여기저기 한국 ヨギチョギ韓国

韓国のこと いろいろ あれこれ いまむかし

1970年代から現在の韓国なんでも情報いろいろ目と足で集めました。

小中華思想とは、「中国を父、韓国を兄、日本を弟」とする見方を意味します

2016-09-13 17:47:37 | 韓国旅行

小中華思想とは、「中国を父、韓国を兄、日本を弟」とする見方を意味します。

儒教では、子は親に、弟は兄には逆らえません。

特に長男の場合は、父の全ての権力を譲り受ける権利を持っていました。

 

日本は、(中国の諸侯国として中国に仕えた)韓国より正統性で負けている。

だから韓国の方がもっと上であり、大きな権利を持っている。そういうことです。

くだらない話ですが、これが朝鮮半島の人たちの日本を見下す、昔の「根拠」の一つでした。

そして、その「正統性≒<力>」が途切れず、ずっと繋がってきたこと。それは韓国人にとって憧れそのものです。国も個人も、同じです。

 

 

韓国に行ったことのある方なら、食堂などが並んでいる通りで、「元祖」という看板をご覧になったはずです。あるメニュー(料理)において、うちの店が元祖です!という意味です。一時はこの元祖表記が溢れすぎて、「元祖でない方を探すのが難しい」とまで言われました。店同士の告訴合戦も少なくなかったようです。

元祖と言うのは「一番最初に始めた」という意味で、ニュアンス的に「オリジン」または「始祖」のことです。

 

何かの料理屋やメニューがヒットしたという噂が流れると、どいつもこいつも同じものを作って売り出します。

そして、看板に「元祖」と書きます。とりあえず「私たちのほうが先に始めた」ゴリ押しすることによって、その料理の正統性を確保したいからです。庶民たちの話だけではありません。大企業の商品でも同じことがあったりします。

 

外国、特に日本の文化に対して「起源」を主張することで有名な韓国の態度と似ています。ここでいう「起源」「元祖」は、限りなく同じ意味になります。


もちろん、これはデタラメです。正統性を主張しながらも、根拠が弱いからです。

コメント    この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 労働を忌み嫌い見下す李氏朝... | トップ | 韓国人男性に、コピノは二度... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

韓国旅行」カテゴリの最新記事