Indoor airplane world
 



PSoC3オープンワークショップで取得してきた知識をフル動員(笑)して、とりあえずインドアプレーンで使えそうな、ジョイスティックの抵抗値変化をAD変換してLCDにバーグラフで表示してみました。  初代PSoCでは試作赤外線送信機を作って実際にインドアプレーンを飛行させましたが、PSoC1とPSoC3の違いがまだよくわかりません。  PSoC3ワークショップLevel1を受講した時に無 . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




   秋葉原で開催されるということで、衝動的に申し込んだワークショップに出かけてきました。  UDXビルの8階が会場です。その昔秋葉原中央青果市場があった場所ですね。当時の面影は全くありません。  少し早目に出かけたので、久しぶりに電気街を歩きましたが人はまばら。秋月電子もまだ開店前でした。    8階会場入り口です。なんとも温かみのない感じですね。セミナー会場は突き当りの部屋。 . . . 本文を読む

コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )




 PSoCセミナーを初めて受講したのが2008年10月。そして翌11月にはCyFiワークショップに参加。また2009年3月には2.4GHz CyFi RFワークショップ!にも参加しました。  いまはPSoCからすっかり離れてしまっていますが、PSoC 3/5 ワークショップLevel 1の開催をmattyさんのTwitter書き込みで知り、早速申し込みました。  ワークショップで必要なアプ . . . 本文を読む

コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )




 たとえばWirelessUSBなどのテストでは電源電圧が3.3Vのため、液晶モジュールも3.3Vで表示できたら便利です。そこで2.7Vから動作するという低電圧I2C液晶モジュールを使ってみました。低電圧I2C液晶モジュールのコントラストはソフトウェアで設定します。  こちらのサイトにあるコントラスト調整用関数を利用して値を最大の15(0x0F)に設定してみたところ、3.3Vの電源電圧では表示し . . . 本文を読む

コメント ( 3 ) | Trackback ( 0 )




 前回のレシプロカル方式回転計は28ピンのPSoCと通常の液晶モジュールを使って作りましたが、今回はストロベリーリナックスからI2C液晶モジュールを調達したので、I2Cを使ったレシプロカル方式回転計を作ってみました。  I2C液晶モジュールは2本のバスで制御できるので、ピン数の少ない8ピンのPSoCに最適です。またI2C液晶モジュールは2.7V-3.6Vで動作するので、リチウムポリマ電池1セ . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 UART(Universal Asynchronous Receiver Transmitter)(ユーアート)をしらべてみると、「パソコンのシリアルポートなどに使われる通信回路で、コンピュータから送られてくるパラレル信号をシリアル信号に変換したり、周辺機器から送られてきたシリアル信号をパラレル信号に変換したりする」とあります。  インドアプレーン関連でUARTを使う機会があるのかどうかわかり . . . 本文を読む

コメント ( 5 ) | Trackback ( 0 )




 PSoCマイコンボードを組み立てたものの、ユニバーサルボードのスペースにテストのためのパーツをはんだ付けするのはとても使い勝手が悪いので、ブレッドボードを取り付けるように改造しました。  やはりブレッドボードは使ってみるととても便利です。改造する前にUSB・シリアル変換アダプタとボードについているRS-232Cコネクタが差し込めるように、片方のねじを取り外しました。  そのままでもRS- . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 プロペラ回転計は市販されているのですが、そのほとんどが屋外仕様です。インドア・プレーン用では主に屋内の人工照明下で使う機会が多いため、その明るさからプロペラの回転による明暗差をセンサーが検知できない場合があります。  またインドア・プレーン用とした場合、比較的プロペラの回転が遅いので毎分の回転数だけでなく毎秒の回転数も表示できると便利です。  プロペラ・ブレードは通常2枚なので、プロペラが1 . . . 本文を読む

コメント ( 5 ) | Trackback ( 0 )




 PSoCマイコンボード・キットを組み立てました。30分ほどあれば全てのはんだ付けができます。  今回はキット付属のLCDではなく、バックライトLED付きのLCDパネルが手元にあったのでセットしてみました。  さっそく動作確認のためにLCD表示サンプルプログラムを作ってHEXファイルを書き込んでみたところ、何度やってもうまく書き込めません。デバイスを交換してみてもだめです。PSoCマイコン・ト . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 PSoCデバイスを探していたら、ストロベリー・リナックスというところでPSoCマイコンボード(液晶付き)というキットを見つけたので一緒に注文しました。  RS232インターフェースのテストがしたかったのでよかった。組み立てるのが楽しみです。他にも面白そうなものがあったので一緒に注文しました。  28ピンのCY8C27443-24PXIが付属していて、全てのピンがユニバーサルボードまで配線 . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« 前ページ