河野美砂子の「モーツァルト練習日記」+短歌+京都の日々の暮らし

来年3/10(土)13時半【生演奏でバッハを】「イギリス組曲」5番、6番。NHK文化センター京都教室(大丸より徒歩5分)

厦門(アモイ)

2017-07-10 23:56:24 | 室内楽
怒涛の6月後半から7月前半。。。

6月25日より4日間、中国人民共和国の厦門(アモイ・中国語の発音は「Xiàmén (シァメン)」)という街に滞在、
演奏会やりました。

地図でいうと、台湾のちょうど西にあたる海沿いの街。
中国5大経済特区の一つだそうで、とても経済的に豊かな印象。
ベンツやBMWがめちゃ多く、私がお世話になった方はキャデラックに乗ってはりました。

気候は蒸し暑いの一言ですが、屋内は冷房強力。
ホテルは部屋ひろびろ。

厦門大学の関係で呼んで頂いたのですが、皆さん本当に良い方々。
若い女の子二人の名前の発音がどうしても覚えられなくて、
最後には、「斉 悦」さんは「えっちゃん」、
「解 静」さんは「しずかちゃん」と呼ぶことに。

写真は、ゲネプロの様子。





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

カンマ―ムジーク@アルティ第3回公演

2017-05-18 18:24:49 | 室内楽
14日の【カンマ―ムジーク@アルティ】

 ベートーヴェン ピアノトリオ第1番

 シュールホフ ヴァイオリンとチェロのための二重奏曲

 シューベルト ピアノトリオ第2番

    vn 玉井 菜採  vc 河野 文昭  pf 河野美砂子


予想外に多くのお客様のご来聴があり、当日のプログラム冊子が足りなくなりました。。💦 

一応300枚を用意していたのですが。。。
ありがたいことです。

当日の会場の皆様の拍手もいつもに増して熱いかんじ。
アンケートやメールでの多くのご感想もとっても嬉しく読みました。

少しでも多くの方に「室内楽」の良さを体感して頂ければ。。。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

福岡 直方市谷尾美術館室内楽コンサート

2017-01-11 00:45:20 | 室内楽
1月7日、福岡県直方(のおがた)市の谷尾美術館にて
室内楽シリーズの本番。

 ベートーヴェン チェロとピアノのための12の変奏曲(ヘンデルの主題による)

 バッハ 無伴奏チェロ組曲第6番

 一柳 慧 チェロとピアノのための「コズミックハーモニー」

 シューマン アダージォとアレグロ

 ベートーヴェン チェロとピアノのための7つの変奏曲(「魔笛」の主題による)

というプログラム。

毎回、バッハとベートーヴェンのソナタを、どちらも第一番から一曲づつ。
ベートーヴェンはソナタが5曲なので、今回は変奏曲になりました。

小さな町での、主催者の熱い熱い思いのこもったシリーズ。
たいへん貴重な演奏会です。

あたたかいお客様の雰囲気も最高でした。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

福岡・直方ほか

2016-08-29 01:12:14 | 室内楽
福岡県、直方に行きます。

3日土曜日午後3時からは、別府アルゲリッチ・しいきハウスで。
遠藤真理さん(チェロ)も出演されます。

その前は東京日暮里公演もありますが、こちらは完売しました。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

バッハ フルートソナタ h-moll ④

2015-10-15 17:06:28 | 室内楽
つづきです。
ヘンレ原典版の「おせっかい」について。

この楽譜はヘンレ原典版ですが、
赤矢印の箇所、カッコ付きでスラーが書かれています。

意味としては、「バッハの自筆譜にはここにはスラーは書かれていないが
それは書き落としなので、補筆した」ということ。

↑これって、時々ある「ヘンレ版のいらぬおせっかい」の典型。

バッハの自筆譜(のちほどアップします)には、はっきりと
ここには何も書かれていない。

それは書き落としでは決してなく、以前わたしが書いたように
フレーズが異なるからですね。

ヘンレ版と一口に言っても、曲によって編集者は違うので一概に言えませんが、
たとえばベートーヴェンのピアノトリオ全曲を弾いた時にも、
たしかOp.70-2、Es-durあたりで同じことを感じました。

べーレンライター原典版の方は、ちゃんと自筆譜の通りです。
原典版にもいろいろあるのですね。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

バッハ フルートソナタ h-moll③

2015-10-07 23:06:34 | 室内楽
前ブログのつづきです。

あの、バッハのオリジナルのアーティキュレーションって、こういう意味ですよね。
(赤と青の線でフレーズ分けしました。つまりドミナントとトニカ。・・ついでに、バスも緑色でアーティキュレイトしてみました)

しごく真っ当なんやけど、けっこう右手のシとファ♯を、手の癖でスラーで弾いてしまいそう。
(フルートのパートで、後に出てくる同じパッセージにはアーティキュレイションなしです)

バッハの鍵盤ソロ曲の自筆譜 or 原典版には、アーティキュレーションはあまり多く残されていないなか、
あらためてバッハが細部に書き残したことに触発されます。

この話にはまだまだ続きアリます。。。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

バッハ フルートソナタ h-moll ②

2015-10-04 17:34:58 | 室内楽
これが、バッハオリジナルのアーティキュレーション(チェンバロ右手に注目!)です。

この話にはまだまだ続きアリ。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

バッハ フルートソナタ h-moll

2015-10-02 00:12:39 | 室内楽
この前の土曜(9/26)、亀岡市の生涯学習市民大学にて大島義実氏(Fl.)と共演しました。

その時演奏したバッハの、チェンバロとフルートのためのソナタh-moll(すごい曲!)について、
備忘録として書いておきます。

★この楽譜、バッハのオリジナルのものから、チェンバロ右手のアーティキュレーションが消してあります。

あなたなら、どのようにアーティキュレイトしますか? 


・・・正解はのちほど。。。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

荒川クラシックbox

2015-07-23 01:01:31 | 室内楽
来週月曜27日午後7時、東京日暮里サニーホールにて「荒川クラシックbox」開催。

ウィーン・フォルクスオーパー歌劇場管弦楽団副主席の森川耕太氏と、
ウィーン・オーストリア放送交響楽団に長年在籍したあと、
現在はフランクフルト歌劇場オーケストラ所属の斎藤 幸氏のお二人を迎えて、ウィーンにちなんだ音楽を。

メインは、モーツァルトのピアノ四重奏曲第1番。
(チケットは完売しました。)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2台ピアノ モーツァルトピアノ協奏曲 9、24、25番

2015-02-09 23:23:40 | 室内楽
恒例になりましたシリーズも、残すところあと2回となりました(最終回は来年開催の予定)。

前回の23番までは番号順に演奏していたのですが、
今回は例外で、24、25番の他に、
上野 真氏たってのご希望で、初期の名曲第9番「ジュノーム」も演奏します。

例によって、第1日目は、ソロパート=河野美砂子、オーケストラパート=上野 真氏で
2日目は、ソロ=上野 真氏、オケ=河野美砂子となります。

24番、25番はオリジナルのカデンツァが残っていないので、
どのようなカデンツァになるかお楽しみに。

たぶん私は、自分で作ってみるつもり。



コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

アルティ公演

2014-12-08 01:55:54 | 室内楽
12月6日アルティ公演。

プログラムは、

ベートーヴェン「ピアノとチェロのためのソナタ第3番」
ヤナーチェク「おとぎ話」
一柳慧「コズミックハーモニー」
フォーレ「チェロとピアノのためのソナタ第2番」

でしたが、いろいろなご感想が届いている中で
一番の衝撃は、一柳の「コズミックハーモニー」を聞いて
「自然と涙が流れてきた」というものです!

詳細は、承諾を得ていないのでここには書けませんが。。。

今回は、人によって「良かった」と言われるものが違っていて
ベートーヴェンが一番、という方もいれば
ヤナーチェク、という方もいるし
上記のように一柳が最高、とのお声も多く
フォーレが気に入った、という方も。

同じ場で同じ演奏を聴いても、やはり人によって受け取り方が違うのですね。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

フォーレ チェロソナタ第2番

2014-12-03 00:55:35 | 室内楽
フォーレのチェロソナタ第2番Op.117

なんてすごい曲なんだ!!

第1楽章、弾いててぞくぞくする。

なんでこんな曲を書けるのだろう?!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

アルゲリッチ+馬簾簿医務

2014-11-17 00:26:37 | 室内楽
いまBSで、アルゲリッチ+馬連簿医務、もといバレンボイムのピアノデュオやってます。

今モーツァルトで、もうすぐシューベルトのヴァリエーションAs-dur(オリジナル主題による)D813。
めっちゃいい曲です!
ちょうど京都芸大で、デュオの試験のためにレッスンしてる曲なんです。

最後はハルサイだそう。


コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

チェロとピアノ 異界の音楽?!京都アルティ12/6

2014-11-07 23:10:50 | 室内楽
■ 問合わせ 申し込み  電話 075-441-1414(アルティ) 
・ファクス 050-1359-4384(コンサートモーツァルト)

12月6日(土)午後3時 @ 京都アルティ

チェロ河野文昭+ピアノ河野美砂子の室内楽演奏会!

ベートーヴェンのソナタ3番が名曲なのはもちろんですが、
たぶん皆さんご存知ないと思われるヤナーチェク「おとぎ話」、一生に一度は聴くべき曲です。
ぜ~ったい。
異界へ連れていかれるみたいな。。。

フォーレのソナタ2番も、「精神が真裸、むきだし」の音楽。
弾きながら途中で「あっ」と言いそう。。。

そして一柳さんのは「コズミック・・」ですから。。。。

ベートーヴェンの地上至高の音楽から、異界の音楽へ。


どうぞ皆さんぜひ聞きにきてくださいませ。(^^)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加