河野美砂子の「モーツァルト練習日記」+短歌+京都の日々の暮らし

9/30(土)13時半【生演奏でバッハを③】「フランス組曲」3番、6番。NHK文化センター京都教室(大丸より徒歩5分)

おにやんま in my car

2017-06-14 01:18:00 | 京都の暮らし
今日の学校の帰り!

帰りはいつも、ちょっと遠回りしてドライブ。
その途中で、大きなトンボが、車にいきなり入ってきました!!

九号線から桂川沿いに上がっていって、渡月橋から天龍寺、嵯峨釈迦堂(清凉寺)、大覚寺、竜安寺、仁和寺へ拔けるきぬかけの道(わたしらは観光道路と言いますが)。

広沢の池の手前あたりを窓全開で走ってたら、このトンボが。。。
オニヤンマですね。
なかなか逃げません。
とっても大きかったです。


ろくちゃんが来てくれたのかもって、後から思いました。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

福寿草とクリスマスローズ

2016-03-13 17:46:58 | 京都の暮らし
今年の冬はあたたかかったので、いつもはお正月早々に咲く福寿草が、
3月頃にようやく芽を出し黄色い花を咲かせました。

写真の黄色い矢印が福寿草(花終わりかけ)。

手前の、クリスマスローズと福寿草が同時に写真に撮れるのは珍しいかも。
いつもは、福寿草が知らぬ間に見えなくなってから、
クリスマスローズがむっくり花芽をもたげます。

右奥の鉢は、翁草です。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

秋の学校

2015-10-14 01:17:03 | 京都の暮らし
秋たけなわ。

学校(京都芸大)レッスン室107からの眺めです。

ススキと、たぶんセイタカアワダチソウ。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

黄色いヒガンバナ

2015-09-22 01:25:47 | 京都の暮らし
北大路大橋の近くの路地裏で見つけました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

杉本秀太郎先生逝去

2015-06-01 17:58:34 | 京都の暮らし
5日遅れで新聞読んでたら、杉本秀太郎先生が・・・!

お葬式も昨日に終わってる!!
ああなんたること。。。

杉本先生の書かれたさまざまな本。
今までことあるごとに読み返し、そのつど何度感嘆したことか。
読むたびに味わいを異にするような、ほんとうに奥深い文章。

去年12月、アルティの演奏会案内を郵送したところ、
年が明けてからだったと思うけど、体調が良くなく行けなくて残念、との
おたよりをいただいた。

その後、3月には、先生の大好きなピアノ協奏曲KV503(25番)を弾くので
アトリエ・ワムでの「2台のピアノによる モーツァルトピアノ協奏曲全曲演奏会第6回公演」をお知らせしたのだが、
やはり無理とのお葉書が。

「(・・前略)
第二楽章の あのくだりが、単純で深く、
おふたりの協奏を聴きたかったのに残念です。

花見頃、そしてひな飾り。

  過ぐる世のひいなや頬の夕あかり  秀 」

と結ばれていました。。。。

杉本先生にはいろいろお世話になったことがあり、
このブログの「S先生宅訪問記」に詳しく書いています。↓
http://blog.goo.ne.jp/misakn95/c/bfa3a9a90988cdc96e751ff9f6f37bd0


コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

テッセンとヒメウツギ

2015-05-03 01:26:20 | 京都の暮らし
白いヒメウツギも。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

テッセン

2015-05-03 01:24:01 | 京都の暮らし
今年もテッセン咲きました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

雪かき2

2015-01-04 00:58:22 | 京都の暮らし
こちらは、家の正面。

こちらの雪かきは幅ひろく。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

雪かき

2015-01-04 00:51:07 | 京都の暮らし
大雪でした。

ふだんやったことない雪かきをしました。
昨日のうちにコーナンでシャベルを買っておいたので。

うちは角地なので、けっこうな距離。
こちらは私道の砂利道。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

休講理由

2013-11-03 15:23:55 | 京都の暮らし
以下、先週のお話です。。

土曜=敦賀本番
日曜=京都・2日続けて本番
火曜・学校+夜フォルテピアノ演奏会聴きに
水曜・コンクール(神戸)伴奏+短歌教室レジュメ作成
木曜・平日歌会
金曜・神楽岡歌会+飲み会
土曜・家の10年点検のため工務店の方々来訪(この家建てて10年=家中を点検してもらうため、それまで必死の準備=掃除)
日曜・短歌教室+夜オーディション(大阪)伴奏

・・という激務の9日間(特に家中の掃除・・)の末、
月曜にヨガへ行ってデトックス?=疲れがどっと。。。
翌火曜、どうしてもベッドから起き上がれず・・学校お休みしました。。。。すみません、、、、

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

すごっ

2012-02-18 01:53:37 | 京都の暮らし
雪!!

すっご~い。。。。。



明日は、モーツァルトピアノ協奏曲15番~17番本番です。。。。。。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ドラゴンの髭と玉

2012-01-07 22:51:06 | 京都の暮らし
我が家の、玉龍(タマリュウ)・・・龍の髭と龍の玉デス。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

史跡ウォーク「紫野」

2011-05-22 20:24:15 | 京都の暮らし
ず~っと本番や講演会がつづいていたのが
ようやくほんの少しだけど時間ができたので「史跡ウォーク・紫野」というのに参加した。

京都市考古資料館横に集合、参加費無料で、以下のコースを歩いた。

・コースと所要時間:約2時間30分(約3㎞)

京都市考古資料館→紫野七野神社→建勲神社;船岡山→常槃井→衣懸け塚→弁慶の腰掛石→(森の家 休憩)→雲林院→若宮神社→(雲林院釣殿跡発掘紹介プレート)→玄武神社→紫式部・小野篁の墓 解散

・主な解説ポイント
紫野七野神社 建勲神社 弁慶腰掛石 雲林院(発掘紹介プレート) 紫式部・小野篁の墓

各所には、何人かの専門家(?)や愛好家などがいらっしゃり説明してくださる。

私は、毎日のろく(黒犬)の散歩で、ほとんどの場所は知っていたが(雲林院釣殿跡発掘紹介プレートだけは知らなかった)、
「衣懸け塚」と「弁慶の腰掛石」は、普段は見られない(個人のお宅の中)ので
今回はそれを見ることができて、とっても良かった。

荒れ果てた「衣懸け塚」はあわれを誘ったけれど、そこに大山蓮華(たぶん)のつぼみが・・・。
雲林院の庭にも大山蓮華がとてもとてもきれいだったです。

旧大宮通り(?)に「有栖川」が流れていたこと。
北大路通りを作った時に、それが無くなったこと(その名残が、大徳寺交番の横にあり)。
弁慶の「五条の橋」の逸話は、実は、この川に掛かっていた「ゴショ(御所?)の橋」が本当で、
聞き間違えから「五条の橋」になったらしいこと・・・など、
以前NHKTVでちらっと聞いた話も、ここで再び聞いた。

そういえば、旧大宮通りを上(かみ)に上がっていくと、「牛若」という地名をはじめ
義経伝説がたくさん。
義経はここらへんで生まれたらしい。
下(しも)の方にも、義経の逸話が伝わる首途(かどで)神社などがありました・・。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

雪像その後の後

2011-02-02 16:21:55 | 京都の暮らし
また一週間たちました。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

雪像その後

2011-01-26 01:23:02 | 京都の暮らし
一週間後の雪像です。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加