名古屋・名駅街暮らし

足の向くまま気の向くままに、季節の移ろいや暮らしのあれこれを綴ります。

中川運河浄化作戦

2017年01月03日 | 歩く

↑中川運河堀り止め、その奥はささしまライブ

今日の中日新聞に「中川運河浄化作戦」の記事が載っていた。






現在工事中の露橋水処理センターで浄化された再生水を、送水パイプで
中川運河最上流の船溜り「掘り止め」から放流する。



再生水は20℃前後あるので、放流前にささしまライブ
地域の冷暖房熱源として利用される。
これによって一般家庭580世帯分の電気が節減できる。


↑堀止めの一部はスロープで水辺まで行けそう、周囲は公園用地
また堀り止めから運行する水上バスは、名古屋港水族館のある
ガーデン埠頭やレゴランドが開業する金城埠頭を往復する。


↑2016年5月撮影
水質の悪化で毎年コノシロやボラが大量死し、環境悪化が言われていたが、
かつての地域経済の発展に貢献してきた中川運河がようやく再生される。

しかも水質浄化だけでなく、電力の節減や観光開発にも
効果が期待できれば願ってもないことだ。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 初歩きは名城公園から名古屋城へ | トップ | 愛知県弥富野鳥園 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ryo)
2017-01-04 11:07:49
中川の再生が始まるのですね。
この大量の魚の死骸にはおどろき
ますが、こういうこともなくなれば
良いですね。
電力にも環境美化のためにも川の水が再生
されることは良いですね。
清流が (nko)
2017-01-04 17:14:57
ryoさん
下水の処理水で清流が取り戻せるなら、願っても
ないことです。
きっと魚も喜ぶことでしょう。
どんな姿に変わるか楽しみです。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL