名古屋・名駅街暮らし

足の向くまま気の向くままに、季節の移ろいや暮らしのあれこれを綴ります。

北の暴挙と南の難癖

2017年08月31日 | 雑感

↑中川運河上空は積乱雲に変わっていわし雲が泳いでいた

昨日の北朝鮮ミサイル発射ニュースと
Jアラートに、早朝から日本中が騒然とした。

その狙いは米韓軍事演習の牽制とか、国威発揚とか専門家が
分析しているが、未熟な独裁者の思考を読むのは難しい。


↑東京都震災慰霊堂(フリー画像より)
その日の朝鮮日報が、「関東大震災朝鮮人虐殺犠牲者遺族会」
の発足と、活動を開始したことを報じていた。


これまで、徴用工や慰安婦、原爆被爆者の遺族会や団体は存在したが、
関東大震災に関連した遺族会が作られたのは初めてとのこと。

遺族は日韓両国の政府に虐殺の真相を速やかに究明し、
遺骨の返還や賠償・補償などの措置を求めるという。


↑快晴の荒子観音寺で円空彫刻の稽古をしてきた
現在韓国の法廷で、元徴用工やその遺族が、日本企業に損害賠償を
求め、韓国の裁判所は原告勝訴の判決を下している。

日本は、日韓基本条約に基づく戦後補償で請求権は消滅していると
主張したが、韓国の裁判所は個人の請求権は存在すると判断した。


↑境内の円空彫刻教室
当時の韓国政権が戦後復興を優先して、個人の補償に
回さなかったツケを、今更日本に振るのはおかしい。

裁判所が請求権の存在を認めたことが、関東大震災遺族会
発足の引き金になっていることは明らかだ。

慰安婦問題もすでに解決済みのはずが、政権が変わると
国同士の約束も反古にして蒸し返す。

記憶から遠ざかっていく出来事を、「千年の恨」思想が
根強い国は、執念深く追い続ける。

もたもたしていると、秀吉の朝鮮出兵や、元寇で
日本海に沈んだ高麗軍の補償を求めかねない。

南北揃って次元の低い揺さぶりをかけて来るが、
真意をはかることすら煩わしい。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ホテルの新築ラッシュが続く

2017年08月30日 | 歩く


今日の日経新聞に、東京都内のホテル稼働率が
2ヶ月連続で減少したと報じていた。

来日外国人は高水準を維持しているが、新規ホテルや
民泊の急増が影響したと分析している。




↑名駅南江川線沿いのホテルは10月オープン

名古屋もホテル新築ラッシュが続いていて、今秋オープンするプリンスホテル
を始め、建築中や完成間近な工事現場を多く見かける。




↑名駅南、広小路沿いのホテルも間もなくオープン

↑テラッセ納屋橋隣のホテルDAIWAは鉄骨が組まれ始めた(奥はヒルトンとクラウンホテル)



↑東鮨跡のDAIWAロイネットホテル建築現場

↑納屋橋木挽町通沿いのHotelJALシティ名古屋の現場(左はビーズホテル奥はチヨダホテル)

↑名駅、錦通り沿いのアットイン名駅の現場

↑下園公園脇のlampligtHotel現場

伏見から柳橋辺りは、名駅に次ぐホテル集積地で、ヒルトンや観光ホテル
大小ビジネスホテルなど、かなりの数が営業している。

素人目には、これ以上の需要があるのかと思ってしまうが、
活発な需要があっての計画なのだろう。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

孫たちと名古屋市科学館のロボット展へ

2017年08月29日 | 暮らし

↑名古屋市科学館

孫たちが、 残り少ない夏休みを、
が家ですごしている。



昨日はおばあちゃんが映画館へ連れて行き、
今日は名古屋市科学館へ一緒に行ってきた。

最後の夏休みを楽しむ人たちが、科学館へ
大ぜい詰めかけていた。



開催中の特別展「ロボットってなんだろう?」は、
子供だけでなく大人も楽しめて勉強になる。



ロボットは鉄腕アトムや鉄人28号など、漫画や映画の
世界を連想していたが、最近は掃除ロボットや
介護ロボットなど、現実の世界に現れつつある。





その進化は著しく、ロボットと人工知能がつながり、人間の
能力を超えるロボットたちが、身近で働いている。









人間とロボットが作り出す未来の生活を見せらると、
夢がふくらむ一方で空恐ろしくなったりもする。





常設の展示コナーは各種体験ができて、ボタンを押したりレバーを
引いたりして、子供達は科学実験に夢中になっている。



人ごみと、疲れを知らない子供たちに、ついて回るだけで
疲れてしまうが、科学の進歩に刺激されることも多い。

わが家の長くて暑い夏休みも、ようやく終わりそう。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

もと会社OB会の会合

2017年08月28日 | 交友


お昼をはさんで、もと会社OB会の
会合があり出席してきた。

諸連絡のほか、サークルの活動報告や計画、
秋の親睦旅行の準備などもした。


↑親元が立派な会議室を提供してくれる

今後の会合のスケジュールを決めるのに、
意外に調整が難しい。

全員リタイアし定職を持っていないが、数ヶ月先の
予定がたくさん入っているのに驚く。


↑今日のランチ
ボランティアや趣味、スポーツなど、予想以上に積極的に外に出て、
年金生活を楽しんでいる様子がうかがえる。

心も足も軽い人たちは、会員の遊びのメニューを
考えながら、自分も楽しんでいるようだ。



夏休みも終わりに近づき、小学生の孫たちが
泊まりがけで遊びにきている。

宿題のめどは立っているようで、ゲームに
夢中になっている。

家では厳しく制約されているようだが、じじばばは
甘くしばしの開放感を味わっているようだ。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

日曜日のささしまライブ24

2017年08月27日 | 歩く


ささしまライブ24は、10月7.8日の「まちびらき」に向けて整備が進んでいる。



この街のランドマーク「グローバルゲート」は今春に竣工し、
オフィス棟の入居が進んでいる。





商業棟に入る49店舗とプリンスホテルは、
10月オープンに向けて準備が進められている。

シャトルバス社会実験が、9月16日から名古屋駅と
ささしまライブ間で運行される。


↑高速道路高架下公園


ささしま親水空間はほぼ完成し、愛称募集が行われている。




↑堀留に注ぐ処理水
露橋水処理センターで下水処理された水が、中川運河堀留の
水質改善と共に、地域冷暖房の熱源として利用される。


↑椿町線

↑アンダーパス工事現場
椿町線とささしまライブを繋ぐアンダーパスは目下工事中で、
間もなく名駅通りと運河通りと結ばれる。



日曜日で工事現場やオフィス、大学も休みのため、
街は静寂に包まれていたが、秋以降はどんな賑わいを
見せてくれるのだろうか。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

「にっぽんど真ん中祭り」を名駅会場で見物

2017年08月26日 | イベント


「にっぽんど真ん中祭り」が、8月25日の前夜祭から、
27日のファイナルステージまでの3日間開催される。


↑名駅通りのパレード
名駅や栄などを中心に、19会場で47チーム、
3.800人が踊りを披露する。


↑JRタワーズガーデン
JRタワーズガーデン会場で演技を見た後に、
名駅通りのパレードを見物した。









大学生グループの迫力のある演技や、キッズダンサー、
おばさんチームも頑張っている。













最終日は、ギネスブックにも登録された「総踊り」が、
大津通りをパレードする。





夏の最後を飾る「どまつり」の熱気と興奮が街にあふれていた。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

サンマの塩焼き

2017年08月25日 | 遊び


今日も太平洋高気圧に覆われて、
朝から夏空が広がっている。



路面やビルからの照り返しが強く、あさから
30度を越す暑さになった。



柳橋中央市場のサンマの値段が、お盆前に比べると、
半分ほどになっていた。

刺身にしたり、酢締めで押し寿しを作ったりして
旬を楽しんでいるが、やはりシンプルな塩焼きが
一番うまいと思う。



子供の頃は庭先の七輪でサンマを焼く家が多く、夕方になると
あちこちから煙と食欲を誘う匂いが漂ってきた。

こんな光景が体にしみ込んでいるので、こんがり
焼けないIHコンロに不満が残る。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

猛暑日のなか円空彫刻教室へ

2017年08月24日 | 趣味

↑中川運河長良橋から名駅方面

朝から気温がぐんぐん上がり、
久しぶりの猛暑日になった。



午前中は刃物を研ぎ、家で切れ味を試しながら
数体彫ってみた。



先輩から切れる刃物を使えば、怪我をしないし
彫りあともきれいだと言われている。

研いでから彫刻をしたいのだが、
無精をしてなかなか実行できない。



今日は円空彫刻の稽古日で、午後は
荒子観音寺の教室で過ごした。



制作中の阿弥陀如来坐像が完成したので、
体験教室用の教材作りをした。

角材を必要寸法に切り、鉈で割って
100本ほどの三角柱を作った。

在庫が底をついていたが、これで
しばらくは間に合いそう。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

仲間とランチブッフェ

2017年08月23日 | 交友

↑白川公園

今日は二十四節気の処暑で、暑さが一段落し
初秋の実感がわく頃と言われている。



秋を感じることはなく、曇り時々晴れで、
相変わらず蒸し暑い。

東京の青空がニュースで流れていたが、
最近の異常気象を象徴するようで面白い。



学生時代の仲間7人と、千種のメルパルクで落ち合い、
ランチブッフェを食べながら駄弁ってきた。

若い頃の話題で盛り上がる一方、平均寿命を目前にして、
今後の過ごし方など切ない話も出たりする。

ランチのシニア料金が申し訳ないほどの食べっぷりを
見たり、株やゴルフの自慢話しを聞いたりすると、
負けてはいられないと思ったりもする。

他愛のないことで刺激し合う付き合いが、
飽きもせず50年以上も続いている。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

お施餓鬼法要

2017年08月22日 | 暮らし


母方の菩提寺で行われた盂蘭盆会・施餓鬼法要へ
行ってきた。



先祖の供養とともに、地獄に堕ちた亡者にも施しをする法要で、
近隣のお坊さんと檀信徒が集まって行われる。



比較的檀家の多いお寺で、3回に分けて執り行われた。



鉦や太鼓に合わせて、何巻かの読経のあとに、
焼香をして50分ほどで終わる。




境内の賣茶堂(当寺は茶道・賣茶流家元

子供の頃から見慣れた風景は、十年一日のごとく
変わらない。

檀家と触れ合う数少ない機会なので、住職の気の利いた法話やお施餓鬼にまつわる
説教などを聞きたいと思うのだが、何もなく終わってしまう。

何か物足りなさを感じながら、卒塔婆を手に寺をあとに
するのは、いつものならいだ。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

天候不順が続いている

2017年08月21日 | 暮らし


全国的に天気が不安定で、夏らしい晴れた日が少なく、
局地的な豪雨や雷雨に見舞われている。

夕方のテレビニュースが、東京や仙台の
連続雨降り記録を伝えていた。



各地で災害を引き起こし、日照不足で
農作物の被害も多発している。



山里で米作りをしていた頃は、お天気に
一喜一憂していたことを思い出す。

米は太陽エネルギーで育つので、登熟期の今頃は光合成が
盛んに行われて、品質の良い米がたくさん穫れる。



日照不足と長雨は米の発育を損ない、病害虫の
発生をまねく。
収穫を前に農家の悩みは尽きない。



昼食は納屋橋の「山本屋本店」で、
味噌煮込みうどんを食べた。



熱々に沸騰した土鍋のうどんを食べるもの好きは
少なく、お昼時でも空席が目立った。

名古屋メシの代表も、この時期には冷麦や
冷やし中華そばには勝てないようだ。
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

「広小路夏まつり」見物

2017年08月20日 | イベント


昨日と今日、「広小路夏まつり」が開催された。





広小路通りの特設ステージで、ストリートダンスやライブ、
打ち水大作戦などのイベントも行われた。


↑愛知県警音楽隊

↑消防局音楽隊

↑創価学会音楽隊

日本の踊りやお祭りも集まって、熱い演技が繰り広げられた。




↑おわら流しおどり



↑阿波踊り



↑花笠おどり

↑子供ねぶた


夕涼みがてら午後5時スタートのパレードを見物したが、
昼間の暑さがそのまま残り、祭りの熱気も加わって
暑さは最高潮。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

夏が過ぎていく

2017年08月19日 | 暮らし


セミの鳴き声がひと頃に比べると勢いがなくなり、
亡き骸をあちこちで見かけるようになった。



朝のうちはいくらか涼しさを感じたが、午後からは
強い日差しとともに暑さが戻ってきた。



柳橋中央市場に出ているサンマは、少し値は下がったように
感じるが、はしりの魚はまだ高い。





暑い盛りのランチも、軽いメニューに足が向く。



熱戦が繰り広げられている高校野球も、
今日でベスト8が決まる。



真夏日の日差しの中で、過ぎていく夏を
少しばかり感じた。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

すいとぴあ江南「円空仏木彫教室」

2017年08月18日 | 趣味


円空仏ゆかりの江南市「すいとぴあ江南」で、
「円空仏木彫教室」が今日から始まった。



毎週金曜日に5回シリーズで行われ、
三体の円空仏を完成させる。



初回の今日は、千面菩薩の模刻で、胴体が
出来ている像に顔を彫る。

次に三角柱のヒノキ材から、胴体や頭部を削り出し、
最後に顔を彫って完成させる。


↑ロビーの円空仏

ほぼマンツーマンで、木端の会会員が指導し、
半分ほどの受講者は時間内に完成した。



未完成の受講者は宿題として、次回までに完成させることで、
初日の講座が無事に終わった。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

円空仏木彫教室の準備

2017年08月17日 | 趣味


午前中は荒子観音寺の教室で、明日から始まる
「すいとぴあ江南・円空仏木彫教室」の準備をした。

彫刻の材料や資料、道具類を揃え梱包をして
明日に備えた。



帰りに、伏見のインターシティ地下1階の「宮」で
ローストビーフ丼を食べた。



この春オープンした店は、値段もリーズナブルで、
伏見周辺のビジネスマンの人気を集めている。



午後は高校野球のテレビ観戦しながら、明日のために
刃物を研いだり、彫刻の練習をして過ごした。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加