河野美砂子の「モーツァルト練習日記」+短歌+京都の日々の暮らし

3/10(土)13時半【生演奏でバッハを】「イギリス組曲」5番、6番。NHK文化センター京都教室(大丸より徒歩5分)

オペラ「金閣寺」

2016-02-15 01:35:34 | オペラ
黛敏郎の「金閣寺」って、ドイツ語オペラやったんや!




ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 生演奏でたどるモーツァルト... | トップ | あああああのんくーる »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
N響のK491 (TOTORO)
2016-02-19 10:15:15
遅ればせながらビデオ録画を私も聴きました。オピッツはベートーヴェンやシューベルトは素晴らしいんだけれども、K491はフツーの演奏でしたね。私も40年クラシックを聴いていますが、他の作曲家の作品はうまいのにモーツァルトになると「あれれ・・・」という演奏家がピアニストに限らず結構います。やはりモーツァルトって、どこか特別ですよね。
愛が不足 (河野美砂子)
2016-03-05 00:07:45
モーツァルトって、一晩のプログラミングの中で、他の作曲家の作品との比較で聴くと、その良さがわかりにくいことも多いです。
けど今回の演奏は、ひとえに「愛が不足」。

コメントを投稿

オペラ」カテゴリの最新記事