映画さんぽ シスタマゴの徒然日記

映画大好きな姉妹が、最近観た映画のレビューや日々の出来事を気の向くままに綴っています♪

めでたい

2016年12月31日 | 日記
NHK Eテレの『デザインあ』の中で『めでたい』という歌があります。
以前は水引がテーマでしたが、お正月が近づいてお節がテーマの時がありました。



ラップ調の歌にのせて、お節のめでたさを歌っていくのですが、これがなかなか勉強になります。


海、山、里の幸の素材を使うのが習わしらしい。









三段重のそれぞれに何を詰めるのかとかまで決まってるとは知りませんでした











水引の時もそうだったのですが、日本人はめでたいものには、鶴と亀、松竹梅を表すデザインのものを使うらしいですね。まさかお節のこの切り方がそれを表してるとは知りませんでした。









お節の食材のいろいろな並べ方。こんな感じで名前が付いてるんですね。



子供番組だと侮れない、なかなか勉強になるコーナーがたくさんです。
コメント

シスタマゴの2016年ベスト映画ランキング

2016年12月30日 | 映画
毎年恒例シスタマゴのベスト映画2016の発表です。

集計の方法は例年通り、むーちゃんとビーちゃんそれぞれのベスト10を決めて、1位から10点、2位9点…と点数をつけた合計によって二人のベスト順位を決めました。

1位 シン・ゴジラ


二人ともそれぞれ1位なので、当然の結果でした。
まだ上映してるところがあるので、また観に行こうかと思っています

2位アイアムアヒーロー

これまた二人ともそれぞれ2位でした。
今思い返しても楽しい!

3位ヒメアノ~ル

前半と後半の画面の温度差が凄い!後半が始まる時の緊張感がたまりませんでしたね。

4位怒り

予想以上に面白かった本作。役者それぞれの演技が良かった。

5位キャロル

むーちゃんの評価によりランクインしました。しつこいけど、ケイト・ブランシェットが『ブルー・ジャスミン』と同じ人だと思えない(笑)

6位ハドソン川の奇跡

ビーちゃんの評価によりランクイン。同じトム・ハンクス主演の『ブリッジ・オブ・スパイ』もよかったです。

7位ヘイトフル・エイト

安定(?)のタランティーノ作品。なんなんだこの映画は

同率7位君の名は

あれから、興行成績が物凄いことになってしまいました。正直、ヒットしすぎて逆に心配になります。
次回作のハードルが…

9位は3作品あります。

9位日本で一番悪い奴ら

白石和彌監督の次回作も期待してしまいます。

9位この世界の片隅に

こちらでは、まだまだ立ち見が続いているようです。
こうの史代さんの原作もお薦め。

9位淵に立つ

ビーちゃんと、むーちゃん、それぞれこの作品を入れるのは自分だけだろうと思ってたら、二人とも入れていたという…
不在の浅野忠信さんの存在感。

次点イレブン・ミニッツ

計算されつくしたカメラワークと、なんといってもラストの映像に現れた衝撃が印象的でした。

今年なんと、次点を含めた12本中8本が邦画という、例年にない結果になりました(ちなみに昨年は1本も入っていない
邦画が豊作の年でも、ベストに3本入ればいい方なのに…今年は邦画だけでベスト10ができるというほどの大豊作だったということでしょう。

今年も残るところ後1日ですね
コメント

仕事納めの後で…

2016年12月29日 | グルメ
むーちゃんも今日で仕事納め。

みんなは掃除でしたが、むーちゃんは棚卸しのため最後の最後までバリ仕事でした

一人居残りになったらどうしよう~という不安を抱えつつ、最後は時間との戦いでしたが何とか定時5分前に終わりほっとひと安心

みんなと同じ時間に帰れてほんと良かったです


さて、これでやっとお休みモードになったので、二人揃って飲みに行ってきました~(←あらかじめ予約は入れてありました



日本酒を注文したら、こんな素敵な形の徳利で出てきました







待ってました~お料理いろいろ





むーちゃんがおかわり。黒糖梅酒





デザート。皿が大きいので寂しく見えますが、おいしかったです


実はこれだけ食べて飲んでも一人3000円いかなかったのです

元々コース料理が安かったのですが、お会計の時は“間違いでは?”と焦ったくらい。

おいしかったしお腹いっぱいになったしで、これならまた行きたいと思いました

コメント

菅官房長官

2016年12月28日 | テレビ
テレビを見てて、ふと思いました…。

縦書きでよく見かけるコレ

       
     官
     房
     長
     官



こういう風に書かれていても一見わからないような気がしました

      
     菅
     房
     長
     菅


ははは

コメント

年の瀬

2016年12月27日 | 日記
もう“年の瀬”と言ってもいい時期になりましたね。

年賀状も出したし(←ビーちゃんのみ)とりあえずひと息ついたところです。

クリスマス仕様のテンプレートも替えました。
今年も残りわずかですね
コメント

ドント・ブリーズ

2016年12月26日 | 映画
<あらすじ>

街を出るための資金が必要なロッキーは、恋人マニー、友人アレックスと共に、大金を持っているといううわさの目の見えない老人の家に忍び込む。
だが、老人(スティーヴン・ラング)は、驚異的な聴覚を武器に彼らを追い詰める。
明かりを消され屋敷に閉じ込められた若者たちは、息を殺して脱出を図るが…。



チラシには“音を立てるな。息を殺せ。”とありますが、映画の中の緊張感そのままに客席も始終シーン……と静まり返っていたのが印象的でした

誰も物音ひとつ立てず…ものっすごい静かで、映画館といえどもこんな静寂も珍しかったです

さて、映画ですが、こちらの作品は強盗する側からの立場が主となり、される側が盲目の老人ということで、映画を観る前は自ら強盗に入ってエライ目に遭うというのは自業自得なんじゃないかと思っていました。

しかし、これがただの弱い老人ではなく最強じいさん(←退役軍人)というのがミソで、しかも最強だけならまだしも、驚くことにじいさんの悲しいエピソードを聞いた上でも全く共感できない人物だったというところがこの映画のポイントだと思いました。

それがあらわになるシーンの胸くその悪いことといったら…観た方ならわかりますよね。

とてもじゃないけど『かわいそうなじいさん』…なんて言ってられません

(そういや飼い犬もじいさん並みに恐ろしかった…そして、しつこかったねぇ

ところどころで、ほんのちょっとひと息つける?かな?…と思う矢先に新たな恐怖が舞いこんできて、二転三転する展開には目を離せませんでした。

シンプルな話だけど、これだけ集中させて見せてくれるのは監督の手腕なのでしょうね。

そうそう!詳しくは言えませんが、終盤に小さなアレが出てくるとは思いませんでした

小さなソレの使う演出はすごく良かったと思います。

アレやらソレやら代名詞ばかりやん

まぁ、それは観てのお楽しみで…



ちなみにこの映画はクリスマスイブに観ました。

12月24日の日記で書いた、午後の楽しいスケジュールはこれでした

ただ、この映画は地元ではやっていなくて(たくさんのシネコンがありながら!)お隣りの県まで観にいくハメに。

でも幸いなことに映画鑑賞割引券があったのと、ポイントカードも持っていたことで結構お得に観られたのが良かったです

ついでにこのショッピングモールでおいしいラーメン屋さんを見つけたのも大きな収穫でした。

チェーン店だけどすごくおいしい

近くにあったら通うのに…距離的に遠いのが残念です

そこまで泣かんでも。

コメント

この世界の片隅に

2016年12月25日 | 映画
11月8日の日記で触れていましたが、こちらでは12月半ばに入ってやっと公開されました。

このアニメがヒットするとは思ってなかったらしく、県内にたくさんあるシネコンではまったく公開がなく、県内唯一のミニシアターのみの公開となってました。

しかし公開が決まってから、世間ではみるみる間に大ヒットとなり、座席数が100席ちょっとしかないミニシアターでは、公開初日から立ち見ありの大盛況となったようです。
私たちは、公開2日目に行く予定だったのですが、あらかじめその情報を得ていたので、開館と同時に配布される整理券をGETするべく、映画館の入ってるビルに向かいました。
映画館はビルの4階にあるのですが、開店前からエレベーター前には夥(おびただ)しい数の人がいました。
エレベーターに乗るのは後の方が、4階に着いて開いた時に真っ先に出られると計算までして、無事整理券番号1ケタをGETお目当ての座席に座ることができました

しかし、話題作などで上映前に列ができることはたまにあっても、整理券まで配ることはあまりなく、立ち見まで出ることなど皆無だったこの映画館では前代未聞の観客数であったと言わざるを得ません

公開第2週目にもその映画館に行きましたが(観たのは他の映画)、またもや前週を凌ぐ長蛇の列ができていて、(先週観といてよかった~)と思った次第です。あまりの大盛況にTVカメラも来ていました。

まさにミニシアター独り勝ちという感じで、一時は劇場の存続が危ぶまれていたことを思うと嬉しいことです

内容としては、こうの史代さん原作をほぼ忠実に描いていて、なおかつ映画でしかできない表現などもあり、非常に良い出来でよかったです。

周作さんとリンさんのエピソードがまるまるカットされてはいたものの、ファンタジーなエピソードともいえる場面もそのままに描いてくれていて、感激です。
ただ、字で表さないとわかりにくい方言や、言い回しなど、たぶんわからなかった人もあると思うので、そんな方には字幕上映を観てもらえればわかりやすいと思いました。
ex.“鬼いちゃん”や“新(にい)なの”とか

映画としてはほぼ完璧だと思いますが、原作のすべてのエピソードが入ってるわけではないので、できれば原作マンガを読むのがお薦めです。

そういえば、整理券を待つ人の中に「原爆の話でしょ~。なんか怖いわ」という声がありましたが、舞台は呉市なので空襲はあるけれど、原爆がテーマではありません。(もちろん、原爆がらみの話は出てきますが)
こうのさんの数々のマンガを読んでもらうとわかるのですが、マジメな物語かと思えばラストで笑えるオチがついてたりすることが多々あるので、これも単に悲しい話に終始するわけではありません。むしろ笑える場面が多々あります。
これを機に、こうの史代さんのマンガがもっと注目されて、本屋で頻繁に見かけるようになればいいのになぁと思うのでした。

来年に入って、また観にいく機会があれば、今度は字幕上映で観たいかな。
コメント

クリスマスイブ~

2016年12月24日 | グルメ
クリスマスイブでしたが、午前中はいつものように仕事でした(←むーちゃんのみ。)

しかし午後は楽しいスケジュールで埋まっていたので、仕事さえ終わればこっちのもんって感じで良かったです

まあ結構ハードではありましたが…

このことについては後の日記で少し書くかもしれません


で、夜はうちでクリスマスイブらしく、ちょっと素敵なディナーをいただきましたよ

でも手の込んだものはなく、レンジでチン!とか、そのまま出すものばかり




チキンはフライドチキンではなく、ファミマのからあげ

サラダはレタスのみ、ワイングラスなんてないので普通のコップ

まぁいろいろツッコミどころがあるディナーですが、おいしくいただければ言うことなしですよね


あとはやっぱりケーキ



おいしいコーヒーとともに…あ~贅沢


それから…せっかくなのでクリスマス映画を観ようってことで、こんな時にピッタリなコレを

ラブ・アクチュアリー



今までに何回も観てるけど、やっぱりこれは特別な作品。

あったかい気持ちになれますよね

コメント

こんな日に限って出勤日

2016年12月23日 | 日記
祝日の今日、NHK-FMで『今日は一日“サヨナラ!つま恋ソング”三昧』をやってました。

学生の頃、毎日のように『コッキーポップ』をラジオで聴いていた私にとって、まさにドンピシャの企画

なのに…今日は出勤日だったのです

それでも、会社が終わってから聴ければいいと思っていたのに、今回に限って19:00には終了という非情な仕打ち
(普通は22:00とか23:00までやってることが多い)

おまけに祝日というのに残業があり、結局仕事終わりのカーラジオで聴けたのはラスト1曲のみ

それが中島みゆきさん(&吉田拓郎さん)の曲だったので救われた気がしましたが、後でプレイリストを見たら聴きたかった曲がいっぱい…

うちにレコードなどの音源があるものを省いても、八神純子さんの『幸せの時』、辛島美登里さんの『雨の日』などは他に聴くすべがないので絶対に聴きたかった

しかし、つま恋出身のチャゲ&飛鳥の曲が一曲も流れなかったのは、時節柄仕方ないといえもったいないと思いました個人的には(『モーニングムーン』が好き)

つま恋は今月25日に営業を終了します。
一度も行ったことがないけれど、なくなるのは淋しいですね

コメント

まだ決められない

2016年12月22日 | 映画
『この世界の片隅に』を観たので(レビューは後日)そろそろ今年の映画ランキングを決めてもいいかも?と思ったけれど、最近巷で評判になっている『ドント・ブリーズ』を観てから決めろという声があり、まだ決められません。

ところが、こちらでは上映予定がなし

しかしお隣の県のシネコンで上映されてると知ったので、県境を超えるけど観に行くか~と思っています。
距離的にもめちゃくちゃ遠いわけではないし。

ただ、すごく怖いという噂なので、今からドキドキです
コメント

豪華になってた…

2016年12月21日 | 日記
今年の大河ドラマの『真田丸』は全話録画したもんね~DVDにも入れたもんね~

だからDVD(ブルーレイ)は買わなくていいもんね~

こんな宣伝を見ても羨ましくなんかないもんね~



あれ?でも詳細を読むと…

なになに?

特典DISC付き? メイキングとかPRスポット(番宣)とか公式HPムービーなどなど?

真田丸フォトカレンダーやブックレット付き?

えぇ?

え~っ!

なんかすごく盛りだくさんなんですけど

『新選組!』の時に完全版DVDを買ったけど、あの頃よりずいぶんと豪華な特典が付くようになったんですね。

しかも『真田丸』の第1集~第4集の価格を合わせても(←税込みでも)『新選組!』の時より安い

大河ドラマのDVDもいつの間にやら進化していたのですね…


今さらだけど、それなら『新選組!』の時も、隊士ごとの池田屋直前PRを入れてほしかったわ~なんて思ってしまったよ

(まぁビデオに少し録って残してあるけど


かと言って、今回も特典に負けて『真田丸』のDVDを買おうなんて思ってはいませんよ。

なにより大切なのは本編

あくまでも本編なのですから

たとえ、ちょっと選挙結果の速報が入っていようとも…地震情報が映っていようとも…何と言ってもこっちはタダなんですから


ちょっと負け惜しみ感が…

そんなことないもん!

泣いとるやんけ

コメント

これ、毎年の楽しみになってるなぁ

2016年12月20日 | 日記
今年も利用したので、今年も届きました

クリスマスカード



えっ?どこからかって?




歯医者さんからです

クリスマスカードだけど、年末年始の診療のお知らせも

ここでは見えないけど、雪だるまのシールなんかも貼ってあってなかなかかわいいのです。


そして…



切手までも凝ってます

あったかい暖炉のイラストの切手。

いいねぇ…

やっぱり歯医者はここに限るなんて思う、単純なむーちゃんなのでした

でも腕も確かなのよ~。

コメント

ニコニコ♪

2016年12月19日 | グルメ
先日サイゼリアで注文したスープが…



笑ってました


…って実際は、あと2滴クリームが入っていたのですが(ちょんちょん、と。)それを取るとこんな笑顔になりました。

あら、ちょっと手を加えていたのね。

ちょっとだけね…

コメント

『真田丸』最終回

2016年12月18日 | テレビ
あ~あ、とうとう『真田丸』が終わってしまった

1年間あったはずなのに、あっという間に終わってしまったという印象です
第5回目の“愉快な伊賀越えの巻”がついこの間という感じなのに…
そんなサブタイトルじゃないわ

で、『新選組!』を録画してなくて完全版DVDボックスを購入してしまった身として、同じ過ちを犯さないように、今回の『真田丸』は第1回目からこまめにBDにダビングしておりました。
(ま、当時録画してたとしてもVHSだったから、結局ボックスを買う羽目になってたかも)

これで第1回目からまたリピート視聴できるというものです

今日のエンディングで今までの出演者の名前が出てきましたが、誰がどんな役だったのかをすべて思い出せる!
そういうところが、三谷ドラマの凄さだと思うのです。

真田丸ロスを引きずりながらも、来年は否応なく新しいドラマが始まるわけですが、願わくば最後まで楽しみに観られるような面白いものであることを期待しています。
コメント

かまくらカスターの代わりに…

2016年12月17日 | グルメ
『海街diary』のコミックに出てくるお菓子“かまくらカスター”が気になっていた私たち。

しかし、オンラインショップで買うほどまでではないなぁと思っていたところ…この“かまくらカスター”に似ていると言われる商品、不二家の“ペコちゃんのほっぺ”を今日買うことができました。





思っていたよりずいぶん柔らかくてふわふわ

食べると口の中でスポンジが溶ける~って感じがとてもおいしかったです

かまくらカスターとはまた違うのでしょうが、こんな感じのお菓子ということは味わえた気がします


関係ないけど、これはビーちゃんのお気に入りのスプーン。



ト音記号になっているんです

ちょっとオシャレなデザインでしょ?

コメント