花のたより☆山のふみ ~青森県立名久井農業高等学校~

青森県の小さな学校「名久井農業高校」の美しい自然と植物研究グループ「チームフローラフォトニクス」の取組みを紹介します!

フリースタイル!

2014年10月31日 | 園芸科学科
3回シリーズで開催された園芸科学科恒例の
フラワーアレンジメント教室。
最終回は今まで教わった技術を使って
自分だけのオリジナル作品に挑戦しました。
あっという間に完成させた人も入れば
最後の最後まで花とにらめっこをしている人もいます。
また作品にはその人の個性があらわれるので
出来上がった作品を見るのはとても楽しいものです。
さてこの素晴らしい作品は明日から始まる名農祭の
園芸科学科展において展示される予定です!
いつも投票によるコンテストを行っているので
ぜひご覧いただき投票してください。
会場は第2体育館。
みなさまのご来場をお待ちしています。
コメント

ちょっぴり悔しい沖縄土産!

2014年10月31日 | 学校
園芸科学科の2年生からお菓子をいただきました。
先週、沖縄で行われていた
農業クラブ全国大会に出場していた選手たちからです。
紅芋を使ったお菓子ですが、
いろいろ話を聞いてみると、パイナップルや
マンゴーなど美味しいものばかり食べてきたようです。
今年、プロジェクトで全国大会出場を目指したチームの3年生も
きっと嬉しくてちょっぴり悔しいお土産をもらったはずです!
さて来年の全国大会は群馬県で開催されます。
名農のプロジェクトは鯉の滝登り。
何度跳ね返されても上流を目指して挑戦します。
いつの日か急流を遡り、みごと竜になるグループが出るでしょう。
そんな今年の名農生の活躍はもちろん、
70年歩みの中からいくつか
明日から始まる名農祭で展示される予定です。
コメント

白いリンゴを美味しく食べるコツ

2014年10月30日 | 研究
白いリンゴを栽培した方はわかると思いますが
収穫したばかりは、お世辞でも美味しいとはいえません。
未熟状態で採るため、甘くないのです!
この日の撮影でも普通のシナノゴールドは15度を超す甘さなのに
白いリンゴは13度程度しかありません。
しかし白いリンゴを栽培してもう6年。
美味しく食べるコツをチームはしっかりつかんでいます。
それは追熟。収穫から7~10日ほど冷蔵庫に入れて待つのです。
今年も収穫した甘くないシナノゴールドも1週間追熟させたら
何と16度近い甘さに変わっていました。
びっくりするほど薄い皮なので皮むきが不要、そのまま食べて下さい。
チームは明日から始まる名農祭でアグリチャレンジ展を運営します。
忙しいのですがもし余力があれば試食コーナーを作るかもしれません。
とはいっても今年もリンゴは左のように
白くならずクリーム色ですが・・・。
さて今日から名農祭の準備が本格的に始まります。
どの部門もきっと猫の手も借りたいほどの大忙しでしょう。
コメント (2)

アップルガールズ再び!

2014年10月30日 | 研究
チームが出演することになったテレビ局はNHK、番組は「あさイチ」。
朝の視聴率No.1という全国的な人気番組です!
お話ではリンゴを特集することになり、
その中で白いリンゴを作る高校生を紹介したいとのことでした。
ロケに使ったのはシナノゴールド。
収穫には若干早かったのですが撮影日に合わせることにしました。
さて白いリンゴを最初に考案した名農最後の
生活科学科3年生で結成されたチームは
アップルガールズと名乗りました。
おそらく今回、テレビに当時の写真が紹介されるので
彼女たちにはテレビ局から使用許可のお願いがあったと思います。
その後白いリンゴは園芸科学科が引き継ぎ、
翌年はアップルデザイン製作委員会という名称で栽培を続けました。
そして3年ほど前からはチームフローラフォトニクスの
女子たちが取り組んでいます。
放映は11月上旬。詳しく決まったらまたご紹介します。
コメント

久しぶりのTV出演!

2014年10月29日 | 研究
チームは今までニュース以外に、
いろいろな番組に出演させていただきました。
なかでも榊原郁恵さんや松本伊代さんなどの
たくさんの芸能人と出演した北国のグルメ番組や
ツカエルくんというカエルの着ぐるみと一緒に出演した
青森県内の番組は台本もあり、なかなか大変でした。
これ以外にもさんまのカラクリTVやナニコレ珍百景、
おはようニッポンや朝ズバからのオファーをいただいています。
しかしこれだけたくさんのオファーがありますが
マスコミのお目当てはみな同じ。
チームが6年前に考案した「白いりんご」なんです。
しかしこのところ猛暑のため黄化してしまうので
最近はマスコミのオファーを断り続けていました。
ところが今回、数年ぶりに取材を受けることにしました。
なぜなら「白いリンゴを作るために悪戦苦闘している姿を
紹介したい」というのがオファーの理由!
これでは断る理由がありません。
さあロケが始まりました。

コメント