名古屋・名駅街暮らし

足の向くまま気の向くままに、季節の移ろいや暮らしのあれこれを綴ります。

犬山で紅葉狩り

2014年11月30日 | 歩く


穏やかな天気に誘われて、犬山へドライブに行ってきた。
最初に寄った桃太郎神社は、ちょうど
紅葉が見頃で、見物客で賑わっていた。



この地に桃太郎誕生の伝説があり、
それを祀ったのが、この神社と言われている。



桃太郎の誕生や鬼退治など、浅野祥雲作の
コンクリート像は、ユーモラスで目を引く。



次に寄った犬山寂光院は、尾張の最古刹で、
もみじ寺と言われている。













全山1000本のもみじは、巨木が多く見応えがある。



木曽川を下って、織田信長の弟・有楽斎ゆかりの庭園「有楽苑」も訪れた。















苑内にある国宝の茶室「如庵」 は、
真っ赤なもみじが障子に映えて、とても美しかった。





最後に寄った犬山城も、白壁と紅葉のコントラストが見事だった。







明日からは天気が崩れるので、
良いタイミングで犬山の紅葉を満喫することができた。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

企業年金の支給が半額になった

2014年11月29日 | 雑感


明け方までの激しい雨も上がり、夕方には
雲のない空に、三日月が出ていた。



納屋橋河畔の四季桜が咲き始めたが、
鳥久の焼け跡はそのままで、遊歩道はまだ通れない。

昨日は消防と警察が、現場検証をしていたが、
今日は人影がなかった。

もと会社の、企業年金基金から「支給開始から15年経過による
年金額改定のお知らせ」が届いた。

年金の原資となった退職金(一部)は、15年で使い終わり、
今後は会社からの拠出金で、これまでの年金の半額が死ぬまで支給される。

半額になるのは切ないが、これからの分は余禄と思い、
制度に感謝しながら使いたい。

いつまで貰えるかは、寿命との相談だが、投資顧問会社や
ヘッジ・ファンド任せで損を出し、寿命の前に基金の解散などが、起こらないことを願いたい。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

名駅地区のビル工事が進んでいる

2014年11月28日 | 暮らし


今日の名古屋は、曇り時々晴れで、
にわか雨も降ったが、夕方には月が出ていた。
猫の目天気であったが、風もなく暖かかった。



名駅の超高層ビル群の工事が、急ピッチで進んでいる。
左の奥がJPタワーで、40階まで組み上がり、
外壁も半分ほど取り付けられている。

地下鉄への浸水事故もあったが、トップを切って、
2015年秋に完成する。



左手前は、JRゲートタワー(新駅ビル)で、大型クレーン
が取り付けられ、低層部の鉄骨が組み立てられていた。

46階建てが完成するのは、2017年2月で、
ホテルやタカシマヤ、ヨドバシカメラなどが入居する。



大名古屋ビルは、いつの間にか中層部に、
外壁が取り付けられていた。
2015年10月に竣工し三越伊勢丹の出店が決まっている。

最近のビル工事のスピードは速く、
僅かな間に外観が一変している。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

落ち葉の季節

2014年11月27日 | 歩く




昨日までの雨は止み、暖かい陽射しが戻ってきた。
朝の散歩は、広小路通から下園公園~桜通り~名駅界隈
を歩いたが、上着を脱ぎたくなるほどの暖かさで、小春日和でなく、
小夏日和とでも言うのだろうか。



下園公園は、御園小学校と観光ホテルの間にある
小さな公園だが、ケヤキやカエデ、クスなどの
大木があるので、落ち葉の量が普通でない。

清掃員が毎朝、公園内の掃除をするので、比較的きれいに
保たれているが、しばらくは落ち葉との格闘が続くことだろう。



今日も「鳥久」の火事現場で、消防と警察が
瓦礫を取り除きながら、調査をしていた。

出火から6日も経ったが、無人の家の
出火原因特定は難しく、捜査が難航しているようだ。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

空き家が増えている

2014年11月26日 | 暮らし


今日も朝から雨が降ったり止んだりで、
すっきりしない1日だった。

日本経済新聞の朝刊に、「空き家が増え続け820万戸に。
住宅総数に占める割合は13.5%と最多になり、シロアリの発生、
倒壊の懸念、不審者侵などなど、治安にも影を落としている。」と伝えていた。



わが家に隣接する、西と北側の3軒は、
いずれも空き家になっている。



一人暮らしの老人が住んでいたが、亡くなったり
施設に入ったりして、その後は空き家のまま放置されている。

行政は、倒壊の危険がある家屋を、代執行で強制撤去するとか、
住宅の建つ土地の税額を6分の一に優遇する措置を、危険な空き家と
判定した場合、それを外す制度導入などの、空き家対策を検討している。

日経の5面にも、人口や世帯数の減少に伴い、2023年の
空き家数は1.397万戸、住宅総数の21%まで高まると報じている。

空き家の発生は、人口減少以外に、住宅流通にも問題があるようだ。
住宅販売で、中古住宅の割合が、米国の9割や英国の8割に対し、
日本は1割強と、新築志向が極端に強い。

売り手も取引額が大きく、利幅の多い「新築志向」が強く、
買い手もそれに倣っている。

国は中古住宅の活用を促進し、空き家発生の抑制策に取り組み始めている。
これまで築25年程度で、価値をゼロとみなしていたが、
リフォームで価値が高まる評価基準に変え、住宅支援機構の
融資制度も、中古住宅の取得とリフォーム費用を一括して借りられるようにする。

こうした施策で、町の景観を損なうだけでなく、放火や
不法侵入などの問題が、解消されることを願いたい。

空き家は過疎の田舎の問題と思っていたが、
昨今は都心部でも深刻な問題になっている。

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

久しぶりの雨

2014年11月25日 | 暮らし


連休明けを待っていたかのように、
昨夜から雨が降りだした。



空気が乾燥して、咳が止まらなかったので、
恵みの雨になってくれそうだ。

雨の日は読書に限ると、本屋で目についた本を、
アットランダムに選んできた。




夜の盛場で蠢く悪を追う刑事小説、「新宿鮫シリーズ」の10巻目
「絆回廊」は、意外な幕切れで、次巻へつながる暗示的な結末であった。

時代背景は違うが、鬼の平蔵や、闇の仕置人と同じ
痛快感があり、一気に最後まで読んでしまう。

「終活なんかおやめなさい」は、反終活的な目次に
つられて買うことにした。

終活ばやりの今、・遺言は無用 ・葬式は思案無用
・戒名や墓無用 などなどの文字が、新鮮に映った。
ひょっとして、死に方より、生き方を教えてくれるかもしれない。

「哀しき半島国家 韓国の結末」の刺激的なタイトルに、
いま流行りの嫌韓・反中本かと思ったが、佐藤優の
「世の嫌韓論とは次元が違う」と言う、帯の言葉に惹かれた。

脈絡のない三冊で、頭が混乱しそう。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

白川公園と若宮大通りの紅葉

2014年11月24日 | 歩く


白川公園付近の紅葉が、ちょうど見頃を迎えている。



ケヤキは赤茶けて散り始めているが、
クスはまだ緑の葉が多い。





公園脇の若宮大通りは、紅いトウカエデと
黄色いイチョウのコントラストが美しい。



片側4車線の広い通りの、南側の車線はビルの
日陰になり、北側は日向なので、色具合が微妙に違う。



火事で消失した、鳥久付近の交通規制は解除されたが、
向かい側の歩道と堀川沿いの遊歩道は、通行禁止のテープが貼ってある。


鳥久前の、ガラス張りのビルを見上げると、
5階あたりまでガラスに、ヒビ割れが入っていた。
万一の落下を考えての措置で、当分の間は歩道を歩けない。



おとといの長野北部の地震の時は、わずかに揺れを
感じる程度で、ガラスの落下はなかった。

10メートルの距離でガラスが割れたり、電線を覆う
樹脂パイプが溶けて垂れ下がっているのを見ると、
火事の凄まじさに今更ながら驚く。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

日向の一日

2014年11月23日 | 暮らし

↑ 下園公園

今日も初冬とは思えない、暖かい一日だった
今年最後の3連休は、どうやら好天に恵まれそう。

鳥久の火事跡では、今日も警察と消防が、現場検証を
しているようで、無残な焼け跡がそのままだ。
人の住んでいない家の、出火原因の究明は難しいようだ。







毎日が連休なので、わざわざこの日に外出をすることもないので、
刃物を研いだり、円空彫刻の練習などで過ごした。





その合間に本などを読んでいると、すぐに睡魔が襲ってきて、
本をぱたっと落とし、我に返ったりする。



干物日和となり、カマスを干したが、もう少し冷たい
木枯らしでも吹けば、旨い干物が出来るのにと贅沢を言っている。

午後の半日ほども干せば、身も焼けないし、柔らかく仕上がる。
おかずや酒の肴にも合うので、この時期にはよく作っている。

日がな一日、のんびり日向ぼっこでは、
身も心もほうけてしまいそう。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

老舗料亭「鳥久」が全焼した

2014年11月22日 | 雑感


今日の未明、サイレンの音で目が覚めたら、
東側のリビングの窓が、真っ赤に染まっていた。





驚いて外へ出たら、廃業中の「鳥久」が盛んに燃えている。
古い木造建築に、10台を越す消防車が放水していたが、瞬く間に全焼した。



火の粉が飛んできて緊張したが、類焼を免れたことは何よりであった。



老舗料亭「鳥久」の建物は、江戸末期の建築と言われ、
保存するか取り壊すかで、市長と持ち主が揉めて、話題になっている。


↑ 2014.10.23撮影

これで決着を見ないまま、保存問題も建物も
灰燼に帰してしまったが、ひと気の無い建物の出火に、
何かと不審が残る。



7時前に鎮火したが、このタイミングでの火事に
何だかキナ臭い匂いが漂っている。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

衆議院の解散と総選挙

2014年11月21日 | 交友


今朝は空気がひんやりと冷たかったが、
穏やかな日和で、初冬の陽射しが心地よかった。



午後は名東区で、もと会社のOB仲間と、
昼食を挟みながら駄弁ってきた。

いつも10人前後が集まっては、
他愛のない話題で盛り上がっている。

根も葉もある?噂話から、芸能界や政界まで、
硬軟にわたってのおしゃべりは、肩も凝らないし罪もない。

時には頭の体操にもなるので、月に1回ほどの
頻度で、顔を出している。



なぜ解散するのか訳が分からないままに、
衆議院が解散してしまった。

安倍首相の解散記者会見を聞いても、
国民に問う理由や根拠が見えない。

真面目に信を問うなら、議員定数の削減など、前回の約束事を、
キッチリ果たしてからにしてもらいたい。

選挙は国民に与えられた権利と義務であるが、
約束を果たせない政治に、権利を行使する気持ちが高まるだろうか。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

桜通りの黄葉

2014年11月20日 | 歩く


今朝は6時半に散歩に出かけたが、
雲が厚くあたりが薄暗かった。
夜明けが遅くなり、朝のスタートも遅くなっていく。



先日まで咲いていた、下園公園のハイビスカスは
枯れて、寒々とした風景に変わっていた。





桜通りのイチョウ並木も、一部で黄葉が進み、
間も無く見頃を迎えそうだ。



円空彫刻の稽古日で、荒子観音寺へ行ったが、
境内のケヤキやイチョウも色づいていた。


↑ 2012.11.21撮影

飛騨国分寺の大銀杏が、今朝から散り始めたと、
テレビが伝えていた。

飛騨地方では、国分寺のイチョウが散ると、初雪が降るとか、
1日で散ってしまうと、その年は大雪になると言われている。
今年は、どんな散り方をするのだろうか。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

岩崎御嶽山の浅野祥雲作コンクリート像

2014年11月19日 | 歩く


先日、岩崎御嶽山を訪れた時に、浅野祥雲の作と
言われる、コンクリート像を数多く見てきた。

いずれも、垢抜けない素人っぽさに、
なんとも言えない味があった。

昔の銭湯の富士山や、心斎橋の「くいだおれ太郎」に
似た泥臭さが、妙に脳裏に焼きついて離れない。

浅野祥雲は、岐阜県中津川生まれの、コンクリート像作家で、
昭和初期から40年代にかけて、中部地方を中心に多くの作品を残している。

「ほとんどが身長2メートル以上の人物像(仏像)で、コンクリートの
表面にペンキで着色され、一箇所に集中して林立することが特徴である。」(wikipediaより)

どの作品も、歴史や美術界で評価されず、大寺院や古刹で
目にすることはないが、B級スポットの、ゆるキャラ的な像に惹かれる人は多いという。





各地で目にする弘法大師像は、鋭い眼光とキリッと
結んだ口元から、威厳と気品を感じて、思わず手を
合わせるが、岩崎御嶽山の大師像は庶民的で愛嬌があり、
口に締まりの無いところに親しみが湧く。



毘沙門天も、仏法を守る厳しい武神であるにもかかわらず、
邪鬼を踏みつける姿から、荒々しさが伝わってこない。



どういう訳か、踏まれてる鬼に邪悪な形相や苦悶がなく、
満更でもなさそうな表情が、アブノーマルで可笑しい。



霊神場のコンクリ像も、亡くなった信者の写真をもとに、
作ったと言われているが、いずれも民俗信仰の素朴さがあり、土の匂いがしてくる。







ペンキが剥げ落ちた像や、一部が欠けた地蔵に、怪しげな
空気を感じなくもないが、どことなく愛嬌があるので、
心霊スポット的な不気味さも感じない。









調べてみると、犬山の桃太郎神社や、日進市の五色山・大安寺(五色園)、
南知多町の中之院・軍人墓地など、多くの祥雲像聖地がある。

稀有な作家の像を、これ以上巡ると惹き込まれそうだが、
乗り掛かった船と、いつの日にか、 訪ね歩いてみたい。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

大須観音から「久屋大通庭園フラリエ」へ

2014年11月18日 | 歩く


今日も陽射しがたっぷりで、円空仏を彫っていても、
眠気をもよおしそうな日和だった。



午前中で模刻を終え、大須観音の骨董市へ行ってきた。
目的の道具屋は、あいにく今日も出ていなかった。

鑿を探しているのだが、古い大工道具を買う人がいないようで、
古着や趣味の骨董品を扱う店ばかりだ。



帰りは大須商店がから、矢場町~栄を通って帰ってきた。

今年3月に閉館した「ランの館」が、9月に
「久屋大通庭園フラリエ」と名を変えて、
委託管理者が運営に当たっている。



立派な建物はリニューアルされ、世界中のランが
集められていた温室が無くなり、開放的な庭園に変わっていた。







以前は700円だった入場料が無料になり、イタリアンレストランや
オープンカフェ、フラワーショップなども賑わっていた。



来場者の低迷から、事業仕分けで「廃止」が決まった施設が、
新しい経営センスで蘇れば、税金の無駄遣いにはならないのだが・・・
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

牧野が池緑地のウォーキング

2014年11月17日 | 歩く


今日も晴れ時々曇りで、
穏やかな天気が続いている。







牧野が池一周コースを歩いてきたが、
先週に比べて、秋がいっそう深まっていた。





紅葉が鮮やかになり、落ち葉も盛んに舞っている。





鴨の群れも増えて、水草をついばんでいた。



起伏の多い展望台や、白美龍神社にも立ち寄ったので、
久しぶりに汗をかいた。



「健康ウォーキング」のポスターが貼ってあったが、
1往復5キロのコースを70回歩けば、
東海道を江戸まで歩いたことになる。

千里の道も一歩から、と言われるが、
江戸に着くには根気が要りそう。

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

名駅周辺のイルミネーション

2014年11月16日 | 暮らし


高い山が冠雪し、山裾が紅葉に染まる頃、
都会の繁華街もイルミネーションに彩られる。


↑ 笹島交差点

夕方、名駅まで出かけたが、帰りはすっかり
日が暮れて、ビルも道路も光の饗宴が始まっていた。



JRタワーズは、隣接する新駅ビルが工事中で、
名物のイルミネーションが灯らず、少し寂しい。


↑ 柳橋交差点


↑ 納屋橋

名古屋で2度目の冬を迎えるが、飛騨の山里暮らしは
すでに遠い昔のことのように思える。

時々、周りの明かりで、星が見えない空を見上げては、
降るような星空や、雪面を照らす寒月を思い出している。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加