Indoor airplane world
 



今年もいろいろなことがありました。 20mAh、60mAhと軽量な電池の出現でインドアエアプレーンも一気に軽量化が進み、新たに仲間入りをした人たちでも10gを切るインドアエアプレーンを作って飛ばせる時代になりました。ちょっと前までは100gを切ることが大変だったことを考えると、これから先どのように変化していくのか見当がつきません。 個人的には、本の出版という思いもかけなかった事態が舞い込み、この年 . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




インドアエアプレーンの投稿がありました。 . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




本日藤沢市片瀬しおさいセンター体育館で行われた飛行会の模様をアップしました。 . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




本日第2回目の校正原稿が届きました。 最終ページの記載内容から、書籍名が「PICマイコンで制御するインドア・プレーンのすべて」に決まったようです。2005年2月1日発行とあるので、1月末には書店に並ぶことになると思います。1月6日必着で最終校正原稿を編集部に送り返すことになっています。 お正月休みはどこにも出かけず、ゆっくりと校正原稿に目を通すことになりそうです。 . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




今日MPLAB IDEバージョン7を使ってみて気がついた新たな機能を紹介します。 画像は新たなStimulus Controllerウィンドウで、シュミレーションのときに使います。バージョン6.xxまでは入力ピンのHigh/Low/Toggleを設定することができましたが、Pulse High/Lowが追加されました。画像では1行目でGP3入力のパルス幅を350μs Highに設定しています。この . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




評価ボードについている余分な基板部分を切り離しました。これで机の上の狭いスペースでの作業が楽になります。裏側には四角いゴム足が本体側に3個、切り離した基板側に2個ついていましたが、切り離した基板から1個をはがして本体側に貼り付けました。 切り離した基板で、シリアルポート用のライタを1台作ることができそうですが、とりあえず必要ないので、時間があるときにでも研究してみようと思います。 . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




CQ出版社からマイコン活用シリーズとして4冊の本が出版されました。本日手元に送られてきたのはその中の2冊です。 当初、シリーズとして出版する本の一部の章を小黒さんと私に書いてほしいと打診があったのですが、私は別に1冊の本として書くことになり、小黒さんはマイコン活用シリーズの中の「PICマイコンによるメカトロニクス入門」(ISBN4-7898-3444-1)の第6章「ラジコン飛行機の機体発見ブザーの . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




FENG3さんのHPでもPIC10Fシリーズに関する情報が取り上げられています。評価ボードに使われているPIC16C745の調達先をお聞きしたところ、親切に手持ちのPICにファームウェアを書き込んで送っていただきました。一緒にSOT-23変換アダプタまで入っていました。早速ファームウェアの書き込まれたPIC16C745を評価ボードに取り付け、いただいた変換アダプタにPIC10F200をセットして書 . . . 本文を読む

コメント ( 17 ) | Trackback ( 0 )




インターネットの世界は日々進化していますが、数日前からとても便利に使い始めたものがあります。それはインターネット環境があってヘッドセットさえあれば世界中どことでも無料で会話をすることができるSkypeです。 音質は一般電話以上にクリアで複雑な設定等は一切不要。しかも無料(一般電話、携帯電話につなぐ場合は有料ですが格安)です。 Skypeはどのような環境でも、インストールして登録すればすぐに使えると . . . 本文を読む

コメント ( 5 ) | Trackback ( 0 )




具合のよくなかった水冷PCの代替が本日届きました。早速インターネット接続を行いましたが、結果は以前と変わらない状況でした。 検査をしてから送ってほしいといってありましたが、自社のルーターでは正常なので、ルーターに問題があるのではないかとのことでした。果たしてルーターを取り替えれば直るんでしょうか。とりあえずGegabit EhernetのプロパティでSeppd & Duplexの設定をAutoでは . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« 前ページ