花のたより☆山のふみ ~青森県立名久井農業高等学校~

青森県の小さな学校「名久井農業高校」の美しい自然と植物研究グループ「チームフローラフォトニクス」の取組みを紹介します!

あけび!!

2017年09月30日 | 
秋の味覚、あけびです。
学校では栽培していないので
誰かがとってきたものと思われます。
あけびは一般に蔓を利用してかごを編んだりしますが
果実も甘いので食べることができます。
昔は子どものおやつのようなものでしたが
なにしろ中に大きな種子がたくさん入っているので
吐き出さなければなりません。
チームはかつて理化学研究所のご協力をいただき
イオンビームによる突然変異育種を行いました。
するといろいろ変化が見られますが
種子がつかなくなるものもあります。
その時考えたのがあけびへの照射。
もしあけびに種子がなくなったらバナナのように
思いっきりまるかじりできると思ったからです。
私たちが普段食べているバナナも昔は種子がありました。
果肉を切ってみると中央に黒いあとが見えますが
これがバナナの種子のなごりです。
偶然、突然変異で種子がなくなったものを今食べていますが
もし種無しあけびができたなら
こちらもきっと人気になると思います。
チームはもうこの育種は行っていませんが
ぜひどこかで取り組んだもらいたいものです。
コメント

ネリカ米?

2017年09月30日 | 研究
お米です!
ちょっと細長いのがおわかりですか。
これは一般にネリカ米といわれる
アフリカで栽培されるように開発されたものです。
アフリカでは食糧不足で困っている人がたくさんいます。
ですからこのネリカ米は多収と耐乾燥性が特徴。
多収の性質はアジアイネから、
耐乾燥性と耐病害虫性はアフリカイネから得たもの。
つまりアジアとアフリカのイネの掛け合わせなのです。
現在、サハラ砂漠よりも南の国で栽培されています。
ところでネリカって変な名前だとは思いませんか。
正しくはNERICAと書きます。
意味はNew rice for Africa。
それぞれの単語の一部を頂いています。
Song for Africaではありませんが
アフリカを救う思いがこめられています。
コメント

ゴホンといえば・・・?

2017年09月29日 | 研究
チームフローラフォトニクスでは7〜8年前から
薬用植物にいち早く注目して栽培にトライしてきました。
ムラサキ、甘草などいろいろ栽培しましたが
現在2年生が取り組んでいるのがこの植物。
根を見て何の植物かわかりますか。
答えは桔梗(キキョウ)。
あの秋の七草のキキョウの根です。
実はこのキキョウの根が薬になるのです。
効能はなんと咳をおさえ痰をなくす作用。
このキキョウの根を材料にして作った薬は
みなさんも知っているあの「龍角散」。
成分はこちらも有名なサポニンです。
多くが輸入されているため何かあったら大変。
ならば日本で、それも効率よく肥大させようと
2年生が春から取り組んできました。
今年は思うような結果が出ませんでしたが
手応えも得ています。
来年は本格的な実験が始まる予定です。

コメント

高額な怪しい白い粉!!

2017年09月29日 | 研究
机の引き出しの奥にガラスの瓶を見つけました!
チームにとってはとても懐かしい宝物です。
これはブラシナゾールという薬剤で
この溶液を植物に散布すると
ブラシノステロイドという植物ホルモンが
合成されなくなります。
するとどうでしょう。
日陰に置いても葉の色が濃くなり、
徒長もしなくなるのです。
まるで光を人一倍感じているような
不思議な振る舞いを見せるのです。
この貴重なブラシナゾール、
チームはいろいろな植物に散布しては
その変化を探ってきました。
実はこのブラシナゾール、
理化学研究所からいただいたものです。
当時は市販されていませんでしたが
その後、薬品会社から販売されました。
その金額を見てびっくり。1g500万円!
チームは3g以上も持っていたので
この瓶だけで1700万円にもなります。
中は単なる白い粉。
チームが高額な白い粉を隠し持っているという
噂がたったらおまわりさんが勘違いして来てしまいそう。
久しぶりにこの薬剤を使った実験をしたくなりました。


コメント

白い林檎の夢

2017年09月28日 | 研究
2010年11月25日の天声人語。
タイトルは「白い林檎の夢」。
ここには名農が考案した白いりんごの記事が掲載されています。
りんごが若さを感じる果物であること、
これを考えたのが農業高校の若い女子生徒であること。
地域を元気にさせたいという純粋な思いに
筆者が感銘しているようすが読みとれます。
あの天声人語に名農の学校名が載ったことから
当時はだいぶ騒がれたものでした。
雪のような白いりんごをクリスマスに届けたいという
彼女たちの夢がいつか実を結べば美しいと
この日の天声人語はまとめられています。
白いりんごはこのところ猛暑の影響で
黄色いりんごになっています。
幸い?今年は比較的涼しい夏でした。
先輩の夢を引き継いで白いりんご作りに取り組んでいる
チームの3年生が収穫するのはあと1ヶ月後。
どんな色か今から気になります。
コメント