Indoor airplane world
 



 予め用意されたグラフィカルアイテムをマウスで配置するだけで、プログラムを作ることができるプログラミング言語Scratchを使ってみた。  Scratchについては、図書館で借りてきたラズベリーパイ超入門に載っていたのをみて知った。  早速Raspberry Piを立ち上げてみたら、標準でインストールされていた。  以下はScratchの画像をキャプチャしたもの。 . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 出力1AのモバイルバッテリQE-QL105で、Raspberry Pi 3に電源を供給して、Volumio2で音楽を再生してみた。  音楽再生だけなら、供給能力の小さなモバイルバッテリでも、Raspberry Pi 3が問題なく駆動できるようだ。 . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 Volumio2で音楽を聴きながらシステムチェックしたら、アップデート情報が表示され、Version 2.001になった。  何が変わったのか間だよくわからない(笑)。 Volumio Download . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 手持ちのBluetoothマウスをRaspberry Pi 3 Model Bをつないでみた。  Bluetoothマウスの電源をONにしてから、XWindowからBluetoothアイコンのAdd Device...をクリック。  検索でBluetoothマウスが見つかった。  見つかったBluetoothマウスを選択して、[Pair]をクリック。  ペアリング成功。 . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 Raspberry Pi + PIXELが、とても身近に感じられるようになってきた。そこでRaspberry Pi 3からプリンタが使えるようにしてみた。  プリンタはRICOH IPSiO SP 4000で、固定IPアドレスを設定して、Windows PCからリモートプリントできるようにしてある。  rASPBERRY pI 3で印刷できるようにするにはどうやら    $ sudo a . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 Raspberry PiのXwindowが劇的に変わった。  普段Windowsを使っているので、今までのXwindowに違和感を感じていたが、これなら親しめそう。  RASPBIAN JESSIE WITH PIXELがリリースされた。  が、ダウンロードにかなりの時間がかかるので、以前ダウンロードした、2015-05-27 raspbian-jessie.imgを以下の手順でア . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 Raspberry Pi Zero + Zero4U 4-portハブは、現在3Dプリンタのクラウドプリントで活躍している。  モバイルバッテリで動かす必要はないが、動作するかどうか確認してみた。  画像は偶然とらえた最大消費電流で、0.11Aから0.20Aの間で変化した。これは3Dプリンタの電源をONにしている状態。  3Dプリンタの電源がOFFだと、Zero4Uハブから3Dプリンタ . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 Zero4U 4-PORT USB HUBの外部電源用に、JSTのサイド型XHコネクタが使われている。  JSTのXH-2Pハウジングとコンタクトピンが用意できたので、早速圧着ツールでケーブルを加工してセットしてみた。 XHコネクタはAWG22ケーブルを使うと許容電流が3Aになるが、今回は手持ちの関係でAWG22(2A)を使用。  早速、5V、2.3AのACアダプタから電源を供給し . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 USBハードディスクはUSBポートを2個使う。LavieZのUSBポートは2個しかないのでそのままでは使えない。  そこでZero4U 4-PORT USB HUBに外部から5Vを供給し、セルフパワーでUSBハードディスクをドライブしてみた。  USBハードディスクが問題なく認識された。  セルフパワー用の電源に使ったACアダプタは5V、2.3A出力。Zero4U 4-PORT . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 以前購入した中華SG90サーボも、中華MG90Sメタルサーボも偽物だった。  同品番のサーボが秋月電子で販売されていたので、試しに購入してみた(画像右)。どうやら本物のようだ。  本物には"Tower pro"の刻印がある。偽物は中華製だが本物は台湾製。  初めて気づいたが、ラベルが微妙に違う。しかも本物はデジタルサーボだったんだ。  QCシールも貼られている。 . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« 前ページ