花のたより☆山のふみ ~青森県立名久井農業高等学校~

青森県の小さな学校「名久井農業高校」の美しい自然と植物研究グループ「チームフローラフォトニクス」の取組みを紹介します!

フローラの流儀

2017年09月20日 | 環境システム科
ここは果樹園である第1農場。ご覧下さい!
りんごが文字通り鈴なりになっています。
プロに見られたら摘果しない悪い管理だと叱られそうです。
実はこのりんご、受粉樹として植えられています。
したがって果実を収穫することはなく
先生方に伺っても品種名すら分からないといいます。
毎年、たくさんの花を咲かせ花粉を飛ばしてくれますが
それだけでもうお役御免。
放置されてしまうのでこんなにもりんごが実るのです。
りんごなどはたくさん実をつけさせると隔年結果といって
翌年は栄養不足になりあまりつかなくなります。
この受粉樹は放ったらかしにされるのでまさに隔年結果の繰り返し。
今年はたくさん実をつける年のようです。
実はチームはこのりんごを夏に食べてみました。
まだピンポン玉の大きさの頃です。
紅玉以上に酸味がありますが、
ジャムのように砂糖を入れて加熱するとなかなかの味。
レモンなしでも酸味のある美味しい食べ物にかわりました。
さらに優れたポリフェノールといわれる
りんごポリフェノールの量も通常の1.5倍。
何でも食べちゃうフローラの流儀です。
コメント

桃ジャム

2017年09月20日 | 学校
名農は昨年、町内のお店のご協力で
採れたての農産物を販売する
アンテナショップコーナーを設置してもらいました。
お店の名前は「おやさいの集会所」。
ユニークな名前なのですぐ覚えられます。
さてこの日もアンテナショップで販売する商品を
いっぱいにつけたトラックが農場に停まっていました。
おそらくこれから出動なのでしょう。
桃ジャムなんて店頭でもお目にかからない高級品ですが
値札を見てびっくりです。
名農アンテナショップは週に1度だけの開店。
お近くの方はぜひ寄ってください。
さて本日21日木曜日はチームの代表が県教育長に
観光甲子園グランプリの受賞報告のために青森市に向かいます。
緊張の2年生です。
コメント