河野美砂子の「モーツァルト練習日記」+短歌+京都の日々の暮らし

9/30(土)13時半【生演奏でバッハを③】「フランス組曲」3番、6番。NHK文化センター京都教室(大丸より徒歩5分)

シューベルト「ピアノトリオ2番」と「冬の旅」

2017-04-20 01:48:54 | シューベルト
今週の土曜日(4/22)です。

来月5月14日日曜、15時、アルティで演奏する
シューベルトの「ピアノトリオ第2番」を中心に取り上げます。

これは死の前年に書かれた名曲ですが、
同時期作曲の「冬の旅」と通底するものも探ります。

生演奏は、ピアノソロ「即興曲op.90」より1番と2番、「2つのスケルツォ」全曲。
これらも同じ年に作曲されました。

照り翳りするメロディ。

その秘密の一端として、調性の多様性が挙げられると思いますが、
たとえば「ピアノトリオ2番」の第一楽章だけで、なんと
23調が出現!

これってやっぱり異常状態ですよね。
晩年、と言っても31歳で亡くなってしまうのですが。。。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加