河野美砂子の「モーツァルト練習日記」+短歌+京都の日々の暮らし

9/30(土)13時半【生演奏でバッハを③】「フランス組曲」3番、6番。NHK文化センター京都教室(大丸より徒歩5分)

最終回でした!

2016-03-29 14:49:02 | モーツァルトピアノ協奏曲全曲演奏会
「モーツァルト ピアノ協奏曲全曲演奏会」3月26日(土)27日(日)、アトリエ・ワム。

モーツァルトのピアノ協奏曲、全27曲のうち
編曲ものと、複数のピアノのためのものを除いたものを
二台のピアノによって作曲年順に演奏するシリーズ、
今回が最終回でした。

毎回、二回公演で、
第一日目と第二日目で、ソロパートとオーケストラパートを交代する、という
おもしろい、と言えばおもしろいし、
演奏する方で言えば相当シビアな企画でした。

おかげさまでいつも大勢の方にご来聴いただき、
特に日曜公演は毎回早々と完売、
その後のお申込みの何人もの方に聴いて頂けなかったのが残念でした。

第一回からかかさず来てくださった方、
また今回初めての方もいらっしゃり、
中には「チケット代金4000円がこんなに安く感じたのは初めてです」(!)という
ご感想も頂きました。(^^)

ご来聴のみなさま、本当にありがとうございました。

また、ずっと共演してくださった上野 真 先生、
インターナショナルな演奏家というものの凄さを目の前で見せてくださいました。
本当にありがとうございました。


この花の木は、シデコブシ(幣辛夷)。
毎年この時期に咲きます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

モーツァルトさん!

2016-03-24 02:28:13 | モーツァルトピアノ協奏曲全曲演奏会
モーツァルトは早逝したけど、身体自体はとてもやわらかかった人だと思う。

「戴冠式」と、最後の27番を弾いてると、音型がホントに渦巻く。
しなやかな曲線。

それとは別に、次から次へと尽きないアイデア。
だから「戴冠式」はこんなに大きな曲になったのね。

でも。
物凄くナチュラル。


ハーモニーの、大胆で微妙なところ。

光と翳。


・・なのに、ホントは半音でつながってる。。。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

3月26日最終回

2016-03-16 19:21:56 | モーツァルトピアノ協奏曲全曲演奏会
このシリーズも最終回。

今日の朝日新聞夕刊に小さく載せて頂きました。

26日(土)17時、アトリエ・ワムです。
26番「戴冠式」と27番+中期の名曲14番も。

モーツァルト最後の本当にピュアな音楽をぜひ。

・・・日曜公演は完売しました。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

福寿草とクリスマスローズ

2016-03-13 17:46:58 | 京都の暮らし
今年の冬はあたたかかったので、いつもはお正月早々に咲く福寿草が、
3月頃にようやく芽を出し黄色い花を咲かせました。

写真の黄色い矢印が福寿草(花終わりかけ)。

手前の、クリスマスローズと福寿草が同時に写真に撮れるのは珍しいかも。
いつもは、福寿草が知らぬ間に見えなくなってから、
クリスマスローズがむっくり花芽をもたげます。

右奥の鉢は、翁草です。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

あああああのんくーる

2016-03-07 02:31:01 | Weblog
アーノンクール死去。。


ああ。。。


。。


コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加