河野美砂子の「モーツァルト練習日記」+短歌+京都の日々の暮らし

9/30(土)13時半【生演奏でバッハを③】「フランス組曲」3番、6番。NHK文化センター京都教室(大丸より徒歩5分)

バッハ大解剖 その2

2011-04-15 17:09:53 | ミニ演奏付き講演会
先日、1回目は終わりましたが、続きを開催します。
この回だけの参加も歓迎です。
   
・・・・・・・・

ミニ演奏付き講演会 
             ミサコ先生の〈音楽の学校♪〉 
 ― お話と電子ピアノによるミニ生演奏で、クラシック音楽の知識を具体的に―    

               バッハ大解剖 (2回シリーズ)

「マタイ受難曲」の作者として名高い J. S. バッハ。 彼の音楽の基礎を、電子ピアノ生演奏やCDを聴きながら具体的に探っていきましょう。
バロック音楽の基本となる「通奏低音」(4月8日・・終了しました)、「ポリフォニー、対位法」(4月22日)を中心に、ハーモニーや調性、リズムなど前回までの〈音楽の学校♪〉の復習も予定しています。

演奏の実感、裏話など現場のピアニストならではのお話もお聴きのがしなく。
「今さら訊けない質問コーナー」もあります。
 
 ♪当日生演奏予定曲   
  バッハ「フランス組曲第4番変ホ長調 ・ 同 第5番ト長調」より 
      「パルティータ第4番ニ長調」より 
      「インヴェンションとシンフォニアより
         インヴェンション ハ長調、 シンフォニア ホ長調、 ト短調 他」
      「平均律クラヴィア曲集第1巻第3番嬰ハ長調」より ほか

    ■ 2011年 ①4/8日(金・・終了) ②4/22(金) いずれも午後2時30分~4時30分
    ■ 受講料 全2回 4200円(教材費700円) 
              ※1回のみの参加は応相談・・・お電話でご相談ください 

    ■ 京都リビング新聞社内(京都大丸南向かい)
    ■ 主催(問い合わせ・申し込み) 
               電話075-212-4728 京都リビング新聞社
         (平日午前10時~午後6時、土日午前10時~午後3時、祝日除く)
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

秀麗豚その後

2011-04-14 14:48:47 | 大震災
前の日記で書いた「秀麗豚に関するメール」、
送信した翌日にお返事をいただきました。

それによると・・

 当初、栃木県産秀麗豚に関して100%の安全性が保証されていなかった
 (福島県産の牛から基準以上の放射能が検出された等の報道があったが、それは
  結果的には間違いであった可能性が高い)ため、放射能検査に出しており、
  その間入荷をストップしていた。
 
 先日その検査の結果が出て、安全が確認されたので、来週から店頭で販売の予定。
 (検査結果が悪かった時の事を考え、別産地の商品をおさえていたため、
  秀麗豚の入荷には10日ほどかかる。)

 福島県の原子力発電所の状態が落ち着くまでは、毎月秀麗豚の放射能検査を実施し
 安全性を確認していく予定。

「弊社といたしましても被災地の商品をお客様に提供する事で、復興の力添えになれればと思います。しかしながら、安全な食品を提供することも我々の責務でありますので、今回のような対応になり、大変申し訳なく感じております。今後はいただいたご意見を元にもっと迅速に的確な対応をするようにいたします。」

とのこと。
20日くらいからまた入荷するそうです。

これに対する私の返信。

・・・・
返信ありがとうございます。
対応について、内容を拝読しまして納得いたしました。
また秀麗豚を食べられること楽しみにしております。 

できれば、こういう経緯を公開(たとえばサイト上にアップ)されることをお願いします。
私の場合、昨日メールを出し、本日返信を頂いたので了解しましたが、
その経緯がわからなかった昨日は、「本当に秀麗豚は安全でないのか」とか
「風評のみで入荷ストップなのではないか」などと想像し、不信感を持っておりました。

数値なども、たとえばサイト上に隠さずに詳細に公開される方が信頼感を増すと思います。

今後とも被災地応援を「具体的に」、「末長く」どうぞよろしくお願いいたします。
・・・・
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

秀麗豚

2011-04-10 15:34:07 | 大震災
以下、メールを転載します。
私が愛食していた豚肉「秀麗豚」(栃木県産)を扱っていた
近くのお肉屋さんへのものです。

・・・・・・

いつも××(伏字)のお店で秀麗豚を買っておりました(おいしいので)が、
今日買い物に行ったところ手に入れることができませんでした。

お店の方に聞くと、「栃木産ということでしばらくは・・・」というお返事に驚きました。

こういう時だからこそ、関東や東北産のものを買って応援するべきではないでしょうか。

もちろん「安全」は大切ですから、
手間はかかるでしょうが検査など手順を踏んだ上で、早急に秀麗豚を入れてくださるようお願いします。

もしこのまま風評を気にして秀麗豚を入荷なさらないなら、
かえって企業イメージが悪くなると思います
(少なくとも私は悪いイメージを持つし、これからそのお店で買いたくない、と思う)。

「関東応援フェア」などと銘打つと、皆さん理解するし好感度が上がると思います。

今回の東日本の災害について、
義援金などを送ることも一つの方法ですがそれは一時的なことで、
他に私たちができることは、たとえば秀麗豚を売り、それを買い、食べ続けることです。

一日も早い行動をお願いします。

今後どのようにされるかお知らせ頂けると幸いです。

・・・・・・
コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

バッハ大解剖

2011-04-01 21:40:58 | ミニ演奏付き講演会
     ミニ演奏付き講演会 
             ミサコ先生の〈音楽の学校♪〉 
 ― お話と電子ピアノによるミニ生演奏で、クラシック音楽の知識を具体的に―    

               バッハ大解剖 (2回シリーズ)

「マタイ受難曲」の作者として名高い J. S. バッハ。 彼の音楽の基礎を、電子ピアノ生演奏やCDを聴きながら具体的に探っていきましょう。
バロック音楽の基本となる「通奏低音」(8日)、「ポリフォニー、対位法」(22日)を中心に、ハーモニーや調性、リズムなど前回までの〈音楽の学校♪〉の復習も予定しています。
演奏の実感、裏話など現場のピアニストならではのお話もお聴きのがしなく。
「今さら訊けない質問コーナー」もあります。
 
 ♪当日生演奏予定曲   
  バッハ「フランス組曲第4番変ホ長調 ・ 同 第5番ト長調」より 
      「パルティータ第4番ニ長調」より 
      「インヴェンションとシンフォニアより
         インヴェンション ハ長調、 シンフォニア ホ長調、 ト短調 他」
      「平均律クラヴィア曲集第1巻第1番」より ほか

    ■ 2011年 ①4/8日(金) ②4/22(金) いずれも午後2時30分~4時30分
    ■ 受講料 全2回 4200円(教材費700円) 
              ※1回のみの参加は応相談・・・お電話でご相談ください 

    ■ 京都リビング新聞社内(京都大丸南向かい)
    ■ 主催(問い合わせ・申し込み) 
               電話075-212-4728 京都リビング新聞社
         (平日午前10時~午後6時、土日午前10時~午後3時、祝日除く)
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加