河野美砂子の「モーツァルト練習日記」+短歌+京都の日々の暮らし

9/30(土)13時半【生演奏でバッハを③】「フランス組曲」3番、6番。NHK文化センター京都教室(大丸より徒歩5分)

ソコロフ

2017-05-29 02:59:23 | シューベルト
BS真夜中の、グレゴリー・ソコロフ ピアノリサイタルを途中から見た。
(原稿まだ仕上がってないけど、ちょっと疲れてTV onしてしまった・・・)

シューベルト a-mollソナタD.784。

音楽的に本当にすばらしい。
ほんとにほんとにびっくりした。

ロシア系のピアニストって、
ものすごい巨人みたいな、弾きまくり、みたいなイメージがあって
(もちろんリヒテルなど例外多数ですが)、
でもソコロフは、しんそこ音楽的。

ただ、なんというかやっぱり、現代ピアノスタインウェイのフルコンで
大会場で演奏すると、やっぱり、
このような、すべてがデフォルメされた演奏になるのやなあ。。。

この楽器で、この会場で演奏するには、これしかないのでしょうねえ。。。

でもたぶん、シューベルトの音楽って、
こんなおおぶりな、大げさな音楽ではけっしてない、って
確信をもって思います。

21世紀に生きる、わたしたちがシューベルトを弾く矛盾。

あ、いま「楽興の時」が始まった!
こんど6月10日に、NHK文化センター京都教室で弾きます。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

カンマ―ムジーク@アルティ第3回公演

2017-05-18 18:24:49 | 室内楽
14日の【カンマ―ムジーク@アルティ】

 ベートーヴェン ピアノトリオ第1番

 シュールホフ ヴァイオリンとチェロのための二重奏曲

 シューベルト ピアノトリオ第2番

    vn 玉井 菜採  vc 河野 文昭  pf 河野美砂子


予想外に多くのお客様のご来聴があり、当日のプログラム冊子が足りなくなりました。。💦 

一応300枚を用意していたのですが。。。
ありがたいことです。

当日の会場の皆様の拍手もいつもに増して熱いかんじ。
アンケートやメールでの多くのご感想もとっても嬉しく読みました。

少しでも多くの方に「室内楽」の良さを体感して頂ければ。。。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

シューベルトの、ベートーヴェンに対する「愛」

2017-05-13 00:28:25 | シューベルト
シューベルトのピアノトリオ第2番。

14日アルティでの演奏会で弾くのですが、
シューベルトさん、ベートーヴェンのピアノトリオからパクッたわね、
と思わず言いたくなるところいっぱい。

ご本人としては、パクッた、というより、
その部分があまりに美しく素敵なので、そこからインスパイアされた、
という方が真実に近いのでしょう。

ベートーヴェンも後期に近づくと、
ピアノの音域で言えば、
極端に高い音がチラチラと本当に美しく降ってくるようなところがあるのですが、
シューベルトはその響きに魅せられたのでしょうね。

・・・ひょっとしたら、そのベートーヴェンのトリオ(第6番)、
アンコール要請があれば・・・?

 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ピアノトリオ2曲!

2017-05-09 00:04:25 | シューベルト
今度の日曜日、アルティでの室内楽演奏会です!

ベートーヴェンの「ピアノトリオ第1番」というのは、
実は、ベートーヴェンのデビュー作なのです。

それまでにも彼はいろんな曲を書いていて
一度は「作品1」として出版までしていたのですが、
それを廃棄。

このトリオを含む3曲をセットにして「作品1」として世の中に問うたのです。

このあと、ベートーヴェンが、多くの ★「ソナタ」★ を書くのですが、
その第一歩がこの曲だと思うと、なにか感慨深いものがあります。

★「ソナタ」★とは、
「ピアノソナタ」や「ヴァイオリンソナタ」(正確には「ピアノとヴァイオリンのためのソナタ」)だけでなく、
 
 ①弦楽四重奏曲は、2vn、va、vc のためのソナタ
 ②ピアノトリオは、vn、vc、pfのためのソナタ
 ③交響曲は、オーケストラのためのソナタ
 ④協奏曲は、独奏楽器とオーケストラのためのソナタ

などなど、ベートーヴェンの書いたほとんどの曲は「ソナタ」だったのです。。。

この曲に関しては、故・ピーナ カルミレッリさん(元イ・ムジチ合奏団首席)の
忘れられないエピソードがあるのですが、
それは、当日のプログラムノートに書きましたのでごらんください。

・・・・
シューベルトについては、また明日にでも書きます。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加