花のたより☆山のふみ ~青森県立名久井農業高等学校~

青森県の小さな学校「名久井農業高校」の美しい自然と植物研究グループ「チームフローラフォトニクス」の取組みを紹介します!

世界遺産「白神」

2017年09月18日 | その他
岩木山のテニスコートです。
晴れると結構日射しは強く焼けそうです。
しかし太陽が雲に入ると
とたんに風が冷たくなり
標高400〜500mにいることを教えてくれます。
さて背を岩木山に向けてコートを眺めていますが
向こうに見える山並みをご存知ですか?
屋久島とともに日本で最初に
世界遺産登録された「白神山地」です。
見所はブナの原生林ということですが
絶滅危惧種のクマゲラも自生しています。
調べてみるとやはりこの周辺にツキノワグマはいるそうで
嶽きみも被害を受ける時があるようです。
そもそも山は野生動物の住むところ。
そこにわざわざ入っていってトウモロコシを作ったら
食べられて当然です。
嶽きみもそんなリスクを背負って栽培されているようです。
コメント

嶽きみと岳きみ!

2017年09月18日 | その他
先日、ソフトテニスの試合で津軽に行ってきました!
会場は岩木山の中腹にある運動公園。
見上げるとご覧のとおり岩木山がそびえています。
見ているとどんどん雲がわき上がっているようで
時には黒い雲があらわれ通り雨を降らせます。
したがって試合は時々中断しますが
これも変わりやすい山の天気なので想定内。
みんな元気に戦っていました。
さてこの運動場の入り口にはたくさんの
テントが並び自動車が止まっています。
これぞ本家本元の「嶽きみ」。
今年はちょっと甘さが足りないそうですが
それでも季節の味を求める人を集めています。
チームフローラが かつて考案したアイデアは
名久井岳の登山口あたりで行うトウモロコシ栽培。
この嶽きみを栽培しているのと同じ標高になるので
きっと甘くなると考えたからです。
名前はもちろん「岳きみ」。
名久井岳の岳ですが、当然ながらパロディです。
実験したいという気持ちもありますが
クマを呼び寄せたらどうしようという不安もあり
残念ながら実現していません。
岩木山ではクマが出ないのでしょうか?
コメント

東へ西へ!!

2017年08月22日 | その他
夏休み中、青森県の西側である津軽方面に行く機会がありました 。
名農のある南部地方(太平洋側)は8月中旬から
ヤマセが毎日吹き込み、小雨が降り続けています!
冷たく長袖を来てきたのですが、
日本海側の津軽に来るとご覧のとおりの青空。
気温差は5℃以上、日照時間は比較にならないほど多いようです。
南部地方ではそろそろイネの生育遅延が問題になってきましたが
おそらく津軽ではそんなこともないのでしょうね。
誠に羨ましい限りです。
さて津軽から今度は東の南部地方に帰るのに八甲田を超えてみました。
すると津軽側は青空ですが、
目指す八甲田連峰の向こうの南部方面は
厚い雲に覆われているではありませんか。
これがヤマセで発生した低温多湿の雲です。
津軽が晴れているのは八甲田が太平洋から流れてくる
ヤマセを受け止めているため。
青森県の気候を大きく分ける八甲田の存在をあらためて感じます。
案の定、山越えの途中から小雨が降り始めました。
青森県の西と東ではこんなにも気候が違うのです。
コメント

鳥追い!

2017年08月21日 | その他
先日、こんなものを見つけました!
釣り竿にぶらさがった凧、カイトです。
面白いのは凧の絵が鷹になっているところ。
遠くから見ると鷹が飛んでいるように見えることから
カラスなどの鳥追いに使うアイデアグッズのようです。
確かに風があると本物のように飛びます。
しかし今年ならともかくカラスのような大きな鳥にも
果たして効果があるのかは分かりません。
爆音を鳴らすとか鳥の鳴き声を流すなど
いろいろなアイデアが出されていますが
相手も賢いのでなかなか効果は続かないようです。
農業ばかりでなくゴミ集積所を狙うなどカラスは厄介者。
こんなプロジェクトに取り組む班が出てくるかもしれません。
さあ長かった夏休みも本日で終了。
明日からは2学期が始まります。
進路決定、新人戦、農ク諸大会などビッグイベント満載の2学期。
うまく風に乗って飛び立ちたいものです。
コメント

古い神社の秘密!!

2017年08月15日 | その他
ここは五戸町にある高良神社です。
古くて小さな神社で大同年間に創成されたとあります。
調べてみてびっくり、平安時代です!
それも平安最初の806年から810年までの5年間を
さすのだそうですから驚きです。
さらに1763年に当時の南部藩主が奉納した御神輿が
今なお残っているというのもすごい話です。
あいにく普段は無人の神社のようで
詳しい話は聞けませんでしたが、
お盆になるとこの古びた神社も例祭となり
活気づくようです。
さてこのような神社にチームがやってきたのは
ちゃんとした理由があります。
答えは写真にも写っていますがわかりますか?
それではご案内します。
コメント