映画さんぽ シスタマゴの徒然日記

映画大好きな姉妹が、最近観た映画のレビューや日々の出来事を気の向くままに綴っています♪

思い出の二本立て

2017年11月30日 | 映画
以前『懐かしき二本立て』という記事を書いたのですが、それらの他にも思い出深い二本立てがあります。

ロバート・デ・ニーロが好きすぎて他県まで観に行った『真実の瞬間(とき)』と併映の『ジャーニー・オブ・ホープ』

  

ビルの4階部分が映画館になっているという、昔ながらの小さな劇場での上映。
当時は、1本分の料金で2本が観られるというのが当たり前というお得さ。『真実の瞬間』目当てでも、その前に上映していた『ジャーニー・オブ・ホープ』も当然観ることにしました。

しかし今は考えられないありえないシステムの併映だったのです。

それは…休憩がない!!

もちろん劇場側からの“『ジャーニー・オブ・ホープ』と『真実の瞬間』の間には休憩がありません”という注意書きはありました。

だけど実際、2本合わせて約3時間半という超大作並みの時間を、休憩なしでやり過ごす心構えができているわけではなく、1本目が終わった後むしょーにトイレに行きたくなってしまいました。
しかも座席の座り心地が非常に悪く、お尻が痛くてしょうがなかったのでした

なので、普段はエンドロールが終わるまで決して席を立たない私でも、この時ばかりは画面が暗くなった途端にトイレに駆け込ませていただきました
(しかし、私の他にトイレに行った客はおらず。みんな凄い)

結果、ギリギリ『真実の瞬間』が始まったまさにその瞬間に間に合った次第です
何そのしょーもないダジャレ

しかし、座り心地が悪いのは変わりないので、その後の2時間足らずをお尻の痛さと闘ったわけなのでした

映画は良かったです
映画の内容云々以外に、とても印象深い二本立てでした。

今もあの映画館はあるのでしょうか?たぶんあると思うけど、座席は入れ替えたのかな~?気になります

コメント

お金を落とした

2017年11月29日 | 日記
会社の食堂で食券を買おうとして、お金を落としてしまいました。

しかも銀色の硬貨2枚…200円

券売機の下を覗くと、硬貨が見えました。
手は届かないし、恥も外聞も捨てて、長いスチールの物差しで取り出したところ…

あれ、数が多い…?

出てきたのはなんと350円

恥を捨てた結果、150円の利息が

というか、これって落としたのに拾わなかった人がいるってことだよね
100円玉を落として拾わないって…どうして?金持ち?

私なら、いくらまでなら諦めるか…
1円…まあ、仕方ないか~
5円…もったいないけど、諦めるか~
10円…絶対に拾わなければ!!

というわけで、10円からスチールの物差しを使うことになりそうです。

だって、お金は大事だよ
コメント

早く週末にな~れ

2017年11月28日 | グルメ
今日の晩ごはんではありません

先日出掛けた時に食べた、小さなうどんと親子丼のセットです。



うどんならお寿司との組み合わせが一番好きなのですが、うどんと丼の組み合わせも気に入ってます

ちょっと寒いこの季節、和風でおいしく食べて気持ちもほっこりできるのがいいですね


最近、仕事でいろいろとバタバタすることが多く落ち着かないので、またこいうのを食べてホッとしたいです~。

まだ週のはじめですが、すでに週末のことを考えている私です。(ランチでおいしいもの食べるぞ~!と

結局食べることなのね。

コメント

2本まとめてレビュー

2017年11月27日 | 映画
パターソン

< あらすじ >
ニュージャージー州パターソンでバスの運転手をしているパターソン(アダム・ドライヴァー)は、朝、妻のローラ(ゴルシフテ・ファラハニ)にキスをすることから始まる、変化のない毎日を過ごしている。
そんな日々の中でパターソンは、周囲の会話やマッチ箱といった何げない物事に着想を得た詩をノートに書き留めていた。



なんてことのない日常の1週間を描いた作品で、たいしたことは何も起こらないけど、その分、何気ない出来事ひとつひとつがとても大切なものに思えます。
この夫婦の関係が素敵だし、時間が穏やかに流れる感覚にも癒されました

最近とみにいろんな作品で見るアダム・ドライバー。
今回は物静かでまじめな一般人を演じていますが、これが妙にじわじわきます。
こんな役も自然とピッタリはまってしまうのはさすがです。

あと忘れちゃならないのが、このわんこ。



いろいろかわいかったですが、郵便受けのエピソードにクスッとさせられました


ELLE

< あらすじ >
ゲーム会社の社長を務めるミシェル(イザベル・ユペール)はある日、自宅で覆面の男性に暴行されてしまう。
ところがミシェルは警察に通報もせず、訪ねてきた息子ヴァンサン(ジョナ・ブロケ)に平然と応対する。
翌日、いつも通りに出社したミシェルは、共同経営者で親友のアンナ(アンヌ・コンシニ)と新しいゲームのプレビューに出席する。

女のしたたかさというか逞しさというか…いえ、すでにそれをとうに乗り越えたレベルで心の感覚が歪んでいるんじゃないのかと思うほどのミシェル役
誰もやりたがらなかったこの役をイザベル・ユペールが自ら名乗り出て怪演しています。
いつも問題作と呼ばれるような作品を撮るポール・バーホーベン監督ですが、今回もその例に漏れず彼らしいパワーを発揮していますね

暴行犯を突き止めようとするミシェル、それは誰なのか?ということももちろん気になるストーリーですが、それがわかった後の方がさらに衝撃的な展開だと思いました。
なんか狂ってる…
でも狂っているのはミシェルだけじゃなく、周りの人たちだってかなりのもの。(詳しくは言えないけれど
観終わって何ともいえない気分になるけれど(すっきりしたような、疲れたような)衝撃の作品ではありました。
まぁ、それでこそバーホーベン監督作なのでしょうね

コメント

夢のような企画

2017年11月26日 | 映画
すごくいい企画です。行きたいです



クリスマスに『ラブ・アクチュアリー』スクリーン上映、しかも“オーケストラの生演奏”って、なんて素晴らしいんでしょう、ホントに

近かったら行くことも考えられるけど、なにしろ遠いのでまず無理、そして平日だし

行ける方が羨ましいです~。

こちら(←クリック!)にも情報載ってます



あ、そういえば、こういうシネマコンサートもあるそうです



いや~~おどろおどろしいというか強烈というか~

(しかし“SUKE-KIYO”オーケストラというネーミングはおもしろい

コメント

仕事のあと

2017年11月25日 | グルメ
半日出勤が終わって、ランチを食べに出掛けました

今日の日替わりランチは味噌チキンカツがメイン

わぁいわぁい



今日は半日出勤といえども、集中力がいる仕事だったので結構疲れました。

そしてお腹も空きました

…というところでの、このランチだったので大満足です

ここの味噌チキンカツはすごくおいしいので嬉しかったなぁ(もちろん、他のものもすべておいしいですよ

食後のコーヒーも文句なしのおいしさで幸せなランチタイムを過ごすことができました。

あ~幸せ

コメント

毛玉が出てきたので…

2017年11月24日 | 日記
ずっと着てきたお気に入りのキルティングパジャマがあったのですが、ふと見れば毛玉の嵐

こりゃいかんと思って、それは処分し新しいものを買いました



ふだん人に見られるものでもないし、ちょっとかわいめの柄のものを購入

明るめの色の水玉、そして衿の形がおしゃれなのが気に入っています。

真冬には少し薄めの生地かもしれませんが、着心地もいいし、いいものを買ったなぁ~と満足な私です

コメント

放射冷却

2017年11月23日 | 日記
冬に入ったといっても、まだ氷点下になってるわけではないのですが、たまに晴れた日の朝は放射冷却で車のフロントガラスがガチガチに凍ったりしてしまいます

家を出る前に気付ければ、温かいお湯をペットボトルに入れて持って行けるのですが(注※熱湯厳禁)、ぼ~っとしてると車の前まで来て初めて大変だとなってしまうのです。
時間のない日に限ってそんなことがあったりするから困ります
いや、余裕もって家出ればいいでしょ

そんなときに便利なのが解氷スプレー
ホームセンターなどで安いもので300円程度で売っていますが、これを吹き付ければ一瞬にしてガチガチの氷が融けます。

いや~、便利なもがあるもんだと思ってたら、どうやら自作できるようなんですね。

エタノールと水をスプレーボトルに入れればOK
ということなんですが、エタノールが意外に高い
他の用途に使えば良いのだけど、うちでは使わないし…

他にもウォッシャー液で解氷できる商品があるとか。
これなら、車の中にいて簡単にレバー操作できるから楽ちん

と思われるでしょうが、フロントガラスがガチガチに凍ってる時は、ウォッシャー液を噴射させる穴も凍っていることが多いのです。レバーを操作したところでウンともスンとも
ダメじゃん

結局、うちではフツーに市販の解氷スプレーを買ってくるのが一番安上がりかな

あ~、冬って面倒
結局いつも結論はそこなのね

コメント

こんなラーメン♪

2017年11月22日 | グルメ
最近お気に入りのラーメン屋さんで、はじめて注文してみたラーメンです




白菜たっぷり、しいたけも入ってて…というのは知っていたのですが、予想外にトマトが入っていたのには、ちょっとビックリ

いつも入っているのか、それともこの時期だけのサービスなのか…?

それはわからないのですが、トマトの酸味がまたちょうどいい感じでこれがおいしかったのです

このお店ではいろんなラーメンがあるけれど、これはまたリピートして食べてみたいと思った一品でした

次回もトマトは入るのかな…?
コメント

冷凍保存の失敗

2017年11月21日 | グルメ
うちでは、炊飯器で御飯を多めに炊いた後は、保存容器に小分けして冷凍庫に入れます

炊き込み御飯なども冷凍できるので重宝していたのですが、今回作ったキノコ御飯には落とし穴が…

冷凍御飯をチンして食べたところ、何か変な食感が…

こんにゃくが入ってた~

そう、こんにゃくは冷凍保存にはまったく向かない食品なのです。
ぐにゃぐにゃした変な食感になって、せっかくの炊き込み御飯が台無しに…

混ぜ御飯を冷凍するときは、各食材に気を配りましょうね
コメント

オーブントースター

2017年11月19日 | 日記
実家から持ってきたオーブントースターをずっと使っていましたが、底板(パン屑受け)がはずれてしまったので、買い替えることにしました。

※閲覧注意




汚ねえ~!!

実物より、写真で見るとなおさら汚く見える
これももう20年以上使ってるからなぁ…

で、新しく買ったのがこちら。



きれい~

以前のものは内部が狭くて、グラタン皿も1枚ずつしか置けなかったのですが、新しいものは2枚並べられる広さ



山型食パンも2枚並べられるし、使い勝手が良さそうです。

ちなみに、以前のものがこれだけ汚れていたのは実家で使っていた時からなので、私たちが特に汚したわけではないことを記しておきます。念のため
コメント

ぐるぐるもんじゃ

2017年11月18日 | グルメ
11/2の日記で書いた駄菓子の『ぐるぐるもんじゃ』(ソース味)を作ってみました



あらかじめ、麺と粉を混ぜておき…




お湯を注いで、かきまぜます。



最後にあられをかけたら出来上がり

ベビースターラーメンのもんじゃ版といった感じですが、味はかなり濃いめ

なので、後でかなりお湯をつぎ足しました

おやつ感覚で、小腹がすいた時にちょうどいいです

何よりお手軽価格なのが嬉しいですね

コメント

タイヤ交換

2017年11月17日 | 日記
天気予報で“大雪の恐れ”なんて言葉を聞いたので、いやまだそこまで降らないだろうと思いつつも、早めにタイヤ交換しておこうと思いました。

雨の日は車もタイヤも濡れていて、軍手がびしょびしょになるので、近頃は数少ない晴れの日の今日、会社が終わってからやりました。

タイヤを替えることで、何が一番大変かというと、ホイールカバーの着脱でしょうか
え、そこなの?

私たちが車を買った当初から、普通タイヤにはホイールカバーが付いているのですが、これが非常にはずしにくい
結局はマイナスドライバーをホイールとカバーの間に差し込んで、ぐりぐりして力まかせに剥がすのですが、果たしてみんなこれをやってんの?と、一応ネットで調べました。

結果、まあたいていみんなマイナスドライバーなどで力まかせに取り外してるんですね
(それしかないんかい)

もう少し簡単に取り付けできるホイールカバーがいいなぁ。
(冬タイヤはカバーを取りつけなくて良いので楽です
コメント

ドリーム

2017年11月16日 | 映画
<あらすじ>Yahoo!映画より
1960年代の初め、ソ連との宇宙開発競争で遅れを取っていたアメリカは、国家の威信をかけて有人宇宙飛行計画に乗り出す。NASAのキャサリン・G・ジョンソン(タラジ・P・ヘンソン)、ドロシー・ヴォーン(オクタヴィア・スペンサー)、メアリー・ジャクソン(ジャネール・モネイ)は、差別や偏見と闘いながら、宇宙飛行士ジョン・グレンの地球周回軌道飛行を成功させるため奔走する。



まずタイトルの『ドリーム』
この映画の本質をまったく表してないというか、漠然としすぎています(もちろん、元々はこれにサブタイトル“私たちのアポロ計画”がついてて、これは“マーキュリー計画”の話だと批判があって削除されたのは知っていますが)
原題の『HIDDEN FIGURES』に込められた数々の意味を考えると、もう少しうまい邦題をつけられなかったのかと思いましたね。

この時代は人種差別が横行していて、その差別がいかに社会の発展を妨害しているかというのを、非常にわかりやすく描いています。
仕事中にキャサリンがトイレに行こうとする場面。
何度も出てくるのですが、近くには白人用トイレしかなく、外に出て800mも離れた黒人用トイレにわざわざ行かなくてはいけない場面。ただ用を足すのに往復40分、本当にバカバカしく思えます。
それでも、同僚や上司はそのことに気付かず、「いつ見ても君が席にいない。どこに行ってるんだ」と。
キャサリンが現状を訴えるシーンが非常に印象的です。

つまり、人種差別が社会に浸透しすぎていて、白人はそれに気づかないという事態。
終盤、キルスティン・ダンスト演じる女性上司が、「偏見はないのよ」という場面。
オクタヴィア・スペンサー演じるドロシーが「わかってます、そう思いこんでいるのは」という言葉に、いかに白人が無意識に差別をしているか目を覚まさせる描写が良いです。



この映画は、NASAでそれぞれ何かを成し遂げた黒人女性3人の物語でありながら、それに関わる周囲の人々の変化を楽しむ作品でもあります。

それからもう一つ。冒頭に、キャサリンが先生からチョークを手渡されるシーンがあるのですが、後半でそれに対比されるシーンが出てくるところが上手いと思いました
コメント

思ってたんとちがうやつ

2017年11月15日 | グルメ
職場の食堂のランチ、今日は『オムライス』でした。(←先日から時々食堂メニューを利用するようになりました

これはちょっと楽しみ~とワクワクしながら初めて注文してみたのですが、出てきたものは想像とかなり違ってました

挽き肉が少し入ったケチャップごはんに、丸く焼いた薄焼きたまごを乗せ、ケチャップをかけたもの。

え~っこれはショボい…

なんというか、せめてケチャップごはんには玉ねぎが入っていてほしかったなぁ

挽き肉だけって寂しすぎますよね(っちゅ~か、野菜がほしい!)

量はまぁまぁあったけど、内容が薄すぎてかなり残念なメニューでした

まぁ今度また他の方に評判のいいメニューに挑戦(?)してみようっと
コメント