花のたより☆山のふみ ~青森県立名久井農業高等学校~

青森県の小さな学校「名久井農業高校」の美しい自然と植物研究グループ「チームフローラフォトニクス」の取組みを紹介します!

ブルーシート ?

2017年12月04日 | 生物生産科
学校の脇のブルーシートがやけに目立ちます。
なかはどうやらコンテナのようです。
名農生の何名かがこの中に何が入っているんだろうと
話をしているのが聞こえてきました。
確かに今までなかったコンテナなので気になっているようです。
でもなんとなく想像がつきます。
もしかしたらりんごかもしれません。
今年は名農のジュース用のりんごが
台風のためいくらもとれなかったといいます。
おそらくいろいろなところから集めてきたのではないでしょうか。
心配なのが紅玉があるかどうか。
名農のりんごジュースが市販のものより美味しいといわれるのは
酸味の強い紅玉が入っているから。
好みの違いもありますが、青森県の代表的なメーカーの
ジュースに比べると断然美味しいと思います。
台風で品薄になった名農の紅玉。
果たして今年のりんごジュースはどなるのでしょう。
コメント

安納芋?

2017年11月20日 | 生物生産科
この季節になると食べたくなるのが焼き芋。
校内で生物生産科の3年生が販売していました。
すごいのは品種が「安納芋」というところ。
ねっとりした肉質と甘さは日本中で大人気です。
そんなサツマイモを作ってしまうあたりに
彼らの実力を感じます。
ただ売れた理由は品種だけではありません。
焼き芋にしたところです。
トウモロコシも生よりは茹でて売ったらすぐ完売。
食べるまでが面倒くさいと思う
消費者の心理をうまくつくことが大切です。
さて先日、名農に小学生がやってきて
高校生と一緒に大学芋を作っていました。
小学生は名農で栽培し、それを名農生が指導してきました。
そして最後は一緒に調理したのです。
これぞ食育。それも斜めの関係なので
小学生もわかりやすかったのではないでしょうか。
小学生と高校生が大学芋を作る。
あとは中学生が出てくると完璧です。
コメント

満天青空レストラン

2017年10月27日 | 生物生産科
いつかいつかと言われていました「南部太ねぎ」。
とうとう今週の土曜日、
テレビの人気番組「満天青空レストラン」にの放映が決まりました。
南部太ねぎはもちろん名農生が絶滅しかかっていた在来種を復活させたもの。
したがって番組の中でも名農が登場します。
先日、名農に取材スタッフが来校されていたようです。
生物生産科が取り組んでいる南部太ねぎの研究。
ダッシュ村の次は、満天青空レストランと
テレビ出演続きの野菜班たち。
果たして「うまい〜」といってくれるか楽しみです。
10月28日は名農祭1日目。
そして夜はテレビを楽しみましょう。
コメント

ピーチジャム!

2017年09月27日 | 生物生産科
名久井農業高校の生物生産科には
食品加工を学ぶ類型(コース)があります!
パン、ジュースなどいろいろな加工品を作りますが
なかでもジャムは人気です。
名久井農業高校の文化祭である名農祭では
リンゴ、桃などいろいろなジャムが並びます。
また鶏味噌やこうじなんばんなどご飯のおとももひっぱりだこ。
さらにはPTAで作る幻の「焼き肉のタレ」は数量限定のため
並んで購入する姿が毎年見られます。
まるでiPhoneXのようです。
2017年、今年の名農祭は10月の28日29日。
加工品をお求めの方はお早めにご来校ください。
さて明日から名農は中間考査。
名農生にとってはこちらもビッグイベントです。

コメント

好きなの?嫌いなの?

2017年09月19日 | 生物生産科
久しぶりにやってきた第1農場。
散策してみるとトウガラシが入った袋がぶら下がっています!
何か加工品でも作ろうと考えているようです。
ところでみなさんはトウガラシの仲間をどれだけご存知ですか。
ナス科でシシトウなどのあまり辛くない甘唐辛子から
ハバネロやジョロキアなど激辛までさまざまあります。
緑のハラペーニョで作るタバスコなどもありますね。
日本にも鷹の爪や島トウガラシなどという
辛い仲間はたくさんあります。
名農生の話に聞き耳をたてると
辛いもの好きの人は意外と多く
いろいろなものにかけては食べているようです。
さてチームフローラはさまざま遠征するので
全員で外食する機会がよくあります。
好き嫌いは当然あるものですが、
今まではそんなに気にしたことはありませんでした。
ところが今年の3年生5人は好き嫌いというか
アレルギーを含めて食べられないものが多すぎます。
そば、寿司、辛いものは理解できますが
最後の砦である焼き肉もだめなのです。
せっかくの外食ですが、みんなが食べられるのはラーメンのみ。
本当に困ってしまいます。


コメント