花のたより☆山のふみ ~青森県立名久井農業高等学校~

青森県の小さな学校「名久井農業高校」の美しい自然と植物研究グループ「チームフローラフォトニクス」の取組みを紹介します!

里帰り!

2017年10月11日 | 園芸科学科
ご覧下さい!
見事なシクラメンが咲いています。
もちろんこれは園芸科学科が提供する名農祭での人気商品。
価格はもちろんですが、品質の良さでみなさん購入されます。
シクラメンだけは校内やグラウンドではなく温室で販売されます。
ぜひ農場にも立ち寄って頂ければ幸いです。
さてこのきれいな花畑を楽しんでいる人が見えます。
実はチームフローラフォトニクスの2年生です。
ちょっと時間があったので見学に来ました。
同じ名久井農業高校でも科が違えば
実習する場所も違うので今まで花など
じっくり見る機会はなかったようで
花の名前を当てたり、どの色が好きなのか楽しんでいました。
彼らにとっては初めての園芸科学科の温室探検ですが
チームにとってみれば久しぶりの里帰り。
そもそも草花斑だったのでこの温室が本拠地でした。
歩いてみるとチームが育てていたクリスマスローズもまだあり
懐かしくなってきました。
とはいってもいつまでも園芸科学科に
花を管理してもらうわけにはいきません。
現在、サンパチェンスが植えられている
本拠地の馴化温室の花壇に移植し、
クリスマスローズガーデンでも作ってみようかと思います。
コメント

創立73周年?

2017年10月07日 | 園芸科学科
名久井農業高校の正門から校舎を目指して歩いていくと
途中にこんな花文字が書かれています!
NAKUI73th とは今年で名農が創立73年目という意味だと思います。
文字になっている植物は秋らしくハボタン。
おそらく今月最終土日に開催される名農祭に
来校されるみなさんに見てもらおうと作ったのでしょう。
花でその時々のメッセージを掲げるのは名農らしいアイデア。
ぜひ次のアイデアも期待したいものです。
さてハボタンといえば地区分会。
今月中旬に行われ、秋の環境整備と
花植え大会が行われる予定です。




コメント

緑一色!

2017年08月09日 | 園芸科学科
久しぶりに第1農場にやってきました。
りんごの様子を見たいからです。
写真を撮るとマージャンではありませんが緑一色。
なんだか変な感じがします!
さて肝心のりんごはご覧のとおり、大きいものは
もう野球ボールぐらいまで肥大しています。
台風が今日、青森県に一番近づきますが
りんごに大きな被害がおきないことを願っています。
さてもう一つ心配なのが雨。
名久井農業高校のある南部町の中央を流れる馬淵川が
大雨になると氾濫するからです。
昨日、南部町で土嚢を積んでいる様子が二ユースになっていました。
かつて水害は10年に一度やってくるといいましたが
この10年ではすでに2回も氾濫しています。
万が一氾濫が予想される場合は緊急呼び出しがきますが
あいにく今日は2年生のチームフローラとともに
猛暑の大宮を目指しています。
なにもなく通り過ぎてくれることを祈っています。
コメント

楽しいハンギングバスケット

2017年07月01日 | 園芸科学科
可愛らしいハンギングバスケットが飾られています。
ここは第2農場、園芸科学科のエリア。
おそらく園芸科学科の研究グループ草花斑の作品だと思われます。
いかにも園芸科学科らしい癒しの空間を作り出しています!
かつて園芸科学科では生徒がハンギングバスケットをそれぞれ作り
校内に展示しては職員に審査してもらう
ハンギングバスケットコンテストを校内で行ったときがあります。
全員で大きな庭に花壇苗を植えたり
庭木をきれいに刈り込む実習なども楽しいのですが
自分一人でまるで絵を書くかのように
花でテーマを表現する作品作りはとても面白いもの。
さらに他の人と出来映えを競うと一層面白さは増してきます。
楽しみながら街の美化にさんかできることから
ハンギングバスケットコンテストを行う自治体もあります。
名農祭では3年生がフラワーアレンジコンテストを開催していますが
ぜひハンギングバスケットコンテストも再開してほしいものです。
小さな庭の日だまりを明るく彩る花たちの季節になりました。
コメント

フラワーアレンジメント!

2017年06月20日 | 園芸科学科
園芸科学科といえは草花。
単なる栽培だけではなく、
このようなフラワーアレンジについても学びます。
しかしこればっかりは誰でも指導できるものではありません!
芸術家のような力量はいらないにしても
基本の技術を身につけていないと教えられないからです。
名農では教えた経験のある先生が数名いらっしゃいます。
その先生の指導で今、名農生は一生懸命学んでいます。
なぜなら農業クラブの大会にフラワーアレンジの競技があるからです。
作った経験のないものにとってはどれもみな上手。
素人には審査や評価はできません。
コメント