Indoor airplane world
 



 発注した基板が届くまでに、組み立てに必要な部品をチェックして足らないものを調達しておきます。 はんだマスク用パターン  ホームリフロー装置を使って面実装パーツをはんだ付けするので、チップ部品のはんだづけに欠かせないはんだマスクを作っておかなくてはなりません。  はんだマスクを作るのに必要なマスクパターンは、EAGLE CADのtcreamレイヤーからイメージ出力したものを対称に配置し、プ . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 修理に出したTeruji Yamanoギターが手元戻るまでとりあえず練習用のギターが必要です。  練習用のギターを買うことも考えましたが近くに楽器屋さんもなく、またどの程度のものを買ったらよいのかも迷います。  ギターサークルの練習日もすぐにやってきます。そこで今は弾かなくなったYAMAHAのギターを取りだしてきました。すでに孫たちがおもちゃにしたりして傷だらけです。  とりあえず新しい弦 . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 Teruji Yamanoギターを手にしてちょうど1年経ちました。まだ弾きこなせる腕は持ち合わせていませんが、とてもよい音色にうっとりしてついつい毎日手にしています。  このところ「アルハンブラの思い出」の転調した小節から先を譜読みしていますが、昨晩、ギターの表面板がひび割れしているのに気づきました。ショックです。  なぜひび割れしたのか原因不明ですが、もしかしたら右腕のあたる部分なので . . . 本文を読む

コメント ( 3 ) | Trackback ( 0 )




   インドア・プレーンを楽しむ上で欠かせないのがリチウムポリマ電池です。現在ではリチウムポリマ電池の種類も増え、それぞれの電池に合わせて充電電流が切り替えられる便利なLPC10150USBとLPC30450USBをリリースしています。  切り替え式は便利ですが、一方で安価な充電器の要望もあり、今回新たに容量別の専用充電器をリリースしました。  LPCS10 充電電流10mA固定(FR10L、 . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 いよいよ基板を発注します。PCBCARTへログインしてQuote画面から発注する基板のオプション情報を入力します。 ・Material:  FR4(ガラスエポキシ基板)のみ ・Layers:  EAGLE CAD LIGHTでは1 layer(片面基板)と2 layer(両面基板)のみ  2 layerの場合、1辺のサイズが25mm以下の基板ではエクストラコストが発生する  過去赤外線受 . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




会場:神奈川県藤沢市片瀬しおさいセンター体育館 日時:2010年11月07日(日) 17:00-22:00 江の電「湘南海岸公園駅」徒歩1分 駐車場の割り当ては1サークル2台まで(ほかのサークル分が空いていれば利用可)なのでできるだけ電車をご利用ください 車で来る場合は前日17:00までにコメント欄にその旨を書き込んでください 当日駐車場が利用できない場合は近くのコインパーキング(有料)を利用し . . . 本文を読む

コメント ( 8 ) | Trackback ( 0 )




 プリント基板を発注する段階になって、一部仕様変更することにしました。PICマイコンの余っている2ピンを利用して、A/Dコンバータを使ったバッテリモニタ回路を組み込むことにしたのです。  A/Dコンバータを使う場合、通常トリムポットを使って入力ポートの電圧を設定します。PICのドライブ電圧(5V)を超えるポート入力は許されないので、電池電圧の9Vをトリムポットで分圧してポート入力とするのは危険で . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




   「アルハンブラの思い出」はクラシックギターを弾く人なら、いつかは弾けるようになりたいあこがれの曲ではないでしょうか。  庄村清志、斎藤明子、原善伸、山下和仁、マリア・エステル、村治佳織などが演奏する「アルハンブラの思い出」を聴いていますが、ギタリストによってずいぶん演奏に違いがあります。  特にお気に入りは村治佳織が演奏する「アルハンブラの思い出」で、トレモロの美しさに聴き惚れてしまいま . . . 本文を読む

コメント ( 3 ) | Trackback ( 0 )




  . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 製品化する小型FM送信機の試作が完了したので、いよいよプリント基板を発注します。当初ブルガリアのOLIMEXに基板を発注していましたが、最近はPCBCARTへの発注に切り替えました。  PCBCARTに切り替えた理由はいろいろあるのですが、最大の理由はショップでの販売数量が多くなってきたのにつれて、プリント基板の発注数も増え、OLIMEXの定形サイズに収まる基板設計では対応できなくなったためで . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« 前ページ