河野美砂子の「モーツァルト練習日記」+短歌+京都の日々の暮らし

9/30(土)13時半【生演奏でバッハを③】「フランス組曲」3番、6番。NHK文化センター京都教室(大丸より徒歩5分)

シューベルトト長調カルテット

2013-12-20 02:19:19 | シューベルト
先日、岡山潔弦楽四重奏団の定期で聴いたシューベルトのト長調カルテット。

シューベルトさん、イっちゃってるね~。

たぶん、どのピアノソナタよりも(遺作の3曲より)、もちろんどの交響曲よりも、
イっちゃってる度数マックス。

「冬の旅」はもちイっちゃってますが、音の数が少なくて
一曲一曲が、かなしいかな短い。

というか、連作歌曲として「冬の旅」は大きな作品でありますが、
形式の強さは、ソナタ形式にはかなわない。
そのぶん歌詞の補強があるので、全体としてはソナタ形式に対峙していますが。


ナクソスでもう一度聞いてますが、
やっぱ凡人にはついていけないほどの狂気。

このめまぐるしい転調はなんだ?!
なのに、明るくて軽いところも。。。
そこがいいのね。

スペインの若いカルテットで、ピリオドに近いと思われるものが
私には新鮮!

コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加