花のたより☆山のふみ ~青森県立名久井農業高等学校~

青森県の小さな学校「名久井農業高校」の美しい自然と植物研究グループ「チームフローラフォトニクス」の取組みを紹介します!

四重鉢?

2017年06月30日 | 研究
金曜日に農業クラブ県大会で最優秀を受賞したチームの3年生。
休む間もなく月曜日に法光寺でのハス復活プロジェクトに挑んでいます。
何度も池に入っているためか、手馴れたもので
作業は1時間もなく終えました。
彼らが作業した後をご覧ください。
池の鉢がちょっと変わっています。
左側は通常の鉢で鉢ごと池に入れた初期の状態です。
右側は急遽、低温対策を施した鉢で、前代未聞の「四重鉢」です!
なんとしても花を咲かせたいという思いから
なりふり構わずチャレンジした結果です。
確かに不恰好ですが、咲くかどうかが今年の知りたいポイント。
これで咲くのがわかれば、鉢の格好は来年度改良できます。
里のハスはもう開花しています。
名農のハスも積算温度が500℃に達し、
やっと立ち葉が出てきました。
さて法光寺のハスはどうなるのでしょうか。
コメント

押すなよ! 絶対に押すなよ!

2017年06月30日 | 研究
先日の月曜日、チームの3年生は法光寺にいました。
それもまた池の中です。
別に露天風呂とか秘湯を巡っているわけではありません。
法光寺に失われたハスの花を咲かせようとしているのです。
昨年はあまりにも池が冷たくて大失敗!
葉の一本も出てきませんでした。
そこで今年は鉢に入れたまま、
それも二重鉢で低水温対策をして臨みました。
ところが葉は出ているものの、
どうも生育が思わしくありません。
おそらく冷たい水がじわじわと鉢内を冷やしているようです。
思った以上に強敵な法光寺。
このままいったら今年は花を咲かせないかもしれません。
チームの予想では開花はまだ1ケ月半も先。
悩んだ結果、今なら間に合うと考え
急遽、池にやってきたのです。
ところがこの池は思った以上に泥が深く足をとられます。
押すなよ!絶対に押すなよ!
どこかで聞いたことのあるセリフです。
コメント

3年ぶりの2冠達成!

2017年06月29日 | 研究
農業クラブ県大会。
チームは意見発表とプロジェクトのⅡ類に出場しました。
いずれも環境関係の分野です。
審査の結果、うれしいことにいずれも最優秀。
今まで意見発表とプロジェクトに分かれて
練習してきた彼らですが、戦い終わり集結すると
2つのトロフィー、2つの盾を手にしています。
ちーむにとってこれは3年ぶりの快挙!
日頃の活動が第3者に認めたもらったことが嬉しくて
大はしゃぎしていました。
後輩たちの目の前で快挙をなしとげた3年生。
2年生もその姿をしっかり目に焼き付けたようです。
東北大会は夏休み明けの8月下旬。
なんと今年の会場はお隣の三本木農業高校。
実は青森県開催なのです。
いつもであれば進路を決めるため3年生は秋まで
チームの大きな活動は休止となるのですが
東北大会出場のためもう少し練習が続きそうです。
さて名農は今日から学期末考査。
収穫に研究に、そしてテストにと忙しい名農生です。
コメント

TPO?

2017年06月29日 | 研究
都会の学校ではあまりありませんが
田舎ではときどき制服の下になぜかTシャツを来てくる生徒がいます。
透けて見えるメーカーのロゴなどが自己アピールなのかもしれませんが
それはグラウンドや体育館で見せるもの。
制服はフォーマルなので感心できません。
したがって3年生になると進路指導の一環として
場所に応じた着こなしをしなさいと注意しています。
先日行われた農業クラブ県大会、
チームフローラフォトニクスは4年連続プロジェクト発表会に出場しました!
もちろん運動競技ではないので学校の制服を着て臨みます。
するとチームの3年生のひとりが2年生たちが
下にTシャツを着ていると話してきました。
よく見ると3年生たちは場をわきまえTシャツなど着ていません。
それだけに2年生の姿が気になったようです。
確かに前日、着てくるなと連絡しなかったので
まだ大人になりきれていない2年生は着てしまったようです。
でもよく見るとなぜか着ているのは全員背番号17。
これは今年彼らが作ったチームのTシャツです。
農業クラブの大会は学習の場ですが、
彼らにとっては最優秀を競う場でもあります。
発表者など主たる役目は3年生が担当しますが
おそらく2年生も3年生と一丸となって戦おうという思いが
ユニフォームであるTシャツを着させたのでしょう。
もしかしたら彼らにとって戦うという場に相応しい姿をしたのかもしれません。
コメント

農業クラブのタイトル!!

2017年06月28日 | 研究
先日、五所川原農林高校で農業クラブ県大会が開催されました。
これは大会前日の名農体育館!
みんな最後の発表練習に励んでいます。
チームフローラフォトニクスは農ク以外の大会にも積極的に参加しているため
農業クラブとは縁遠い研究班というイメージをみなさんお持ちのようで
周囲からよく農クの大会にも出場してはどうかといわれます。
しかしチームフローラフォトニクスは2009年に結成してから8年間、
プロジェクト発表で5回、意見発表で4回も県大会に出場しています。
さらに東北大会にもプロジェクトで3回、意見でも3回
青森県代表として出場しています。
したがって周囲のイメージとは違い、名農の環境分野を
必死に支えてきたという思いをチームはもっています。
でも全国大会に出場していないのでなかなか理解してもらえないのが現実です。
9年間でさまざまなタイトルを奪取してきたチームですが
残っているのは先輩も成し遂げていない農ク全国大会のタイトル。
結成9年目の今年、チームは2〜3年生総力でプロジェクトと意見発表に挑みます。
コメント