花のたより☆山のふみ ~青森県立名久井農業高等学校~

青森県の小さな学校「名久井農業高校」の美しい自然と植物研究グループ「チームフローラフォトニクス」の取組みを紹介します!

里の秋に名農参上?

2017年09月08日 | 学校
暑かった夏もこのところ急に朝夕寒くなってきました。
里にも秋が来たようです!
さて今日から地元南部町のながわ秋祭りが始まります。
名久井農業高校ではこの祭りに10年以上も前から参加しています。
神社の旗持ち、山車の引き子など祭り本隊のお手伝いだけでなく
名農独自の樽神輿や農産物配布で盛り上げます。
なかでも華やかなのが女子生徒による流し踊り。
南部町は若者が流出し、高齢化がどんどん進んでいます。
したがってそんな町の祭りに元気な高校生が参加すると
とても賑やかで明るくなるので
町民のみなさんは毎年楽しみにしているようです。
そもそも名農はこの地域の方々が協力して作り上げた学校。
「南部町立名久井農業高校」と今なお愛されている理由です。
お祭りは今日から3日間。
名農は初日に全校で、最終日にも一部参加して祭りを盛り上げます。
また夜は郷土芸能部が豊穣太鼓を披露。
地域を支える名農生の活躍をぜひご覧下さい。
コメント

会議じゃうまれない?

2017年09月08日 | 研究
さて観光選手権でグランプリを受賞した2年生。
いきなり日本一とは驚くばかりですが
過去に酔っていてもしょうがありません。
高校時代はあっという間に過ぎていくもの!
次々とチャレンジしなければもったいありません。
されこのぐちゃぐちゃした図のような落書きはなんでしょう。
実は毎年恒例になった秋のビジネスプラン作りに挑戦した形跡なのです。
観光プランもビジネスプランもまったくないところから
雑談しながら徐々に思いついたアイデアをイメージ化していく作業の先にあります。
あれはどうだ、これはどうだ?
絶対否定せずにどんどん馬鹿げた思いつきを書き出していく。
こればかりは絶対会議で生まれることはありません。
画一的な授業はちょっとやめて雑談を楽しむ。
時には飲食することも必要です。
植物研究の合間に行うチームならではの頭の体操。
2〜3年生とも夢のイメージ化に挑んでいます。
コメント