 チェロとピアノのための「コズミックハーモニー」

 シューマン アダージォとアレグロ

 ベートーヴェン チェロとピアノのための7つの変奏曲(「魔笛」の主題による)

というプログラム。

毎回、バッハとベートーヴェンのソナタを、どちらも第一番から一曲づつ。
ベートーヴェンはソナタが5曲なので、今回は変奏曲になりました。

小さな町での、主催者の熱い熱い思いのこもったシリーズ。
たいへん貴重な演奏会です。

あたたかいお客様の雰囲気も最高でした。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加