名古屋・名駅街暮らし

足の向くまま気の向くままに、季節の移ろいや暮らしのあれこれを綴ります。

大津絵の作品展

2017年10月24日 | イベント



中日ビルの催物場で、大津絵の作品展を見てきた。



先週は雅な大和絵を鑑賞したが、その対極にあるような絵は、
ユーモラスで粋な味を醸している。







大津絵とは、江戸初期から近江大津宿で売られていた
民画で、東海道を旅す人たちのお土産物や護符として
持ち帰り、全国へ広まったと言われている。



作品はいずれも中日カルチャーセンターの受講生で、
趣味のレベルを越した作品も目にする。



大津絵に刺激を受けたわけでもないが、
午後は護法神像の摸刻で過ごした。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

花車神明社例大祭の名駅山車揃え

2017年10月14日 | イベント


秋祭りのシーズンに入り、我が氏神様
「花車神明社」の例大祭が今日と明日行われる。



空模様がが心配されたが、予報に反して雨が降ることもなく、
予定通り執り行われた。




↑白竜神社

朝9時に山車蔵を出発した唐子車は、町内各所と
白龍神社でカラクリを奉納して祭りがスタートした。



今年も娘一家が、からくりやお囃子で祭りを
盛り立てている。




↑山車蔵を出る唐子車

↑神明社へ向かう唐子車

祭りのハイライトは「名駅山車揃え」で、夕方6時に
唐子車、二福神車、紅葉狩車が提灯に火を灯し、
各町内の山車蔵を出発して神明社に向かう。



いずれの山車も安政・文政年間に建造され、市の有形民俗文化財に
指定されている。


↑紅葉狩車

↑二福神車

↑唐子車

神社の前に勢揃いした三車は、それぞれ挨拶を交わし、
お囃子に合わせてからくり奉納をする。





神事が終わり役員の挨拶の後、三方向に分かれて、
それぞれの屋台蔵へ帰っていった。



懸念された雨もふらず、祭りの初日が
無事に終わったのは何よりだった。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

南大津通のホココス

2017年10月08日 | イベント


今日は二十四節気の「寒露」の始まりで、しばらくは朝晩が
冷え込み、日中との寒暖差が大きい時期と言われる。


↑下園公園

寒暖差は体調管理に要注意だが、秋の豊かな
実りには欠かせない。



南大津通りのホコテンはいつもより人出が多く
混雑していた。


 
ホココス~南大津通り歩行者天国COSPLAY~が
開催され、参加者と見物客で大賑わい。



ゲームやアニメキャラ、アイドル、魔法使いなどなど、
すっかりその役になりきって楽しそう。



夏日の路上は汗ばむほどだが、薄着のコスプレーは、
日が沈めば震えるだろうと余計な心配をする。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ささしまライブまちびらき

2017年10月07日 | イベント


旧国鉄笹島貨物駅跡地に進められてきた再開発「ささしまライブ24」
は、中核となる「グローバルゲート」が5日に全面開業し、今日明日と
「ささしまライブまちびらき」が開催される。

↓オープニングイベント













音楽からトークショー、伝統芸能、スポーツ体験、水上交通ミニツアー、
青空市場、キッチンカーなど、盛りだくさんのイベントで賑わっていた。





グローバルゲートの商業施設のコンセプトは「GREEN STYLE」で、
言葉通りふんだんな緑と入り口の吹き抜けで、快適に食事や
買い物が楽しめる。























吹き抜けの両側には、ショップやレストラン、ジム、
スタジオなど、49の施設が展開されている。

↓屋上庭園
















屋上の庭園や菜園、ハーブ園は、都会を感じさせない癒しの
空間になっている。

陸の孤島であったこのエリアへは、あおなみ線が開通し、
ささしまウエルカムバスも運行されるようになった。

来年にはアンダーパスも開通し、人や車の流れが
増えることだろう。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

「にっぽんど真ん中祭り」を名駅会場で見物

2017年08月26日 | イベント


「にっぽんど真ん中祭り」が、8月25日の前夜祭から、
27日のファイナルステージまでの3日間開催される。


↑名駅通りのパレード
名駅や栄などを中心に、19会場で47チーム、
3.800人が踊りを披露する。


↑JRタワーズガーデン
JRタワーズガーデン会場で演技を見た後に、
名駅通りのパレードを見物した。









大学生グループの迫力のある演技や、キッズダンサー、
おばさんチームも頑張っている。













最終日は、ギネスブックにも登録された「総踊り」が、
大津通りをパレードする。





夏の最後を飾る「どまつり」の熱気と興奮が街にあふれていた。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

「広小路夏まつり」見物

2017年08月20日 | イベント


昨日と今日、「広小路夏まつり」が開催された。





広小路通りの特設ステージで、ストリートダンスやライブ、
打ち水大作戦などのイベントも行われた。


↑愛知県警音楽隊

↑消防局音楽隊

↑創価学会音楽隊

日本の踊りやお祭りも集まって、熱い演技が繰り広げられた。




↑おわら流しおどり



↑阿波踊り



↑花笠おどり

↑子供ねぶた


夕涼みがてら午後5時スタートのパレードを見物したが、
昼間の暑さがそのまま残り、祭りの熱気も加わって
暑さは最高潮。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

毎日書道展を見て

2017年08月16日 | イベント

↑名古屋市博物館

お盆休みが今日までのところが多いが、
相変わらずの曇り空で、時々小雨も降った。


↑博物館の日本庭園

カラッと晴れた夏空がないままに、今年の
夏は終わるのだろうか。





名古屋市博物館ギャラリーで開催中の
「毎日書道展」へ行ってきた。



もと会社OB会の仲間2名が、大作を
出展している。



いずれもダイナミックな筆致で、女性とは
思えない力強さを感じた。

「飾身正事」と「守破離」と書かれているが、意味は
何となく解るが、教えてもらわないと読めない。

定年後の人生を豊かに出来るかどうかは、
趣味に関わる部分が大きい。

作品を見ながら、悠悠自適で書を楽しむ
余裕を垣間見る書道展であった。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

荒子観音寺

2017年08月12日 | イベント


午前中はにわか雨が降ったが、
午後からは日差しが戻り暑くなった。


↑荒子観音寺客殿庭園

毎月第2土曜日は、荒子観音寺の「円空仏拝観日」で、
昼前から手伝い行ってきた。



一般の拝観者に加え旅行社のツアー客もあり、
開場と同時に来場者が切れ目なく続いた。



拝観が終わった後、円空仏彫刻の無料体験を
する人も多く、順番待ちが出る盛況だった。

暑い盛りに遠くは東京や横浜から訪れる、
熱心な円空ファンもいて頭が下がる。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

孫と一緒に「鉄たび展」へ

2017年08月08日 | イベント


夏休みの真っ最中で、仕事のある親に
代わって、孫と遊ぶ日が多くなる。



今日も小学生の孫2人を連れて、台風一過の
庄内緑地へ行ってきた。



台風5号は、夜半に名古屋の近くを過ぎて行ったが、
この辺りで大きな被害は聞かない。



強い日差しと暑さが戻ってきたが、川原を吹き抜ける
名残りの強風が心地よかった。





松林ではセミが大合唱をし、芝生広場では
赤とんぼが乱れ飛んでいた。



午後はタカシマヤで開催中の、「鉄たび展」を見てきた。





伝説の「或る列車」や「あさかぜ」、海外の豪華列車の大型模型が
会場内を走り、列車旅のロマンをかきたてる。



鉄道模型の神様・原信太郎のコレクションも展示され、
鉄道模型マニアや鉄道旅行愛好者は見逃せない。

子供よりオールド鉄道マニアの姿が目立ち、
童心に帰って目を輝かせていた。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

大須夏まつり・コスプレパレード

2017年08月06日 | イベント


朝から晴れ間が広がり、気温が
ぐんぐん上がり猛暑日になった。


↑海外代表を先頭にパレードがスタート

大須夏まつりの目玉イベント、「コスプレパレード」を見物してきた。


↑スタートを待つ一般コスプレーヤー

愛知県下で開催中の、「世界コスプレサミット」に参加34カ国
代表と、一般参加のコスプレーヤーが大須観音をスタートし、
商店街をパレードする。











アニメやゲームのキャラクターに扮した、大勢のコスプレーヤーが
観客にポーズをとったり演技をして、拍手や歓声を浴びている。








↑赤門にゴール。おつかれさま。

灼熱の大須商店街は、コスプレーヤーや観客の熱気で燃えていた。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

円頓寺七夕まつり

2017年07月30日 | イベント


朝からにわか雨が降ったり、時々雲間から
日差しが漏れたりし、相変わらず蒸し暑い。

天気予報によると台風10号が発生し、現在3つの
台風が日本の南の海上に停滞しているという。

統計開始以来、最も多い記録のようだが、台風シーズンに
なったらどれだけ発生するのだろうか。



円頓寺の七夕祭りを見物してきたが、この蒸し暑さの中、
アーケード街は人で溢れていた。




















レトロな下町の商店街は、かつての賑わいを取り戻そうと、
この七夕祭りと秋の円頓寺パリ祭を目玉に頑張っている。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

名古屋市博物館の円空仏

2017年07月17日 | イベント


昨夜は、わが家に孫たちが集まり、
賑やかな夕食となった。



日暮れを待って、総勢11人で洲崎神社の
提灯祭りに行ってきた。



提灯に火が灯る境内では、茅の輪や鳥居くぐりが
行われ、厄を落とし無病息災を祈った。



月に2、3回は、わが家に集まって来るが、今回は
夏祭りでいい暑気払いが出来た。



今日は名古屋市博物館の常設展「尾張の歴史」で、
円空作の「龍神像」など4点を鑑賞してきた。



いずれも個人や寺社が護持してきた仏像で、幾多の
変遷を経て、今は博物館が所蔵している。


↑荒子観音寺護法神レプリカ

今回の公開は8月20日までで、その後は
所蔵庫で静かに眠ることになる。



折から特別企画「ゴジラ展」が開催中で、円空さんとは
対照的に、親子連れで賑わっていた。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

荒子観音寺・円空仏拝観日

2017年07月08日 | イベント


今日も早朝から抜けるような青空が広がり、
気温もぐんぐん上がっていく。



納屋橋際の遊歩道と広場で「納屋橋楽市」が開かれるので、
汗まみれで数店が準備をしている。



愛知県設楽町移住促進室の人たちが、田舎の
空き家紹介コーナーを設営していた。

名古屋の暑さにびっくりした様子で、矢作川源流の
町は涼しいとPRしていた。



第二土曜日は、荒子観音寺の円空仏拝観日になっているので、
手伝いをしてきた。

厳しい暑さもあって、いつもに比べると拝観者の数は少なかったが、
埼玉や大阪など、遠くから来た人たちが多くいた。



千面菩薩体験教室の指導をしたが、暑さと熱が入り過ぎたのとで、
額や脇の下から汗が滴り落ちた。

人に教えるのは、自分で彫るより数倍の
エネルギーが必要のようだ。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

久屋大通庭園フラリエ

2017年07月01日 | イベント

久屋大通庭園フラリエ

午前中は曇り空に時々薄日が差し、にわか雨も降った。
午後は雲間から時々強い日差しが漏れ、湿気が
肌にまとわり付くような蒸し暑さになった。



雨が止んだのを見計らって、母の祥月命日のお参りで、
瑞穂区の菩提寺へ行くことにした。
これから8月にかけて、いろいろと仏事が続く。





途中で久屋大通庭園「フラリエ」の花屋で
お供えの花を買い、園内も回ってきた。





「熱帯スイレンフェスタ」が開催中で、講習会や
植付け体験、苗の即売会が行われていた。







木陰を涼風が通り抜け、雨で潤った芝や木々の緑は、
都心の喧騒をしばし忘れさせてくれる。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

夏山フェスタ

2017年06月16日 | イベント


今日も朝から快晴で、真夏のような
日差しが照り付けていた。



納屋橋の船着き場の脇で、小魚が
たくさん泳いでいる。



魚種は分からないが、藻も生えているので
産卵して孵化したのだろうか。

6月17.18日に、ウインクあいちで開催される「夏山フェスタ」
の案内が届いた。

登山関連の用品メーカーや自治体、山小屋、旅行社など
100小間が出展し、登山情報を提供してくれる。

各種セミナーやトークショーも、盛りだくさんに
開催される。

南谷真鈴さんの「私のセブンサミッツ登頂奮闘記」は、
ぜひ聞きにいきたい。

南谷さんは早稲田の2年生のセブンサミッター(七大陸最高峰登頂者)で、
南極点と北極点にも最年少で到達している。

超人的な体力と技術、根性、資金、強運など、若い女子大生が
どのようにして手に入れたかを知りたい。

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加