名古屋・名駅街暮らし

足の向くまま気の向くままに、季節の移ろいや暮らしのあれこれを綴ります。

愛知県弥富野鳥園

2017年01月04日 | 趣味


弥富野鳥園は、木曽、長良、揖斐川の河口に広がる
干潟や葦原で、水鳥や渡り鳥、野鳥の楽園となっている。




鍋田干拓地の一角に残された広大な敷地には、野鳥のための雑木林や
草地、池、干潟水路などが、自然の状態で残されている。



資料室には、鳥の標本や野鳥の生態などの
パネルも展示されている。



また展望室には大型望遠鏡が備え付けられていて、
野鳥の動きをつぶさに観察できる。

ミサゴやカワウの捕食の様子を見ようと、あちこちを
探ったが チャンスはなかった。



野鳥園の大半は保護区で立ち入りができないが、探鳥会などの
イベント時は、案内人同行で観察ができる。




帰りに木曽川を渡って、三井アウトレットパーク
「ジャズドリーム長島」に寄ってきた。




野鳥園の静けさとは対照的に、人気観光スポットは
まだ正月の賑わいが続いている。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 中川運河浄化作戦 | トップ | 円空彫刻稽古初め »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
明けましておめでとうございます (Rei)
2017-01-04 21:53:30
本年もよろしくお願い致します。
鳥と言えば藤前干潟が浮かびますが、
弥富野鳥園は随分立派で整備されててびっくりしました。
手厚く保護されているようですね。

↓ 堀川、中川運河の浄化は市長さんも年頭挨拶でも述べられていました。
水上交通云々もありましたが
きれいでなければ楽しい船遊びもできませんよね。
今年もよろしく (nko)
2017-01-04 22:19:38
Reiさん
明けましておめでとうございます。
木曽三川の広大な干潟の大半は埋め立てられて、
工場や港湾施設になりました。
わずかに残された自然が、いつまでも野鳥の
楽園であって欲しいです。
はしけが行き来していた運河を、水上バスが航行し
魚が泳ぐ姿を早く見たいです。
市長も乗り気なら、きっと実現することでしょう。
稽古始め (ryo)
2017-01-05 21:15:19
こんばんは!
新しい年を迎えてもう梅も蝋梅も
咲き始めましたね!
円空さまのお稽古始め!
今年も会心の作品を!
スタート (nko)
2017-01-05 22:20:50
ryoさん
暖かい日が続いたので、今年は開花が少し
早くなりそうです。
例年通りのスタートでした。
多少は上達したいと願っているのですが・・・

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL